広島市が食の観光キャンペーン「広島てっぱんバル」を開催!発表会にはSTU48土路生優里さんも登場

広島市を中心とした広島広域都市圏では、ご当地ならではの「食」をテーマとした観光キャンペーンが2019年5月1日から7月31日まで実施されます。都内で行われたメディア向け発表会に参加しました。 期間中、キャンペーン協力店舗ではこの企画のための限定メニューが提供されます。対象店舗には和洋中の名店が肩を並べ、広島のソウルフードである鉄板料理が目白押し!

2019.5.13 Mon

  • 広島の鉄板焼き

    広島の鉄板焼き

    発表会のゲストは広島出身STU48の土路生 優里(とろぶ ゆり)さん、写真右

    広島のソウルフードとして愛され続けるお好み焼き。食料が不足した戦後に、少量の小麦粉と野菜を多く使用して作られる子供のおやつだった「一銭洋食」が元となっています。県民の生活を支え、復興の原動力となりました。近年では、それぞれの店で独自の個性を味わえるグルメ食に。

    広島てっぱんバルでは肉や魚、野菜など広島県産の食材を使った鉄板料理が限定で登場。参加店はホームページや広島市内の観光案内所、ホテルなどで配布する冊子で紹介されています。

  • 「カードラリー」キャンペーン

    「カードラリー」キャンペーン

    対象店舗を巡って集める「カードラリー」キャンペーンでは、「呉」のビール詰め合わせセットやキャンペーンオリジナル「ヘラ」などの賞品も。

    カープとともに湧く広島をこの機会にぜひ訪れてみては。

  • 旅モデルコースも公開中

    旅モデルコースも公開中

    「広島食の陣」公式サイトにはエリアをめぐる旅モデルコースが公開中です!
    https://hiroshima-syoku-no-zin.jp/teppan/course/

  • 広島てっぱんバルで開催

    広島てっぱんバルで開催

関連ニュース・ガイド