【連載4】27歳男・初めての婚活パーティー


先日、婚活パーティーで知り合った子と2回目のデートをして完全にその子の事が好きになってしまいました!こうなったら男らしく自分の気持ちをストレートに伝えて彼女ゲットと行きたいところです。3回目のデートでついに告白!果たして結果はどうだったのか?!今回でラストとなります。みなさん是非ご覧ください!

これまでのレポートはこちら→連載1連載2連載3

party★party

3回目のデートに誘いました

2回目のデートから約1週間・・・私は完全にSさんの事で頭がいっぱいになっていました。仕事中も好きな映画を見てる時もSさんとのデートをした時の思い出ばかり甦ってきます。Sさんに早く会いたい!デートしたい!そんな感じで全く落ち着かない日々を過ごしていました。そして「もう限界!」と思い、SさんにLINEしてデートに誘ってみました。そして次回のデートで告白する決心もついています!

この前のデートでは私の行きたいところなどを聞かれてうまく答えられなかったので、今回は私が以前から気になっていたボルダリングに誘ってみる事にしました。これなら仕事終わりでも体験できるところもたくさんあるので。

私:「お疲れさま!Sさんボルダリングした事ある?」

Sさん:「あるよ!一回だけ。わたし結構うまいって言われた笑」

私:「お~!一回やってみたいんだけど、やってる知り合いもいないし1人で行くのも・・・良かったら今度仕事終わりにどう?」

Sさん:「うん、いいよ!来週の火曜日の夜とかどうかな?わたし休みだから時間合わせられるよ?」

私:「それじゃ火曜日の夜で!仕事終わりそうな時間また連絡します!」

「ヨッシャ~ッ!」と心の中で雄叫びをあげていました(笑)しかしその日は月曜日だったので、来週の月曜までまだ一週間以上もあります。待ち遠しいです!

20代後半、30代中心のお見合いパーティー☆

そして待ちに待ったデートの日

前回会ってから2週間以上も空いてしまいました。しかし私の気持ちは冷めるどころかもう誰にも止められません!ボルダリングで良い所見せてSさんに告白して、そしてSさんと・・・!妄想が止まらないヤバい奴になっていました(笑)

その日は定時で帰る為に朝からお仕事全開モード!夕方にSさんに時間のLINEをしていよいよ待ち合わせ場所へ。18:30に最寄り駅で待ち合わせ。5分くらい待ってSさんも来ました。「Sさんは今日もキレイだな~」なんてまた自分の世界に入っておりました。

Sさん:「お待たせ!行こっか!どうしたの?」

私:「なんでもないっす(汗)行こうか!」

駅から徒歩で3分くらい、最近は街中でもいろんなところにボルダリングジムがあって気軽に楽しむことができるようになりました。更衣室で着替えていざボルダリングへ。先に着替えを済ませて待っているとSさんも来ました。後ろで髪を縛っているのを目にして、「ポニーテールも良いな~」とまた妄想状態になっていました。もはや変態です(笑)

2人とも初心者なのでジムの方から簡単に説明をしてもらい、まずは一番簡単なコースから始めました。初めてやったのですが、あれは単純に上がるだけじゃダメなんです。決められたホールド(壁に付いている石みたいなやつ)だけ掴んでゴールのホールドを目指します。やってみると結構体力がいるのと足の踏み場を間違えると全然ゴールできない(汗)イメージとのギャップがあってかなり難しいです。

Sさんはというと、2回目とは思えないぐらいうまい・・・。ジムの人からも褒められていました。全然良い所を見せられず、逆にSさんにまざまざと差を見せつけられてしまいました。一時間ほど体験してみましたが、もう手に力が入らずぷるぷる震えている状態になりました。Sさんのほうもさすがに「もうムリ!」って感じで終了しました。

Sさん:「明日の仕事ヤバいかも!テが震えてネイルできないわ笑」

私:「たしかに俺も手がヤバそう(汗)俺は明日完全に筋肉痛だね。でもボルダリング結構面白いね!また来ようよ。」

Sさん:「次の日が休みの時にしようね笑」

体力的に疲れましたけど、楽しい良い時間になりました。それにしてもポニーテールのSさん良かったな~。

12年の実績!婚活パーティーの老舗PARTY☆PARTY!

ついに告白!その結果は?!

着替えた後、2人でお酒を飲みに居酒屋へ。居酒屋に入って席に案内されて向かいのSさんの顔を見た瞬間に緊張感が押し寄せてきました。ボルダリング中は無我夢中で、告白する事を忘れていましたが、改めてこのあと絶対に告白しなければ!という気持ちでソワソワしてきました。

Sさん:「どうしたの?おとなしい感じするけど。」

私:「いやいや(汗)なんでもない!飲もう!」

みたいな感じで悟られないようになんとかごまかしていました。居酒屋ではボルダリングの疲労から手が思うように動かなくなって、2人とも箸がうまく持てない状態になって笑い合っていました。試しにSさんが震えている手で僕の爪にネイルをしてみる事に・・・。

Sさん:「やばい!シンプルに塗ることすら難しいよ笑」

私:「普段はデコレーションとかもやるわけだよね?」

Sさん:「明日は細かいことはきっと出来ないね笑 まあでも寝て起きれば少しは良くなるっしょ!」

こんな感じでワイワイ盛り上がりました。3時間くらい経ってついにお会計。さあどこで告白しようかと冷静に考えたら、お店から駅まで近いし、繁華街で告白するような感じの場所じゃないし・・・やばい!ピンチだ!!

私「いや~外気持ちいいし、ちょっと散歩しようよ!」

と苦し紛れの誘い文句を(汗)

Sさん:「いいよ。散歩しよっか。」

しかし散歩といっても近くに何があるか知らないので運に任せて歩く事に・・・。そんな時、恋愛の神様が助けてくれたんです!良い感じに明るくてキレイな公園に導いてくれました!神様マジでありがとう!もうココしかない!!と思いました。

私:「この公園良いな~。」

Sさん:「なにそれ!公園評論家の方ですか?笑」

私:「ベンチも良いな~ちょっと座ろうよ!」

Sさん:「そうだね。」

これはもう完全に気付かれてるなという感じでしたけど、もうストレートに男らしく気持ちを伝えて告白しました!

私:「Sさん、すごく好きです。俺と付き合ってください!」

結果は・・・

OKもらいました!!!

やはりSさんは、今回のデートの私の態度が今までと少し違うことでとっくに気付いていたようです(笑)だからずっと待ってくれていたみたいです。Sさんも嬉しそうにしてくれたのでホッとしました。

今やらないでいつやるの?婚カツ!!

まとめ

というわけで、婚活パーティーから始まった恋を実らせることができました!初めはまったく信用していなかったし、正直あんまり期待はしていませんでした。すべてはSさんのおかげでなんとかいい感じになる事が出来ました。出会いがないという方は一度婚活パーティーに参加してみてはいかがでしょうか?私のように一度で運良くいい人と出会えるかはわかりませんが、恋愛をするきっかけにはなると思います。これまで読んでいただきありがとうございました!

これまでのレポートはこちら→連載1連載2連載3

お見合いパーティーならparty★party

関連・おすすめイベント