インターメディアテクは、丸の内JPタワー内にある商業施設KITTEの2・3階に位置する総合ミュージアムです。日本郵便株式会社と東京大学総合研究博物館が協働で運営しており、明治10年の東大創学以来積み重ねられてきた学術文化財が展示されています。

展示室は昭和モダニズムを代表する建築物である旧東京中央郵便局舎を現代的ミュージアムとして改装したものです。2階のギャラリーの床はそのまま活用しており、集配場であった名残も見られます。展示されている資料には帝大時代のものも多く、重厚な雰囲気が感じられるでしょう。歴史的な遺産を現代的な空間の中で展示するデザインが見所。

ただ文化財を展示するだけでなく、既存資源や表現を融合させた次世代型のミュージアムです。