燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな・・・ある日突然、オタクの友人に!?


どうもです。アニメやBL(ボーイズラブ)が大好きな26のオタク女子です。洋服とかは普通だと思いますが、コミュ障で友人と呼べるのはオタク仲間2人、短大時代以降もう7年間彼氏がいないスーパーやばい女です。。。そんな私がある出来事をきっかけに、先日街コンに参加する事になりました。

ある日突然、オタクの友人に彼氏が

先日、たった2人しかない友人の片方が彼氏を作り、我々の元から巣立っていきました。

「どうせ相手もオタク丸出しの彼氏でしょ。」

と言い聞かせていましたが、送られてきた画像にはまるでなかなかのイケメン彼氏が・・・

「あれ?少し写真写りが良いのかな?」

後日、彼氏ができたことの詳細を聞くことも含めていつものオタク3人で会うことに。某アニメ専門店の前で待ち合わせていると・・・なんと例の彼氏連れてきやがった!!!彼氏もたまたまこっちのほうに用事があったから紹介だけしようと思って・・・、とのこと。完全に自慢したいだけだろ!!!(怒)

まあでも悔しいですが、送られてきた画像の通りの彼氏でした。挨拶程度に言葉を交わしましたが、話し方とかも爽やかでなんかもう・・・。そのまま彼氏さんは自分の用事に向かうとのことで、颯爽と去っていきました。

「燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな・・・」とあしたのジョーになっていた私。いつものオタク3人になったけど、その友人は勝ち誇ったような表情。そして大切なもう1人の友人が一言「え、私もあんな彼氏ほしいんだけど!」と、悔しいですが私も完全に同意です。

しかし、どうやってあんな素敵な彼氏をゲットできたんだろう?いつものように3人でアニメグッズを見たりしながらもなかなか集中できず!買い物のあとご飯に行き、いよいよ尋問の時間がやってきました。そもそもどこで知り合ったのかと聞いたら、なんと街コン!え、街コンってあの街コンですか?あの、私達オタクには縁が無さそう街コンのことですか?てか、街コンにあんなイケメンが居るんですか?信じられない・・・。

詳しく聞いてみると、その友人は2ヶ月前に仕事の同僚の人に誘われて街コンに参加して、そのとき出会ったらしいです。で、そこで仲良くなって後日遊んだりするようになり・・・今に至るとのこと。彼氏はその子がオタクなこととかも全然気にせず、受け入れてくれてるんだとか。・・・書きながらイライラしてきたので、もう人のノロケの話は忘れましょう(笑)

3人で遊んだ帰り道、私はもう1人の友達と方向が一緒なので途中から2人になりました。そうなると当然、「私達も街コン行こう!」って話になるわけで。もうその場で震える手を抑えながら、スマホで街コンを検索してみる事にしました・・・


感化された私たち、ついに街コンへ申し込み!


調べてみるともうあるわあるわ、毎日街コンが開催されていてビックリしました。その場では調べきれず、家に帰ってから友人と電話を繋いでPCで開きながらガチ会議に。

しかし、正直行くのが怖いわ~と引いてしまいました。まず、画像に写ってる方がみんなキラキラしてる!イメージ画像とは分かってるんですけどね。。。

・恵比寿でランチ街コン
・青山でちょっと大人の同性代街コン
・大規模街コン申込み者80名突破!

などなど。オタクな私たちの日常にはまったく縁がないようなラインナップばかり。「やっぱやめようかな~私達ぜったい浮くよね~」とか話しながら弱気になっていると、エリア検索覧に「秋葉原」という見慣れた文字が。え?秋葉原でもやってるの?と不思議に思いながらもクリックすると・・・めっちゃある!ほぼ毎日やっているみたいです。

「アニメコン」、「猫カフェでにゃんコンパ」などなど、秋葉原っぽい街コンがいっぱい!こりゃあアニメコン行くしかないですよね。ただ「過去の開催風景」と書いてある画像を見ると、オタクっぽくなくてオシャレなビュッフェで、逆に不安!(笑)

でもまあ女性は安いし、アニメコンっていうからには来る人はアニメ好きなのは間違いないだろうし、これ行ってみようかな~と。最悪どうしても馴染めなかったら、2人でビュッフェだけで食べて終わったあとカラオケでも行って帰ってこよう!ということになり、さっそく2人で申込みました。

初参加!秋葉原で街コン!

なんだかんだでアニメコン当日を迎えました。まさか街コンに参加する日がやってくるとは。ちなみに前日は友人と電話で3時間くらい会議しました(笑)

まあでも街コンと言ってもアニメコンだし、オタクのオフ会と変わらないでしょ!と言い聞かせていましたが、会場に近づくと緊張で私も友人も口数が少なくなってました。仕事以外で男性と話すの何年振りだよ(笑)

会場に着き、自分たちが浮いてないかと不安に思いながらも受付へ。受付が終わって席を通されるとすでに男性が座っていました。コミュ障な私たちは目を合わせることなく軽く会釈だけして着席。頭の中は真っ白で始まるまでの記憶がありませんでした。

15分後くらいでしょうか、ようやく全員そろって乾杯となりました。男女比はほぼ1:1。自己紹介を兼ねたゲームのカードを渡されましたが、何を書いたのかも覚えていません。

このままではいかん!と思いビールを飲んで少し気持ちを落ち着かせました。目の前の男性がいろいろ話しかけてくれましたが、妙な笑顔で目を合わすことなく、お前その声どっから出してるんだよ・・・と自分で突っ込みたくなるくらいうわずった声で話してしまいまし。隣の友人を見ると、友人も伏し目がちでオドオドと聞かれたことにだけひたすら答える感じでした。あ~もうツライー早く帰りたいよーーー(涙)

それでもある程度時間が経つと、好きなアニメの話題になったので少しずつ気持ちも楽に。ようやく周り人たちの容姿も落ち着いて見れたのですが、男性も女性も見た目は割と普通で、「THEオタク」みたいな感じの人はいませんでした。当たり前ですが、話してみると皆さん中身はオタクでしたが(笑)

これオタクあるあるだと思うんですが、好きなアニメやキャラの話になると止まらなくなるという(笑)さっきまで物静かだったのに急にいっぱい喋りだすみたいな。私と友人も典型的なこのタイプなんですが、逆にだからこそアニメの話になると会話に困る事が無かったので良かったです!

30分くらい話したところで最初の席替えがあり、そこからは全部で5~6個あったテーブルを男性のほうが20分ずつくらいで移動して回っていく方式でした。なので全部で15人くらいの男性と最終的に話した気がします。あと席替え前のタイミングで毎回スタッフの方が連絡先の交換を促してくれるので、こんな私達にも一応皆さんLINE聞いてくれて、何人かと交換しました(笑)

しかし残念ながら、今回は目的である彼氏探しという意味では、ピン!と来る方に出会うことは出来ませんでした。贅沢言うなって話ですよね(笑)でも終わったあとは久しぶりに充実した気分になりました!男性と接する、というリハビリを兼ねて参加するには丁度良い街コンだったと思います。

街コンが終わったあとは居酒屋で友人と反省会。アニメオフ会的な意味では普通に楽しかったね~と。ただ、私達の目的はそれじゃない!そこじゃない!私達は素敵な彼氏が欲しいんだ!と。それに彼氏に自分と同じオタクを求めているわけじゃなく、オタクを理解してくれればいいんであって。

いろいろ相談した結果、次はアニメコンではなく普通の街コンに参加してみよう!ってことになりました。そもそもイケメン彼氏が出来た友人が行った街コンも、アニメコンとかではなく普通の街コンだったわけですし。根本的なこと忘れてました(笑)

そのままスマホで2人でまた調べ始めました。恵比寿とか青山はオシャレスポットだから浮きそうだし・・・でも上野とか浅草みたいな下町エリアはなんかクセがありそうだし・・・うーん・・・。悩んだ結果、最適なエリアを発見!それは池袋です。都会でありながらも埼玉から来ている人が多く、秋葉原や中野と同じようにアニメ好きが集まる街。そして街コンの開催数も多い!もう池袋しかないでしょ!というわけで池袋開催の街コンで2人ともスケジュールが合う日を選び、そのままスマホで申込みました。

まとめ


友人の1人にイケメン彼氏ができたことで、悔しさと勢いで街コン参加をしてみました。長らく男性とまともに接していなかったので、かなり緊張しましたがいいリハビリになりました。あとこれは悲しいお知らせなのですが、LINE交換してくれた人から全然LINE来ないです(涙) 友人は2件来たって言ってたのに私は・・・いいんですよ(涙)

これを書いている今は、まだ池袋の街コンには行ってません。次の土曜日にあるので、また追って報告させてください!次こそ何が何でもいい人見つけます!!!

※追記※池袋の街コンに行ってきたので、レポート書きました!→【実録 ~その2~】二次元大好きオタク女子が街コン参加で彼氏GET!?

関連・おすすめイベント