千葉 / ホタルの名所・見頃2017

千葉のホタルの名所情報。千葉のホタルの名所を5件掲載。千葉で人気のホタルの名所は「市川市動植物園」「ロマンの森共和国」「清和ホタルの里」「泉谷公園」「白浜フラワーパーク」

ホタルの名所とは

ホタルの名所2017情報。古来より日本人に愛されてきた昆虫、ホタル。その幻想的な光を愛でる習慣は、初夏から夏にかけて日本の風物詩となっています。ゲンジホタルの観賞時期は5~7月、ヘイケホタルは6~8月が一般的。そんなホタルの光は、オスとメスが出会うための合図。メスの弱い光に対してオスが強い光を放ち、プロポーズしているのです。そんなロマンチックなホタルの光を眺めながら、風情ある夏の夜を過ごしませんか?彼らが発する淡い光は、今もなお私たちの心をつかんで離しません。全国のホタルの名所をご紹介します。

特集トップへ 関東へ

  • 清和ホタルの里(清和県民の森)

    清和ホタルの里は全国でも有数の面積を誇る水と緑に恵まれた自然の宝庫だ。また、自然を楽しむ人々や数多くの野鳥や小動物の貴重な安息の場所でもある。自然発生のほたるを見ることができる場としてその数は年々増加し、多くの人々に幻想の世界を与えている。

    清和ホタルの里

    千葉県君津市豊英660
    地図

    詳細情報

  • ロマンの森共和国

    周囲を自然に囲まれたロマンの森共和国は様々な遊びが詰まったアウトドアスポットとして人気。
    5月下旬から7月上旬にかけてホタルが見られる。
    生息数は数万匹にも上り、源氏ボタル、平家ボタル、ヒメホタルが光を放つ。

    詳細情報

  • 泉谷公園

    泉谷公園は、おゆみ野地区のほぼ中央に位置する約7haの地区公園で、地区を東西に走る約2kmの歩行者専用道路「おゆみの道」の起点に位置している。公園内にはホタルを人工飼育する施設の「ほたる生態園」があり、夏の風物詩として市民の憩いの場として親しまれている。5月下旬から6月上旬にかけて見頃を迎える。

    泉谷公園

    千葉県千葉市緑区おゆみ野中央6-11
    地図

    詳細情報

  • 市川市動植物園

    千葉県市川市に位置する市川市動植物園。 動物たちとの触れあいをテーマとしており、レッサーパンダやオランウータンの他、なかよし広場では開園中ならいつでもヒヨコにモルモット、ミニブタ、ヤギなど親しみのある動物と触れ合うことができる。毎年7月下旬から8月上旬にかけてホタル鑑賞会が開催されている。見られるホタルは自然発生のヘイケボタル。暗闇に緑色の光が舞い、園内には幻想的な雰囲気が漂う。

    市川市動植物園

    千葉県市川市大町284
    地図

    詳細情報

  • 白浜フラワーパーク

    房総半島の最南端に位置する自然あふれる施設。帯植物の生い茂る大温室では、「里ホタル」と「海ホタル」ふたつのホタルを観賞することができる。足湯温泉のほかトウモロコシやポップコーンの出店も。

    白浜フラワーパーク

    千葉県南房総市白浜町根本1454-37
    地図

    詳細情報

特集トップへ 関東へ