「こんぶや」 @ 飯田橋

「こんぶや」 @ 飯田橋

2019-03-26 00:49:44

 



 


 前回からの“路地面店”つながり。


 路地写真、先に見えているのは神楽坂。


 いくつものブランドを切り盛りする株式会社コメールの「こんぶや」。


 「こんぶや」はここ神楽坂の他に、西麻布と恵比寿にもある。


 


 神楽坂で“路地”、と云うと、“隠れ家”ともなり、よもやすると思いっきり敷居が高いイメージ。


 しかし、こちらは入り口にメニューが掲示されていて、良い意味、「敷居は高くないよ」とアピールしている状況。


 やはりね。すごい繁盛している。


 店内写真はお客さんがおおぜい写りこんでしまうのであきらめた。


 時間帯のせいか、家族連れのお客さんもいらっしゃった。


 「こんぶや」と云うとスタイリッシュなイメージもあるが、様々なシーンで利用可能と云うことだろう。


 


 こちらは仲間内の宴会。


 ¥5000のコースを予約してあった。


 メニューはお店ホームページに詳しく載っているけれど、メニュー冊子の雰囲気を伝えたく、見開き一部をUpしておく。


 では、そのコース。


■先付&前菜


 乾杯の生ビールが見切れている。


 で、左が先付、梨としめじのクリーム白和え。


 右が、飛竜頭蓮根串巻きをはじめとした前菜5種。


 


 5種もあるので、前菜は寄った画像も載せておく。


 


■お造り


 本鮪、平目と、赤い大根(レディサラダ?)の後ろに鯵のなめろう。


■おでん


 大鍋写真は5人前分。


 タネは6種


■焼物


 大山鶏チーズソース焼き


 あっさりとしたおでんの後からか、このチーズのコクがガツンと美味し。


■揚物


 のどぐろ紫蘇揚げ


 綺麗な盛りつけ、敢えて崩して内容をご覧にいれようか。


 のどぐろ、半身×2で丸一尾。


 正直言って小ぶりな“のどぐろ”だけれど、¥5000コースで丸一尾の“のどぐろ”だから、企業努力のたまものであろう。


■食事


 おでん出汁の稲庭うどん。


 くどい様だが、大鍋は5人前ね。


■デザート


 抹茶ケーキ


 


 コースの振り幅、丁寧な仕事ぶり、繁盛こみっぷりも無理もない。


 ひとりで来てカウンターでのんびりするのも良いかも知れない。


 


こんぶや 神楽坂




 


関連ランキング:おでん | 飯田橋駅、牛込神楽坂駅、神楽坂駅

ブログ記事を読む

ブログ概要

はらへり*てんき

主に首都圏の街画像,グルメ情報をUpしています。街中徘徊,美食探訪,風景散策...気ままなブログですいません。ご参考になる記事があれば幸いです。