宇都宮・栃木 / 初詣2018・ 穴場・パワースポット

宇都宮・栃木の初詣情報。宇都宮・栃木の初詣を5件掲載。宇都宮・栃木で人気の初詣は「宇都宮二荒山神社」「佐野厄除け大師」「日光山輪王寺」「大前神社」「多気山持宝院」

初詣とは

全国の初詣スポット情報。一年の感謝を捧げ、新年の無事と平安を祈る初詣。御守りを買ったり絵馬に願いを書いたりと趣のある行事です。三が日は多くの参拝客で大賑わい。人気の場所では年明けすぐから大混雑することも。さあ初詣に出かけてみませんか?

特集トップへ 関東へ

  • [穴場]日光山輪王寺

    本堂は日光山随一、東日本では最も大きな木造の建物で、平安時代に創建された全国でも数少ない天台密教形式のお堂を持つ日光山輪王寺。日光山全体を統合していた。日光山の総本堂である三仏堂は東日本では最も大きな木造の建物で、重要文化財にも指定されている。 庭園がとても綺麗で、日光の紅葉の名所として知られている。毎年10月下旬~11月中旬までの間で庭園のライトアップを行っており、幻想的なひとときを過ごすことができる。 大晦日の夜半、午前0時の時報に合わせ、日光山の境内に鐘の音が一打一打鳴り響き、初詣には毎年およそ10万人ほどの参拝客が訪れる。

    日光山輪王寺

    栃木県日光市山内2300
    地図

    詳細情報

  • 佐野厄除け大師(惣宗寺)

    「佐野厄除け大師」の通称で知られるが、正式名称は「春日岡山転法輪院惣宗官寺」という。天慶7(944)年に奈良の僧・宥尊(ゆうそん)上人が開いた寺で、最初は日本の仏教で最も古い南都六宗の法相宗に属し、後に天台宗の寺となる。青柳大師、川越大師と並び、関東の三大師のひとつに数えられることもある。通称が示すとおり厄除けが有名で、一年を通じて全国から参拝者が訪れる。境内には田中正造の墓もある。新年には約50万人の新年の厄除けの為に訪れる。人数に限りがあるが、除夜の鐘を突くことができる。 ちなみに、新年祈願の御札や御守りの販売は郵送やFAXでも受け付けている。

    佐野厄除け大師

    栃木県佐野市金井上町2233
    地図

    詳細情報

  • 宇都宮二荒山神社

    宇都宮の中心部に鎮座する神社で、「二荒さん」の愛称で親しまれている。二荒山神社は大変歴史が古く、第10代崇神天皇の御代にさかのぼることができる。宇都宮市自体が二荒山神社の門前町として発展してきた歴史があるので、市の行事に登場することも多い。栃木県内には由緒ある神社が11社記されているが、名神大社は二荒山神社のみで、「宇都宮大明神」と称し、郷土の祖神・総氏神さまとして篤い信仰を受けてきた。樹齢400年のケヤキで造られた大鳥居が有名。初詣には、主に県内から35万人ほどの参拝客が訪れる。

    宇都宮二荒山神社

    栃木県宇都宮市馬場通り1-1-1
    地図

    詳細情報

  • 大前神社

    大前神社は1500年有余の歴史を誇る延喜式内の名社。ご祭神は福の神様のだいこく様とえびす様で、開運招福の願いを叶えてくれる神様。欝蒼とおいしげる杜には、安土桃山時代末期に造られた、 極彩色の彫刻豊かな御本殿がそびえたち、名工藤田孫平治や島村円哲工人達の足跡が偲ばれる。健康や病気平癒をはじめ縁結び・五穀豊穣・厄除け災難除け・家内安全・産業発展など様々な御利益がある。 三が日には約10万人の人が参拝に訪れる。

    大前神社

    栃木県真岡市東郷937
    地図

    詳細情報

  • 多気山持宝院

    多気山の中腹に存在する宇都宮氏が代々祈願したことで有名な古寺。北関東三十六不動尊霊場の第十八番札所であり、多気不動尊という名で知られている。
    辺りには自然が多く、桜の名所である。

    年末年始は、大晦日の23時30分から除夜祭が執り行われ、年明けと共に新春大護摩修行が開始される。20万人以上の参拝者が訪れる。

    多気山持宝院

    栃木県宇都宮市田下町563
    地図

    詳細情報

特集トップへ 関東へ