福岡・博多・天神 / 藤の名所・見頃

福岡・博多・天神の藤の名所・見頃情報。福岡・博多・天神の藤の名所・見頃を2件掲載。福岡・博多・天神で人気の藤の名所・見頃は「河内藤園」「黒木のフジ」

藤の名所・見頃とは

藤の花が見頃である例年4月下旬から5月上旬は気候も過ごしやすく、お出かけにはぴったりの季節。藤の名所は神社や公園、庭園など様々なスポットがあり、淡い紫色をはじめ、白やピンクなど綺麗な花を咲かせます。藤の名所と合わせて、それぞれの見ごろをご紹介します。

特集トップへ 九州・沖縄へ

  • 黒木のフジ

    福岡県八女市、素盞嗚神社の境内にある「黒木の藤」。1395年に後征西将軍良成親王が手植えされたとして伝えられており、国の天然記念物にも指定されている。樹齢600年以上の歴史を誇り、見頃の時期である4月下旬から5月上旬になれば花房は約150cmにも達する。毎年約20万人もの人が黒木のフジを一目見ようと訪れ、また、見頃の時期には黒木大藤まつりが開催される。

    黒木のフジ

    福岡県八女市黒木町黒木
    地図

    詳細情報

  • 河内藤園

    日本でも指折りの大きな敷地を持つ「河内藤園」。「世界の絶景」に選出された経歴から、国内のみならず海外においても広く名前が知られている。一番の見所はやはり「藤棚と藤の花のトンネル」。全長80メートルと220メートルの2種類のトンネルがあり、20種類を越える藤の花が咲き乱れる。その色とりどりの藤の花々に思わず息を飲む。日本でもっとも美しい藤棚と言われる河内藤園の絶景をぜひ一度。

    河内藤園

    福岡県北九州市八幡東区河内2-2-48
    地図

    詳細情報

特集トップへ 九州・沖縄へ