酢重で食べる太い蕎麦 | 酢重DINING 丸の内

酢重で食べる太い蕎麦

2019-04-08 21:22:00

東京駅で一日終える。小腹が減って家に帰る前にお腹を満たしておこうとお店を探す。
時間は10時過ぎたところ。
駅チカといい駅の周りの商業施設、あるいはオフィスビルのお店もほとんどが10時閉店。だからほとんど真っ暗でした。
東京駅の朝は早い。朝早くに起きて電車にのって到着したここで、朝ごはんをというニーズが多い。ところが夜は家に帰ることを急ぐ人たちが多いからでしょう、早じまいのお店がほとんど。
弱り果てます。そう言えば新丸ビルの地下ならば11時くらいまでやっていたはず。やってきてみて数店、まだまだ営業中で「酢重正之楽」という店選ぶ。蕎麦の店でして、一度来たときにはあまりいい印象がなかったのだけど、気持ちがすっかり蕎麦な感じでそれで選んだ。冷たいおろしそばを注文。

ここの蕎麦は太い。
色黒で、平べったくって硬くてすべすべ。
大きな丼にどっさりはいってやってきて、上にはたっぷり大根おろし。
刻んだ海苔に白ごまどっさり。
見た目はにぎやか。
まず丁寧にタレと麺、トッピングを混ぜ合わす。
天かすが自由に使えてそれをたっぷり。またかき混ぜる。
もそもそ食べます。かなり太いからスルスルすすって食べられずもそもそ、麺を押し込み食べるような感じになるのです。
ちょっと味が薄く感じる。以前食べたときに、あららと思ったのと同じく麺への味ののりが良くない。太いということとすべすべしていて、しかも麺が大量に水をのみこみみずみずしいから。

噛みごたえのある太い蕎麦は好きな蕎麦。けれどその太さに負けぬ出汁とかタレとかとセットにならないとその持ち味を発揮しない。だから太い麺線の蕎麦はとてもむつかしい。
ココはタレだけでのらない味を補うために、味噌を用意しているのですね。しかもその味噌が辛味噌で、たっぷりの天かすと一緒に混ぜると和風担々麺のような風味、味わいになっていくのがオモシロイ。海苔の風味に胡麻の味わい。かなり大量に味噌を使うとそこそこおいしくたのしめる。
最後に蕎麦湯をとくとく注ぐ。飲むとこれがかなり辛くてびっくりします。冷たいタレに注ぐ蕎麦湯でぬるくなるのだけど辛さでお腹があったまる。

 

酢重DINING

関連ランキング:和食(その他) | 大手町駅、東京駅、二重橋前駅

ブログ記事を読む

このブログに登場するスポット

  • 酢重DINING 丸の内

    酢重DINING 丸の内(酢重ダイニング)

    東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 5F 新丸ビル

    ▼ 酢重DINING 丸の内に関するブログ記事

    • 酢重(東京)

      (6/20)晴れ。4人で新丸の酢重。おばんざい、鮭、ハヤシライス、酢豚。どれも美味しい。 千代田区丸の内1-5-1 ...

    • 酢重ダイニング(東京)

      (6/28)晴れ。3人で新丸の酢重。鮭、酢豚、鯖。食後に杏仁豆腐とあんみつ。鮭が美味かった。 千代田区丸の内1-5-1...

    • 酢重(東京)

      快晴。予想最高気温11℃。3人で新丸ビルの酢重。10分程待って着席。四種のおばんざい(メインはステーキ)、酢豚、鮭。どれも素晴らしい。食後に杏仁豆腐、クリームあんみつ。これも良かった。 千代田区丸の内1-5-1  ...

    • 酢重DINING(東京)

      (12/21)快晴。やっと雨が止んだ。4人で新丸ビルへ。蕎麦屋に入る予定だったが、行列なので酢重DINING。ハヤシライス、ミックスフライ、鮭。私はさば味噌煮。素晴らしく旨い。 千代田区丸の内1-5-1...

東京駅の人気スポット

この記事のスポットが取り上げられているガイド

関連特集