御苑の木蘭 | ムーラン

御苑の木蘭

2019-05-21 00:38:15

夜、ひさしぶりの木蘭。
新宿御苑の近くにある、家から歩いて5分ほどの店。店の表はどこか妖しいスナック的で、お店の中にカウンター。その後ろにキープボトルが並ぶという、中に入ってもスナック的な不思議なお店。
妖しくみえても料理は一流。ダンディーで気のきくマスターのサービスもまたキビキビしていてしかも丁寧。
メニューは豊富で、けれどくるたびたのむオキニイリの料理がいくつか。今日もそれ。
まず春雨のサラダと春巻き、イカ団子。硬めに戻した春雨にきゅうりにハムに錦糸卵。きゅうりとハムは春雨の細さとほとんど同じに切られて、口の中が全部春雨みたいな感じがしてくる。ボソボソしていてコツコツ奥歯にたのしくて、みずみずしいのがオモシロイ。

ぽってりとした餡とパリパリの生地のコントラストがおいしい春巻きはお酢に芥子をたっぷり溶いたタレに浸してさっぱり食べる。ムチュンと歯切れるイカ団子。山椒塩とケチャップと芥子酢つかってハフハフ食べる。酒すすむ。
夜の定食が何種類か。麻婆豆腐や青椒肉絲、あるいは手作り餃子がメインの定食がある中で、オキニイリなのが鶏の味噌炒め。
鶏胸肉を細かく切って、キャベツと一緒に甜麺醤をベースのタレで炒めただけ。油通ししたキャベツがツヤツヤ光ってキュッキュと奥歯をくすぐるように潰れてく。鶏むね肉はふっくらとしてとろけるようで味噌の風味でご飯がすすむ。

丁寧にとった上湯に錦糸卵と刻んだネギだけちらしたスープ。
旨味どっしり。
ほどよくほどこした塩が旨味にくっきりとした輪郭与えておいしいったらありゃしない。
この出汁がすべての料理の基本をなしてると思えばここの料理がおいしいことの理由がわかる。
例えばカニ玉。スープと油をたっぷり吸い込みふっくらとした玉子の中にたっぷりカニ肉。最初にこれを食べた時、カニカマか?って思うほどにどっさりのカニが入っててびっくりしました。
カニ以外にはネギとしいたけ。シャキシャキ、むっちりとどれもがカニと玉子の食感を引き立ておいしい。それにしても食べ続けると口がひんやりしてくるほどの油の量にたじろぎながらも食べちゃうおいしさ。困っちゃう(笑)。

ご飯が茶碗でなくてお皿でやってくるのがココ独特のスタイルで、ご飯の上にカニ玉ドサッ。スープにとろみをつけた餡をたっぷりかけて食べると油がご飯にからみスベスベ口の中を転がる感じがステキ。
ここの名物汁麺の辛味噌そばを食べて〆。
上等なスープの中に極細ストレート麺。細くもザクッと歯切れて散らかる感じがたのしくそこにスープとピリ辛味に整えた豚ひき肉にネギがからって味が整う。ビリビリ辛いわけじゃないのに食べてるうちにお腹の中から汗をかく。台湾の担仔麺のような味わい。食べ始めると止まらぬおいしさで、しかもお腹が空いてくるような感じがするのがオモシロイ。

 

木蘭

関連ランキング:中華料理 | 新宿御苑前駅、四谷三丁目駅、曙橋駅

ブログ記事を読む

このブログに登場するスポット

  • ムーラン

    ムーラン(木蘭)

    東京都新宿区四谷4-28-20

    ▼ ムーランに関するブログ記事

    • キッチンたかと御苑の木蘭

      土曜日の昼、キッチンたかにひさしぶりにくる。 人気の店です…、ひるどきというコトもあってさすがにお店は一杯で、お店の外で順番を待つ。メニューを見ながら、何にしようかたのしく悩む。 豊富なメニューです。あれも食べたい、これも食べたいと胃袋が...

    • オキニイリの木蘭・ゴキゲンな夜

      夜、ひさしぶりに近所の「木蘭」。外から見るとお世辞にも上等な店とは思えぬ造り。お店の中もちょっとスナックめいていて小さなカウンターに別珍貼りのワインレッドのソファが並んで古臭い。 でも中身はピカピカ。料理はどれもしっかりしていてボク好み。...

    • ひさしぶりに木蘭で夜

      夜、ひさしぶりに近所の木蘭。中国料理の気軽なお店。 ちょっと間があきまして、お店の人にも「おひさしぶりです」って言われたりする。それがうれしい今日の夜。 キープしてあった紹興酒をかたわらに、あれやこれやと料理をたのむ。 まずは中華風の春雨...

    • 久しぶりなり、木蘭の蟹玉

      夜、ひさしぶりに近所の木蘭。気軽なのに上等な中国料理をのんびりたのしむ。お店の外観はパッとしないし中に入るとスナックみたいな造りの店で、なのに料理は極めて上等。何を食べても一定以上のおいしさがあり、しかもいつも安定している。近所にあってあ...

新宿御苑前駅の人気スポット