伊勢神宮

天照大御神を祭神とし、ご神体は三種の神器の一つ八咫の鏡。

五十鈴川のほとり、神路山のふもと、うっそうと茂る樹林につつまれ参道には玉砂利が敷きつめられており、荘厳な雰囲気を漂わせている。

神宮の正殿は、唯一神明造と呼ばれる檜造りの高床式の社殿で日本の古いの建築様式を継承している。

関連ブログ記事