令和元年度 茨城県立盲学校 人権教育研修会 ご報告

令和元年度 茨城県立盲学校 人権教育研修会 ご報告

2020-01-06 20:43:38

令和元年度 茨城県立盲学校 人権教育研修会 ご報告

日 時 令和2年1月7日(月)10:00 - 11:00
会 場 茨城県立盲学校
対 象 盲学校教職員
演 題 人権教育研修会「インターネットと人権侵害」
講 師 鈴木宏治氏(有限会社アクティブコンピュータ代表取締役)

 令和2年、年が開けて初めての講演です。一昨年の1月にも講演をさせていただいた茨城県立盲学校さん。昨年の12月に連絡をいただいて、電話で打ち合わせをしたのですが、なんと担当の先生が水戸飯富養護学校時代(その当時は特別支援学校じゃなかった)、娘がお世話になった方でした。世の中は狭いですね。
 盲学校は茨城大学の近くです。ガストで朝食をいただきながらパソコンで資料のチェックをして9時半に会場入りしました。駐車場に入ると、これまた旧知の大澤先生のお出迎え、さらに担当の渡邊先生にご挨拶、さらに事務室には知り合いの職員の方がいらっしゃってびっくりです。
 まずはセッティング、パソコン・USBスピーカーの接続をします。セットアップ終了後校長室へ行くと、見覚えのあるお顔!?どちらかでお会いしたかなぁと思いながらご挨拶をすると、教育研修センターの特別支援教育課にいらっしゃったそうです。道理で見覚えがあるはずです。
 校長先生と渡邊先生と話していると時間となり講演開始です。
 講演を始める前に、私を知っている、私の講演を聞いたことがある人はいるかと訊ねると、かなりの方が手をあげてくださいました。やはり特別支援教育関係は狭いなぁと実感しながら講演開始!


 インターネットの特徴、バカッター、個人情報、動画共有サイトの落とし穴、選択的注意、視覚障害とIT機器などのお話をして、あっという間に予定時刻をオーバー。10分もオーバーしてしまいました。やはり、特別支援の話しを入れた分ちょっと無理がありました。でも、自分の経験も話せてよかったです。どうもありがとうございました。
 

ブログ記事を読む