東京 / 梅まつり・梅の名所2017

東京の梅まつり・梅の名所情報。東京の梅まつり・梅の名所を6件掲載。東京で人気の梅まつり・梅の名所は「湯島天神」「亀戸天神社」「羽根木公園」「府中市郷土の森博物館」「京王百草園」

梅まつり・梅の名所とは

全国の梅の名所と見頃情報。ひとあし早い春の訪れを感じられる、梅の名所をご紹介します。お花見といえば桜を思い浮かべてしまいますが、梅の花びらの丸くぽってりとした形や白から濃いピンク色まで品種によって変わる桃色のグラデーションは、しっとりとした雅な表情があります。紅梅・白梅などが見事に咲き誇りほの甘い香りに包まれてうっとり。各地では、開花に合わせて梅まつりなどの賑やかなイベントや、夜空に白い花が映えるようにライトアップするスポットもあります。名所と合わせて見頃やイベント情報もチェック。移りゆく四季を愛で、日本人である悦びを感じてみませんか?全国の梅の名所と見頃をご紹介します。

特集トップへ 関東へ

  • 湯島天神(湯島天満宮)

    湯島天神(湯島天満宮) Photo by nambon

    湯島天神は、江戸時代より「梅の名所」として多くの庶民に親しまれて来た。湯島天神に植えられている梅の木は約300本。さらに種類も豊富で、見頃の時期には紅白の梅の花が湯島天神をあざやかに彩る。例年2月中旬~3月上旬にかけて見頃を迎え、2月上旬~3月上旬にかけて梅まつりが開催される。

    湯島天神

    東京都文京区湯島3-30-1
    地図

    詳細情報

  • 亀戸天神社

    JR亀戸駅から徒歩15分の場所にある「亀戸天神社」。亀戸天神社と縁が深い菅原道真公が特に梅の花を好まれ、多くの和歌を詠んだ、という関係から境内には300本を越す梅が植えられている。例年2月上旬~2月下旬にかけて見頃を迎え、紅白の花が咲き誇るその光景は、訪れる人々に春の息吹を感じさせる。

    亀戸天神社

    東京都江東区亀戸3-6-1
    地図

    詳細情報

  • 羽根木公園

    羽根木公園 Photo by nambon

    小田急梅ケ丘駅から徒歩5分の場所にある「羽根木公園」。園内には軟式野球場などのスポーツ施設のほか、プレーパークや、茶室「日月庵」がある。およそ650本の梅が植えられており、主な品種は紅梅、白梅、花香実など。例年2月中旬~3月上旬にかけて見頃を迎え、2月には梅まつりが行われる。入園料無料。

    羽根木公園

    東京都世田谷区代田4-38-52
    地図

    詳細情報

  • 府中市郷土の森博物館

    府中市郷土の森博物館 Photo by 市川市でblog

    京王分倍河原駅・JR分倍河原駅からバスで約6分の場所にある「府中市郷土の森博物館」。大変多くの梅の木が植えられており、その数はなんと約1,100本。見頃の時期になると敷地内は紅白の梅の花で鮮やかに彩られる。例年2月上旬~3月中旬にかけて梅まつりが行われ、野点茶会、琴尺八演奏会など多彩なイベントが行われる。【見頃】2月中旬~3月初旬

    府中市郷土の森博物館

    東京都府中市南町6-32
    地図

    詳細情報

  • 京王百草園

    梅の名所、京王百草園。1月には咲き始める早咲から、3月中旬の遅咲きまで2ヶ月間、園内はいつでも梅の香りに包まれる。2月下旬から3月初旬にかけてが最盛期となる。また、毎年2月上旬から3月中旬まで梅まつりが開催される。
    【見頃】2月上旬~3月中旬

    京王百草園

    東京都日野市百草560
    地図

    詳細情報

  • 高尾梅郷

    旧甲州街道沿い約4.5km区間に点在する、関所梅林、天神梅林、湯ノ花梅林、木下沢梅林、そして小仏川沿いの遊歩道梅林を中心に、約10,000本の紅白の梅が咲き誇る。各梅林で露店がでて、関所梅林では琴の演奏や、野点が行われる。梅の花の香りが広がる中、ゆったりと散策を楽しもう。

    高尾梅郷

    東京都八王子市裏高尾町 西浅川町と裏高尾町の小仏川、旧甲州街道沿い
    地図

    詳細情報

特集トップへ 関東へ