「true brew」(茨城県・水戸市)にて~~ | トゥルー・ブルー

「true brew」(茨城県・水戸市)にて~~

2016-10-05 10:00:00

 

禁断の地(?)であった水戸にて

美味しいビ-ルにありつけた事の喜び~

 

 

 

所要があって久し振りの茨城県内入りした私は、都心に戻る為に、一旦JR水戸駅に立ち寄りました。

 

その際、少し時間があったので、新しくなった駅ビルの中にある、「true brew (トゥル-・ブル-)」さんに伺う事が出来ました。

 

しかし昔に比べて、水戸駅前が全く変わっているのに驚きました。昔と言っても今から35年も前の事ですからネ(笑)。当たり前ですよねぇ~。

 

それ以来、常磐線の界隈では、土浦より北に来る事をかなり自分自身の中で禁忌的に考えていましたので、今回その境域をついに越えた・・・・と言う事になります。前回来た時も、友部の手前の水戸線の駅までで、常磐線には入りませんでした。

 

その話はどうでも良い事なのですが、今回訪れたこのお店も、営業を始められた時から知っていたのですが、その過去の事がネックで、直ぐに来る事が出来ませんでした。今回遂に解禁です。

 

さてその水戸駅ビルの建物のうち、「エクセルみなみ」の四階にあるこのお店は、有名な木内酒造という清酒メ-カ-の直営店です。

 

 

常陸野ネストビ-ルの全種類、そしてその酒造の日本酒も飲めると言う事で、本当に早くにやって来たいお店でした。お店の店舗前は上写真の様な感じで、ロゴであるフクロウのマ-クがあるので、直ぐに判ると思います。

 

先程の話ですが、水戸駅前がこんなに都会的になっていて(一応県庁舎在地ですが)、本当に驚きました。関東近郊には結構頻回に来るのですが、水戸にだけは、そんな理由もあって来ていませんでした。

 

 

そんな駅ビルの中で開始です。ご存じの様にこのフクロウマ-クの専用グラスで戴きます。

 

このグラスが好きな人が結構おられ、我が職場の後輩も好きで、色々な形状のグラスを集めています。現在でも7~8種類あるのでは無いでしょうか。

 

カウンタ-席に座ったのですが、目の前が先程通って来た駅前の高架が真下に見えます。

 

 

カウンタ-席は窓側に10席程度と、その前にテ-ブル席、そして入口右手奥には広いダイニング席もあり、収容人数はそれなりに多くありそうです。

 

この常陸野ネストビ-ルを直営店で飲むのは実は初めてで、直接ブルワリ-に行った事もありません。樽生については関西でもよく飲めますし、最近は関西圏でもこのボトルビ-ルを普通に扱っている飲食店が増えました。営業による流通が上手なのでしょうね。

 

 

上写真が、カウンタ-席の右手からタップ口・厨房方面を見た所です。右手奥がテ-ブル席の沢山あるダイニングコ-ナ-とでも言いましょうか。ほぼ満席でした。

 

スタッフはフロア-に2名おられましたが、厨房内が1名だった為、とても忙しそうにされていました。注文するのが申し訳ないくらい~~。

 

そして因みにこの日の樽生ラインナップは、下記の様でした。

 

 

種類は豊富にあり、全てのタップが繋がっていました。

 

グラスの大きさは、「グラスサイズ」が550円、「パイントサイズ」が900円となっています。あまり酔っ払ってはいけない為、この日は全てグラスで飲みました。

 

 

この日注文したビ-ルは「アマリロセッションエ-ル」と「ダイダイエ-ル」でした。何れもホップや麦芽の香りが良くて、やはり瓶で飲むよりは格段美味しく感じました。フル-ツ系のビ-ルの仕上がりも流石です。

 

料理も多くは注文せず、簡単な物(オリ-ブ)と、生ハムシ-ザ-サラダを注文。このサラダは実に美味。ドレッシングも美味しかった。

 

 

さてこの「true brew (トゥル-・ブル-)」さん、感じの良い、またとても雰囲気の良いお店でした。しかもランチタイムから営業されているので、午後からのひととき、のんびりビアタイムを過ごすのも良いかも知れません。

 

因みに前菜(アペタイザ-)料理については、午後2時以降の提供になっています。

 

しかしまた・・・・水戸に地に来る事があれば・・・・その時は確実に寄せて頂こうと思います。

 

ご馳走様でした。

 

 

 

「true brew (トゥル-・ブル-)」

〒310-0015 茨城県水戸市宮町一丁目7-31 水戸駅ビル エクセルみなみ4F
TEL 029-306-7575
営業時間 11:00~22:00 (L.O21:30)

 

 

 

 

 

 

りんごいちご

 

ブログ記事を読む

このブログに登場するスポット

水戸駅の人気スポット