滋賀 / 藤の名所・見頃

滋賀の藤の名所・見頃情報。滋賀の藤の名所・見頃を2件掲載。滋賀で人気の藤の名所・見頃は「正法寺」「三大神社」

藤の名所・見頃とは

藤の花が見頃である例年4月下旬から5月上旬は気候も過ごしやすく、お出かけにはぴったりの季節。藤の名所は神社や公園、庭園など様々なスポットがあり、淡い紫色をはじめ、白やピンクなど綺麗な花を咲かせます。藤の名所と合わせて、それぞれの見ごろをご紹介します。

特集トップへ 関西へ

  • 正法寺

    滋賀県蒲生郡日野町にある「正法寺」。境内には重要文化財である石造宝塔、松尾芭蕉の句碑などがある。300年以上前に境内が整備され、藤が植えられた。300年という年月を越え、現代においても美しい花房を見せており、多くの人の目を楽しませている。例年5月上旬から中旬にかけて見頃を迎え、中には1メートル以上にも達する花房もありその光景は圧巻。

    正法寺

    滋賀県蒲生郡日野町鎌掛2145
    地図

    詳細情報

  • 三大神社

    滋賀県草津市にある「三大神社」。樹齢約400年とされる藤が広く知られている。見頃の時期である4月下旬から5月中旬にかけて境内はたくさんの人で賑わう。例年見頃の時期には藤まつりが開催され、日本舞踊や大正琴演奏などの催しが行われる。また、夜間には藤のライトアップが行われ、幻想的な雰囲気のなかで藤の鑑賞が楽しめる。春過ぎ、初夏前の季節に淡い紫、ピンク色などの花を愛でる時間をとってみるのはいかがだろうか。

    三大神社

    滋賀県草津市志那町309
    地図

    詳細情報

特集トップへ 関西へ