「6名の日本画研究発表会」 / 数寄和

住環境などの変化のために優雅に掛軸を楽しむ習慣は廃れつつあります。しかし、日本画を学ぶ人には表具の大切さを知ってもらうためにも自作で軸装する機会を持って欲しいと考えています。今回、大学院生6名に絹や和紙を選んで製作して頂き、数寄和で表具をさせて頂きました。