京都 / 梅まつり・梅の名所2017

京都の梅まつり・梅の名所情報。京都の梅まつり・梅の名所を4件掲載。京都で人気の梅まつり・梅の名所は「北野天満宮」「梅宮大社」「随心院」「青谷梅林」

梅まつり・梅の名所とは

全国の梅の名所と見頃情報。ひとあし早い春の訪れを感じられる、梅の名所をご紹介します。お花見といえば桜を思い浮かべてしまいますが、梅の花びらの丸くぽってりとした形や白から濃いピンク色まで品種によって変わる桃色のグラデーションは、しっとりとした雅な表情があります。紅梅・白梅などが見事に咲き誇りほの甘い香りに包まれてうっとり。各地では、開花に合わせて梅まつりなどの賑やかなイベントや、夜空に白い花が映えるようにライトアップするスポットもあります。名所と合わせて見頃やイベント情報もチェック。移りゆく四季を愛で、日本人である悦びを感じてみませんか?全国の梅の名所と見頃をご紹介します。

特集トップへ 関西へ

  • 北野天満宮

    学問の神様として信仰を集める菅原道真公を祀る。
    天神さんと親しまれ、特に受験シーズンは合格祈願の人で賑わう。学問だけではなく開運招福全般、災難除け、厄除け、傷病平癒全般などのご利益も。

    境内には2月上旬~3月下旬の間に50種類、計1500本の梅が咲き乱れる。
    2月25日には、900年以上の歴史を持つ梅花祭が行われる。

    北野天満宮

    京都府京都市上京区馬喰町
    地図

    詳細情報

  • 梅宮大社

    梅宮神社の名の通り、梅の名所として有名。
    境内全域に約35種類550本の梅が植えられていて、定番の種以外にも、1本で紅白の花が咲く「想いのまま」や枝が金色の「金枝梅」の珍しい梅を見られる。
    境内でも特に北、西神苑の人気が高い。

    梅宮大社

    京都府京都市右京区梅津フケノ川町30
    地図

    詳細情報

  • 随心院

    991年に建立された真言宗善通寺派の大本山で、小野小町ゆかりの寺院として知られている。
    境内の小野梅園には平安時代より貴族に愛されてきた「はねずの梅」を中心におよそ230本の梅が咲き誇る。
    遅咲きの梅として有名で、見ごろは3月の下旬である。

    随心院

    京都府京都市山科区小野御霊町35
    地図

    詳細情報

  • 青谷梅林

    京都府城陽市にあり、鎌倉時代に後醍醐天皇の皇子である宗良(むねなが)親王が歌を詠んだとされる、京都最大の梅林。梅の産地として全国的に有名な城陽市にあるだけあり、見ごろとなる2月下旬~3月下旬にはなんと約1万本もの白梅が咲き誇り、一帯が鮮やかな白桃色と甘酸っぱい香りに包まれる。見ごろの時期には、「春は城陽から」を掛け声に梅まつりが開催され、梅を見るだけでなく餅つき大会やコンサートといった催しも行われる。開催期間は2015年2月21日(土)~3月22日(日)10~15時。

    青谷梅林

    京都府城陽市中
    地図

    詳細情報

特集トップへ 関西へ