群馬 / 初詣2019・ 穴場・パワースポット

群馬の初詣情報。群馬の初詣を4件掲載。群馬で人気の初詣は「少林山達磨寺」「水澤寺」「一之宮貫前神社」「慈眼院」

初詣とは

全国の初詣スポット情報。一年の感謝を捧げ、新年の無事と平安を祈る初詣。御守りを買ったり絵馬に願いを書いたりと趣のある行事です。三が日は多くの参拝客で大賑わい。人気の場所では年明けすぐから大混雑することも。さあ初詣に出かけてみませんか?

特集トップへ 関東へ

  • 水澤寺(水澤観音)

    水澤観世音は、千三百有余年の昔、推古天皇・持統天皇の勅願による高麗の高僧恵灌僧正の開基であり、五徳山 水澤寺の名称は、推古天皇の御宸筆の額名によるものである。ご本尊は国司高野辺家成公の三女 伊香保姫のご持仏の十一面千手観世音菩薩であり、霊験あたらたかなること、特に七難即滅七福即生のご利益は顕著。

    初詣にはおよそ10万人の人が参拝に訪れる。

    水澤寺

    群馬県渋川市伊香保町水沢214
    地図

    詳細情報

  • 一之宮貫前神社

    1400年の歴史を持つ神社で、古くは朝廷から、中世以降は武家からも崇敬された。
    現在の本殿は江戸時代初期に徳川家によって造られたもので、2階建ての上段に神座が存在する珍しい造りとなっていて、国の重要文化財に指定されている。

    初詣には、群馬県下でも有数の賑わいをみせる。1月1日は「歳旦祭」、2日は「日供始祭」、3日は「元始祭・水的神事」が執り行われる。大晦日には二年参りのための臨時列車も運行される。

    一之宮貫前神社

    群馬県富岡市一ノ宮1535
    地図

    詳細情報

  • 慈眼院

    高崎観音こと「高崎白衣大観音」が境内に存在することで有名な寺院。高崎観音は高さ41.8m、重さ5985トンで建立当時は世界最大の観音像であった。高崎市のシンボルとしておなじみで、内部の展望室からは高崎市街を一望できる。

    初詣では修正会という護摩祈祷も行われている。来場者は10万人を超え、多くの人で賑わう。

    慈眼院

    群馬県高崎市石原町2710-1
    地図

    詳細情報

  • 少林山達磨寺

    「だるま寺」として有名な少林山達磨寺。その名は全国に知れ渡っている。また、それだけでなく、境内には大きなイチョウの木があり、高崎市の紅葉スポットとしても有名。

    年明けすぐの1月6、7日に「七草大祭だるま市」が開催される。数十万人の参詣者が訪れ、福を呼ぶだるまを求めて賑わう。

    少林山達磨寺

    群馬県高崎市鼻高町296
    地図

    詳細情報

特集トップへ 関東へ