江戸時代を代表する大名庭園。金沢「兼六園」、水戸「偕楽園」とならんで日本三大名園とされている。
延養亭や能舞台を中心に園内各所に置かれた亭舎や祠には歴代藩主の思いが込められ、四季折々に移り変わる自然の景観の美しさは見応えたっぷり。
広い芝生地や、池、築山、亭舎が園路や水路で結ばれ、歩きながら移り変わる景色や眺めることができるよう工夫された作りになっている。