横浜・神奈川 / 藤の名所・見頃

横浜・神奈川の藤の名所・見頃情報。横浜・神奈川の藤の名所・見頃を2件掲載。横浜・神奈川で人気の藤の名所・見頃は「鶴岡八幡宮」「横須賀しょうぶ園」

藤の名所・見頃とは

藤の花が見頃である例年4月下旬から5月上旬は気候も過ごしやすく、お出かけにはぴったりの季節。藤の名所は神社や公園、庭園など様々なスポットがあり、淡い紫色をはじめ、白やピンクなど綺麗な花を咲かせます。藤の名所と合わせて、それぞれの見ごろをご紹介します。

特集トップへ 関東へ

  • 横須賀しょうぶ園

    神奈川県横須賀市にある「横須賀しょうぶ園」。全国有数のハナショウブの名所として広く知られているが、藤が綺麗に見られるスポットでもある。園内には11品種・250本の藤が植えられており、例年4月下旬から5月上旬にかけて紫や白、ピンクなど色とりどりの花を咲かせる。ハナショウブの見頃よりも少し早く、春らしいぽかぽかした気温のなか多くの人が藤を目当てに訪れ、園内は賑わいを見せる。

    横須賀しょうぶ園

    神奈川県横須賀市阿部倉18-1
    地図

    詳細情報

  • 鶴岡八幡宮

    JR・江ノ電鎌倉駅から徒歩約10分の場所にある「鶴岡八幡宮」。康平6年(1063)源頼義が奥州を平定して鎌倉に帰り、源氏の氏神として出陣に際してご加護を祈願した京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが鶴岡八幡宮の始まり。藤の名所としても知られ、鎌倉での藤めぐりには欠かせないスポット。見頃となる4月中旬から5月上旬には境内は美しい薄紫や白い藤の花で彩られる。

    鶴岡八幡宮

    神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
    地図

    詳細情報

特集トップへ 関東へ