京都 / 初詣2018・ 穴場・パワースポット

京都の初詣情報。京都の初詣を7件掲載。京都で人気の初詣は「元伊勢内宮 皇大神社」「清水寺」「伏見稲荷大社」「北野天満宮」「石清水八幡宮」

初詣とは

全国の初詣スポット情報。一年の感謝を捧げ、新年の無事と平安を祈る初詣。御守りを買ったり絵馬に願いを書いたりと趣のある行事です。三が日は多くの参拝客で大賑わい。人気の場所では年明けすぐから大混雑することも。さあ初詣に出かけてみませんか?

特集トップへ 関西へ

  • [穴場]石清水八幡宮

    九州の宇佐神宮、関東の鶴岡八幡宮とともに日本三大八幡のひとつにあげられている神社。 社名は、男山の中腹に涌き出ている霊泉「石清水」に因んだもので、全国屈指の厄除けの神社として知られており、「徒然草」にある説話の中にも登場する。また、創建以来公家と武家の信仰が篤く、とりわけ源氏が氏神と崇め、必勝の神社としても知られる。 八幡宮の境内に、発明王エジソンの記念碑もあることでも知られている。年に一度行なわれる厄除大祭を始め、一年を通して参拝に訪れる客が多く、初詣には沢山の参拝客で賑わいを見せる。

    石清水八幡宮

    京都府八幡市八幡高坊30
    地図

    詳細情報

  • [パワースポット]下鴨神社

    山城国一の宮で京都の守護神であり、世界遺産にも登録された下鴨神社。地域に密着した神社で、市民から親しまれている。詳細な創祀時期は不明であるが紀元前といわれており、京都でも最古の社の一つ。東本殿には玉依媛命、西本殿には賀茂建角身命が祀られている。高野川と鴨川に挟まれた境内の広大な糺の森には、原始に近い貴重な自然が残されており桜、新緑、紅葉の美しさからも有名である。平安朝にタイムスリップしたような雅な行列で知られる「葵祭」は下鴨神社の例大祭。正月4日には優雅に鞠を蹴る「蹴鞠はじめ」が開催される。また、縁結び・パワースポットの神社としても有名でカップルや女性の参拝者が多い。

    下鴨神社

    京都府京都市左京区下鴨泉川町59
    地図

    詳細情報

  • 清水寺

    清水寺 Photo by kyupi10

    釘を使わず組み上げられた清水の舞台で有名な清水寺。清水寺拝観のハイライト・「清水の舞台」の前に、まずは本堂へお参りを。巨大な丸柱の列によって外陣と内陣、内々陣の三つに分かれている広い堂内には、数多くの仏像、凝った意匠の建具や、所狭しと懸けられた絵馬など、そこここに歴史と信仰の深さを伝える拝観ポイントがずらり。毎年8月14~16日の宵詣りをはじめ、特別な法要の際には御本尊を守る「内々陣二十八部衆」を間近で拝観することも可能。そしてメインでもある「清水の舞台」からは、音羽山に広がる四季の景観が楽しめ、野鳥が囀る美しい自然に囲まれ、厳かな雰囲気を全身で感じることができる。大晦日には煩悩の除去を祈って108回の鐘を撞き、新年を迎える。1月1日から7日間は修正会(しゅしょうえ)が開催される。本堂内々陣で、五穀豊穣、家内安全、商売繁盛、世界平和などを祈願し、無病息災を念じて、額に朱印を押す「牛玉宝印」、「御香水(ごこうずい)」が授与される。

    清水寺

    京都府京都市東山区清水1-294
    地図

    詳細情報

  • 伏見稲荷大社

    全国に3万社以上あると言われる「お稲荷さん」の総本宮である伏見稲荷大社。
    創建は711年、平成23年(2011)に御鎮座1300年を迎え、五穀豊穣、商売繁昌、家内安全、諸願成就の神として、全国津々浦々に至るまで広く信仰されてきた。 一般に稲荷社には赤い鳥居、神使のキツネ、神木の杉などの特徴があるが、こちらの境内には楼門、拝殿、本殿、権殿などの社殿が並ぶ。 千本鳥居をくぐりながら途中にある社を巡る「お山巡り」は、なんと全長約4km、2時間の行程となるとか。1月1日に行われる歳旦祭は、新年を寿ぎ国家の安泰と一年の無事平穏を祈るお祭で、祭典が終わると宮司以下の神職は境内にある各摂末社を巡拝、続いて社務所正庁の間で新年拝賀式を行う。さらに正月から初午にのみ授与される「験の杉」は富と幸福の縁起物として有名。商売繁盛を願う初詣参拝者で大賑わいとなる。

    伏見稲荷大社

    京都府京都市伏見区深草藪之内町68
    地図

    詳細情報

  • 平安神宮

    平安神宮 Photo by brevis_style

    明治28年(1895)、平安遷都1100年を記念して創建された神社。白砂に朱塗りの社殿が映えて、雅やかな雰囲気が漂う。 応天門と大極殿は、平安京大内裏朝堂院にあった原型を8分の5に縮小して復元したもの。 本殿の奥の神苑は約3万平方mにおよぶ日本庭園で、季節には桜や花ショウブが美しく咲き誇る。 2010年12月、大極殿など6棟が国の重要文化財に指定され、参道の大鳥居は24.2mの高さがあり、国の登録有形文化財に登録されている。 毎年10月22日に行われる時代祭は、葵祭、祇園祭と並ぶ「京都三大祭」のひとつで、京都平安神宮の大祭だ。約2kmもの長さになる大行列は8つの時代の歴史を感じることができる。大晦日は終夜開門、境内全ての燈篭に灯りがともる。

    平安神宮

    京都府京都市左京区岡崎西天王町
    地図

    詳細情報

  • 北野天満宮

    北野天満宮は、菅原道真公を祀った神社の総本社で、親しみを込めて「北野の天神さま」と呼ばれている。学問の神様として信仰を集める菅原道真公を祀るため、修学旅行や受験シーズンは合格祈願の人で賑わう。学問だけではなく開運招福全般、災難除け、厄除け、傷病平癒全般などのご利益も。 年末には新春御祝「大福梅」が参拝者に授与(有料)される。また、毎月25日の天神さんの縁日には宝物殿が公開される。菅原道真公は、嵯峨天皇、小野道風と並び「三聖」と称えられた書家として知られていることから、毎年1月2日本殿の内陣に菅公御遺愛の「松風の硯(まつかぜのすずり)」「角盥(つのだらい)」・若水を満たした「水差し」・短冊・筆・墨をお供えし、偉大なる書家として遍く名声を馳せられた御祭神の御神徳を偲び、書に親しむ人々の技芸の向上、天満書の奉告を行っている。

    北野天満宮

    京都府京都市上京区馬喰町
    地図

    詳細情報

  • 元伊勢内宮 皇大神社

    現在の伊勢神宮に鎮座する54年前に4年間祀られた旧跡といわれ、伊勢神宮のふるさととも言われている神社、元伊勢。杉の古木が立ち並ぶ山道を抜けると、壮大な構えの元伊勢内宮皇大神社がある。本殿の両側には、脇宮2社が祀られ、それらを囲むように83社の小宮が並んでいる。 初詣には毎年6~7万人の人出で賑わい、商売繁盛、縁結び、家内安全などにご利益があると言われている。

    元伊勢内宮 皇大神社

    京都府福知山市大江町内宮字宮山217
    地図

    詳細情報

特集トップへ 関西へ