世界的写真家植田正治の顕彰を目的として開設された美術館。
本人から寄贈された15,000点の作品を収蔵、常設展示し、植田の芸術とプロフィールを紹介する。
植田作品は人をオブジェのように配する構図や、逆に物を擬人化するなどの特徴があり、ファッショナブルで前衛的な作品が多い。
植田の故郷である鳥取県境港市近くの伯耆町に立地し、建物のスリット状の隙間から伯耆富士の形状の大山と水面に写る「逆さ大山」を望むことができるように設計されている。