九州・沖縄 / 初詣2019・ 穴場・パワースポット

九州・沖縄の初詣情報。九州・沖縄の初詣を44件掲載。九州・沖縄で人気の初詣は「鵜戸神宮」「久留米成田山」「太宰府天満宮」「鹿児島神宮」「宮崎神宮」

初詣とは

全国の初詣スポット情報。一年の感謝を捧げ、新年の無事と平安を祈る初詣。御守りを買ったり絵馬に願いを書いたりと趣のある行事です。三が日は多くの参拝客で大賑わい。人気の場所では年明けすぐから大混雑することも。さあ初詣に出かけてみませんか?

特集トップへ

  • 太宰府天満宮

    ”学問の神様”菅原道真を祀る太宰府天満宮は、京都の北野天満宮と共に全国の天満宮の総本社である国内有数の名所。学問の神、厄除けの神としてよく知られ、年間に約700万人もの参拝者が訪れる。

    境内には長い歴史を持つ建造物や重要文化財が多数現存しているほか、四季折々の自然に恵まれており、桜やアジサイ、そして秋には紅葉と、季節を彩る花々が咲く自然の名所でもある。季節ごとのお祭りもよく行われ、1年を通して境内には活気が絶えない。

    中でも最も賑わうのは新年の初詣。およそ200万人が訪れる九州最大の初詣スポットとして全国的に知られており、合格祈願に訪れる参拝者を中心に境内は大賑わい。周辺は大変混雑するので要注意。

    太宰府天満宮

    福岡県太宰府市宰府4-7-1 
    地図

    詳細情報

  • 宮地嶽神社(みやじだけ)

    開運や商売繁盛の神として非常によく知られている宮地嶽神社。毎年220万人を超える参拝客が訪れる全国の宮地嶽神社の総本社でもある。

    付近の古墳から黄金を用いた品が出土したことから、開運や商売繁盛の神として信仰されるようになった。

    見どころは宮地嶽神社のシンボルとして有名な大注連縄。直径2.5メートル、長さ13.5メートル、重さ5トンという大きさはなんと日本一。さらに、大太鼓、大鈴というもう二つの日本一もある。

    また、福岡有数の桜の名所としてもよく知られ、早ければ1月から咲き始め、期間中には約10万人もの人々がお花見に訪れるという。

    初詣には100万人を超える人が集い、金運をはじめ一年間の家内安全・商売繁昌・無病息災を願う。日本一の大太鼓が打ち鳴らされると同時に新年が始まるが、その壮大な音は数キロ先まで届くと言われているほど。

    宮地嶽神社

    福岡県福津市宮司元町7-1
    地図

    詳細情報

  • 宗像大社(むなかた)

    中国や朝鮮と近い位置にあり、かつて海外との貿易や文化の窓口として重要な位置を占めていた宗像。そこで遣唐使などが航海安全の為に必ず参拝をしたという宗像大社は、”道の神様”、交通安全の神様として現在まで深く信仰されている。

    祀るのは湍津姫神(たぎつひめのかみ)、 市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)と、八万点が国宝に指定されている沖ノ島に祀られている田心姫神(たごりひめのかみ)の三女神。この三神が鎮座している三宮を総称して宗像大社と呼んでいる。

    また、三が日で参拝客が総数約65万人にもおよぶ有名な初詣スポットでもある。1月1日午前0時の開門から始まり、「元旦祭」、「新年二日祭」、「新年三日祭」と続き、境内は大いに賑わう。

    宗像大社

    福岡県宗像市田島2331
    地図

    詳細情報

  • 筥崎宮(はこざきぐう)

    日本三大八幡宮の一つ、国の重要文化財である筑前一ノ宮の筥崎宮。
    第十五代天皇・応神天皇を祀り、厄除け・勝運、家内安全、商売繁盛といったご利益があるという。厄除け・勝運の神として信仰されるようになったのは、鎌倉中期の蒙古襲来の際に、神風が吹いたことで困難に打ち勝ったことからなのだとか。

    境内にはいくつかの国指定重要文化財のほか、3,500ものあじさいが色とりどりに咲くあじさい苑が見どころ。

    初詣には50万人を超す人が訪れ、新年の幸福を願う人々で境内は大きく賑わう。毎年1月3日には行われるは玉せせりと呼ばれる神事が行われ、一年間の吉凶を占う。
    真冬の空の下、ふんどし姿の男たちが競う姿は圧倒的。奪った競子が浜側なら大漁、陸側なら豊作に恵まれるといわれている。

    筥崎宮

    福岡県福岡市東区箱崎1-22-1
    地図

    詳細情報

  • 十日恵比須神社

    博多区、東公園すぐ横に位置する十日恵比須神社。

    事代主大神(ことしろぬしのおおかみ)と大國主大神(おおくにぬしのおおかみ)の二神を祀っているが、それぞれ事代主大神は「えびす様」、大國主大神は「だいこく様」という呼び名で有名な、親しみのある神様である。「だいこく様」は、出雲大社から御分霊を迎えて祀るようになったということから縁結びはもちろん、「えびす様」の商売繁盛のご利益もよく知られ、博多の人々に深く信仰されている。

    十日恵比須神社は参拝者数およそ100万人という福岡屈指の初詣スポットだが、正月大祭が正月三が日を過ぎてから始まるのが特徴(期間は1月8日~11日まで)。期間中は、一年間の商売繁昌、家内安全、交通安全、漁業繁栄などを願う博多の人々で大変賑わう。ざっと300軒にものぼる露店の多さも際立つ。

    十日恵比須神社

    福岡県福岡市博多区東公園7-1
    地図

    詳細情報

  • 八坂神社

    福岡県北九州市に位置する八坂神社は、9世紀頃すでに小倉に祀られていたという歴史ある神社。八坂神社という名になったのは明治時代のころであり、古くは祇園様といっていたことからか、現在でも「小倉のぎおんさん」と親しまれている。

    スサノオノミコトという神様を祭っており、ご利益は厄除・帯祝・安産・初宮詣・誕生祭・祝寿・交通安全・心身健康・病気平癒・家内安全・えんむすびなど非常に多岐にわたる。

    12月31日11時30分から除夜祭、0時より歳旦祭、正月3日の元始祭が行われ、三が日での参拝者数は約9万人ほど。

    八坂神社

    福岡県北九州市小倉北区城内2−2 勝山公園内
    地図

    詳細情報

  • 祐徳稲荷神社

    祐徳稲荷神社 Photo by nniiggoo

    日本三大稲荷の一つとされ、「祐徳さん」の名で親しまれている祐徳稲荷神社。衣食住の神様として国民に深く信仰されてきており、商売繁昌、家運繁栄、大漁満足、交通安全を祈願しにくる参拝者が跡を立たず、その数なんと年間で300万人に達するほどだという。

    境内には四季折々の花が咲き、春の桜は美しく、秋にはモミジが境内を彩り、趣深い。そして祐徳の絶景といえばなんといっても、ゴールデンウィークごろにおよそ5万本が満開を迎えるツツジ。特に満開の色とりどりのツツジが外苑の東山公園の斜面をまるでグラデーションをつけたかのように彩る。

    また、一月中は初詣の参拝客で人波が途絶えない。三が日の参拝者は約六十万人を超えるという。

    祐徳稲荷神社

    佐賀県鹿島市古枝乙1855
    地図

    詳細情報

  • 諏訪神社

    長崎県の諏訪神社は、県下有数の初詣スポットでもあり、縁結びのパワースポットとして非常に人気のある神社。

    もともと長崎市内にまつられていた諏訪・森崎・住吉の三社が、戦国時代に焼かれたり壊されて無くなっていたのを、1625年に再興したのがはじまり。

    現在まで厄除け・縁結び・海上守護の神社として信仰されている。

    特に縁結びに関しては、境内三ヶ所にある「縁結びの陰陽石」が県下有数の人気パワースポットとされている。男石と女石が、幾何学的な紋様で埋め込まれており、男性は女石、女性は男石を踏んだ後、拝殿前の両性が合体した石を踏んで参拝すると、縁結びの願い事が叶うのだという。

    元旦には午前6時よりお祭りが行われ、20万人ほどの参拝客が訪れ、一年の始まりを祝う。

    諏訪神社

    長崎県長崎市上西山町18-15
    地図

    詳細情報

  • 橘神社

    軍神・橘周太を祀る神社で、入口には彫刻家・北村西望作による勇ましい橘周太の銅像が立つ。橘周太とは、大正天皇の教育係や名古屋陸軍地方幼年学校長などを歴任した人物。春には約1000本の並木桜による参道のトンネルがとても美しく、観光客で非常に賑わう。

    年末になればギネスブックにも認定された高さ約11m以上の「世界一の門松」が姿を見せる。大晦日には巨大門松が明け方までライトアップされ、荘厳な雰囲気の中で新年を迎えることも。新年を迎えてからは、橘ぜんざいが振る舞われる橘太鼓打ちを開催。3が日には10万人弱もの人が参拝に訪れるという県内の人気初詣スポットである。

    橘神社

    長崎県雲仙市千々石町己529
    地図

    詳細情報

  • 加藤神社

    熊本城のすぐ近くに鎮座する加藤神社は、熊本城の築城を推し進めた加藤清正を祀り、学問、福徳円満、商売繁盛、勝運、安全祈願などにご利益があるとされる。

    境内からは熊本城を望むことができ、その静観は近望の名所として雑誌等に掲載される程よく知られており、結婚式の前撮写真などの最高のロケーションとなっている。特に春には桜、秋には紅葉が美しく景色に花を添える。

    七月第四日曜日に行われ、こどもたちなどが街を練り歩き、神幸行列を行う「せいしょこまつり」は、熊本の夏の風物詩として有名。

    元旦0時には太鼓の音を合図に先着3,000名の参拝客に餅が配られる。三が日の参拝客数はおよそ40万人ほど。

    加藤神社

    熊本県熊本市本丸2-1
    地図

    詳細情報

特集トップへ

44件中 1 - 10件目