嘘プロフィールに騙されないで!婚活パーティーに現れる嘘つき男の見抜き方

みなさん、こんにちは。街コンに関する情報をお届けする街コンコラムです。

将来のパートナーとの出会い求めて参加する婚活パーティー。お相手の情報はプロフィールや本人の言動が頼りになります。特に女性は、結婚相手次第で今後の人生が大きく変わる可能性が高く、お相手の職業や年収は大事な部分です。

しかし、婚活パーティーや街コンなどの出会いの場で、嘘のプロフィールを書いてしまう男性がいるのも事実。これからのお付き合いを真剣に考えているからこそ、そんな不誠実な男性の嘘は事前に見抜きたいところです。今回はプロフィールカードの嘘を見抜く方法をご紹介します。

東京で医師が集まる婚活パーティーはこちら!


婚活パーティーで嘘のプロフィールって書けるの?


婚活パーティーのプロフィールカードには、名前、年齢などの基本的な事柄から年収や喫煙者かどうかなど、その人のパーソナルな情報も記入します。

この内容は、会話するときに話題探しの手助けになるのはもちろん、結婚を意識しているからこそ直接聞きにくい年収や結婚歴などが事前に確認できるのは助かります。

しかし、プロフィールカードは、会場にて本人が記入して作成する自己申告制。証明書の提出などはないため、自由に記入することができます。

ほとんどの婚活パーティーでは受付時に氏名や生年月日(年齢)の確認を免許証などで行いますが、プロフィールカードを書くのは受付後です。

参加者が書いたプロフィールを主催者がチェックするわけではないので、事実と異なる名前や年齢、年収を記入することもできてしまいます。

なぜ嘘を書くのか?


どうして婚活パーティーのプロフィールで嘘を書いてしまうのでしょうか。

それは単純にモテたいから!

そのため、嘘をつかれやすい項目は『年齢・職業・年収・学歴』などの重要項目です。

人それぞれ価値観の違いはあるものの、結婚を真剣に考えている多くの女性にとって、どれも無視できない項目ですよね。

これらの重要項目は、付き合っていくうちにバレてしまう確率の高い嘘です。

騙し通せると思っているとしたら稚拙な考えですし、その場だけモテればいいと思っているなら遊び相手を探している可能性があります。

どちらにせよ、婚活中の大事な時間をそんな男性には使う暇はありません。

出会いの場で男の嘘を見抜くには?


プロフィールカードに嘘がないことが当然と思いたいところですが、現状は違います。プロフィールの内容を、疑うことなく全て信じてしまうのは危険です。むやみやたらに鵜呑みにせず、プロフィールや言動は真実か否かをあなた自身が見抜くことも必要となります。

しかし、真実を書いている人に対して相手に気付かれるような疑い方はとても失礼なこと。相手に不快感を与えないように見抜くにはコツがいります。


年収や職業の嘘を見抜く


仕事内容や勤務地など、仕事に関することを具体的に聞きましょう。

企業名がわかるなら、さらに踏み込んで事業内容や部署名、普段はどんな仕事をしているのか質問してみます。

年収が高い場合は責任ある仕事をしていることがほとんどなので、お相手も自分の仕事に誇りを持っているはずです。そこに興味を持って質問してくる女性に悪い気はしません。

詳しく聞けば聞くほど、ぼんやりとした返答になったり、話をそらそうとしたりしたら、嘘をついている可能性が高いです。

しかし、その場ですぐ嘘だと気付けるような相手ならまだマシで、最も注意したいのはペラペラと嘘に嘘を重ねることができるタイプ。

少しでも怪しいと思うなら、パーティー終了後に調べてみるのもオススメです。年収くらいなら転職情報サイトなどで簡単に調べられます。

聞いた話の内容と大きく違うようなら要注意!

年齢の嘘を見抜く


本当は40歳なのに35歳といった年齢をサバ読みする男性もいます。こんな年齢のサバ読みを見抜くには、子供の頃に流行ったアニメやバラエティなどのテレビ番組や音楽の話を振ってみましょう。「あの曲が流行ったのって、何歳くらいの時ですか?」と質問してみてください。

あらかじめ自分との年齢差を計算しておき、時期がズレていないかお忘れなく。

学歴の嘘を見抜く


プロフィールに大学名がある場合、有名大学ほどキャンパスや学部が複数あるので、場所や学部や大学内にあるカフェなどについて聞いてみましょう。本当に有名大学卒であるなら、スムーズに答えられるはずです。

お相手のSNSでの交友関係をチェックするのも一つの方法。交友関係はその人がこれまでどのように過ごしたかが表れます。友達の年齢や学歴とお相手の経歴があまりに違う場合は、少し警戒した方がいいでしょう。

既婚者を見抜く


婚活をしている女性にとって、最も許せないのが本当は既婚者だったという嘘ですよね。

よりによって、どうして婚活パーティーに現れるのか理解できませんが、不倫相手を探しているとか、寂しさを紛らわしたいなどの理由で参加する既婚者がいます。

最近は結婚指輪をしない夫婦も増えてきたので、指輪・指輪の跡がないのを理由に安心するのは早いです。

まずは休日の過ごし方を聞いてみましょう。既婚者は休日を家族と過ごすことがほとんどなので、趣味に多くの時間を割いているようなら少し安心できますね。

既婚者チェックでもSNSが役立ちます。

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSをやっていないか聞いてみましょう。「やっていない」と教えてくれない、または、話をはぐらかすようなら怪しいと思ってください。

SNS上には、子供と一緒に微笑む家族写真が投稿されているかもしれません。


まとめ


婚活パーティーに参加しているほとんどの参加者は嘘のないプロフィールカードを記入していますが、残念ながら一部の方のプロフィールカードには嘘が紛れています。

幸せになるために参加している婚活パーティーで騙されるのは絶対に避けたいことですが、それを恐れて参加しないのはもったいない!

しっかり対策して、素敵なパートナーを探しに出かけましょう。

東京で医師が集まる婚活パーティーはこちら!

関連・おすすめイベント