川崎大師

大治3年(1128年)に尊賢上人により開基された平間寺。総本山は京都東山七条にある智積院。

もろもろの災厄をことごとく消除する厄除大師として、霊験あらたかなことは昔から有名。

除夜の鐘とともに、御本尊厄除弘法大師ご宝前において元朝大護摩供が親修される。
初詣の参拝客はおよそ296万人と非常に多く、境内は参拝客で賑わう。