東京国立近代美術館の分館の一つで、工芸およびデザイン作品を展示紹介している。
明治以降の日本と外国の工芸およびデザイン作品を収集しており、総数は約3,000点にもおよぶ。
所蔵作品の中から約100点の作品が展示され、近・現代の工芸の様相を総合的に鑑賞することができる所蔵作品展、特定のテーマに基づいて国内外の工芸作品を展示する企画展を行っている。

関連ブログ記事