千葉 / 初詣2019・ 穴場・パワースポット

千葉の初詣情報。千葉の初詣を8件掲載。千葉で人気の初詣は「法華経寺」「成田山新勝寺」「宗吾霊堂」「誕生寺」「香取神宮」

初詣とは

全国の初詣スポット情報。一年の感謝を捧げ、新年の無事と平安を祈る初詣。御守りを買ったり絵馬に願いを書いたりと趣のある行事です。三が日は多くの参拝客で大賑わい。人気の場所では年明けすぐから大混雑することも。さあ初詣に出かけてみませんか?

特集トップへ 関東へ

  • 成田山新勝寺

    天慶3年(940年)寛朝大僧正によって、開山された成田山新勝寺。本尊は不動明王としており、成田のお不動様として全国にその名が知られている。主に開運厄除・諸願成就の根本道場としての役割を果たしており、特に交通安全のご利益が有名で、日本で初めて人車一体の交通安全を祈念した寺院として知られている。ドライブをかねて遠方から訪れる方も多い。境内には国の重要文化財として指定されている仁王門、三重塔、釈迦堂、額堂、光明堂などが立ち並び、庶民の信仰の場の雰囲気を残している。 正月の初詣客の数は約290万人で、これは千葉県内では1位、全国では明治神宮に次ぐ2位を記録している。新年には、高さ12mの根付きの松や古木の梅、孟宗竹などで作られた巨大な大門松を山門前に飾り、初詣の参拝者を迎える。

    成田山新勝寺

    千葉県成田市成田1
    地図

    詳細情報

  • 千葉神社

    千葉市の中心街に位置する、厄除開運・八方除の神社。主祭神は北辰妙見尊星王で、北極星と北斗七星の神様。このため、人間の星(運命)や全方位を守護する「妙見(みょうけん)さま」として親しまれており、日本有数の「妙見信仰」の中心でもある。平成2(1990)年に竣工した鮮やかな朱色が目を引く社殿は、上下に二つの拝殿がある日本初の重層様式で建てられている。毎年三が日には約63万人の参拝客が訪れる。 この際、妙見様の御神徳の発現により、各人の運気の守護や好転、方位・家相・建築に関する災禍の消除、悪神の八方からの侵入による貧・病・争の消除などを願う人々が三年詣りの厄年祓・星厄消除・開運招福・八方除・方位除、さらには家内安全・商売繁昌・交通安全などの御祈願を受けるべく殿内へと昇殿する。

    千葉神社

    千葉県千葉市中央区院内1-16-1
    地図

    詳細情報

  • 宗吾霊堂(東勝寺)

    桓武天皇の時代に、征夷大将軍、坂上田村麻呂が房総を平定し、戦没者供養のために建立された真言宗豊山派の寺院。宗吾霊堂と呼ばれ広く知られているが、正しくは鳴鐘山東勝寺宗吾霊堂と呼ぶ。江戸時代の義民・佐倉宗吾様が祀られているお寺として、全国の信者が参拝に訪れる。ご利益は商売繁盛、家内安全、交通安全、厄除け、水子供養など。境内は木々の緑につつまれ、境内の約800本の桜が咲き乱れる春の花見の季節や、大本堂裏手の広大な7000株ものあじさいが咲く梅雨の季節、境内が赤や黄色に染まる秋の紅葉の季節にはいつも以上の参拝者が訪れる。一月中には大護摩修行も行われ、毎年約25万人の参拝者が訪れる。1月は駐車場が有料となる。

    宗吾霊堂

    千葉県成田市宗吾1-558
    地図

    詳細情報

  • 櫻木神社(桜木神社)

    平安朝の仁寿元年(西暦851年)に、大化の改新で活躍した大職冠藤原鎌足公五代の後胤で、冬嗣公三男の嗣良公が、この地に居を移した時、この処に桜の美しい大木があり、公がこれの木のもとに倉稲魂命と武甕槌命の神を祀ったのが櫻木神社の始まり。名前の通り境内には30種400本の桜が植えてあり、花見の時期に多くの参拝客が訪れる。この地は古くに「桜木村」と呼ばれ、後に「桜台村」となり、桜が咲き誇る美しい里だったと考えられている。倉稲魂命(うかのみたまのみこと)、武甕槌命(たけみかづちのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の四柱が御祭神で、五穀豊穣・商売繁盛・勝運・健康長寿などのご利益がある。 三が日には例年約12万人もの参拝客が訪れ、一年の始まりを祝う。

    櫻木神社

    千葉県野田市桜台210
    地図

    詳細情報

  • 千葉厄除け不動尊(妙泉寺)

    鎌倉中期筑前大宰府の妙泉法印により開山された千葉厄除け不動尊。鎌倉から室町にかけて、鎮西奉行として九州に於いて強力な勢力を持った太宰小弐武藤嘉頼、また鎌倉初期から江戸幕末まで34代続いた対馬藩十万石の九代宗成職がまつられている歴史のある古刹。 また、千葉厄除け不動尊は祈願寺として、新年初詣で関東は千葉、東京、神奈川、埼玉、茨城等々から多くの参拝者、祈願者が訪れる。厄除け、厄払い、方位除け、八方除け病気平癒に力があり“願いが叶う力の不動”として親しまれている。年末には、今年の厄は今年のうちに払っておくための年越し大祓い祭が行われ、厄年の方だけでなく、今年ついていなかった方などもお払いを受けることができる。年が明けた1月には新年祈願大祭も行われる。

    千葉厄除け不動尊

    千葉県東金市山田1210
    地図

    詳細情報

  • 香取神宮

    香取神宮

    千葉県香取市香取にある香取神宮。関東地方を中心に、全国に約400近くある香取神社の総本山でもある。祭神は日本書紀の国譲り神話に登場する経津主大神。香取神宮の宝物文化財は県指定文化財以上のものだけでも、200点余を収蔵所有しており、国宝「海獣葡萄鏡」は「日本三銘鏡」の一つに数えられている。境内は広く、15種類700本もの桜が植えられており、参道正面にある朱塗の大鳥居は桜の時期は見ごろだ。また桜だけではなく、イチョウ・カエデ・モミジなどが境内を黄色や赤に染め上げ、春とは違った深い美しさを見せる。正月三が日には例年約50万人ほどの参拝客が訪れ、賑わいを見せる。

    香取神宮

    千葉県香取市香取1697-1
    地図

    詳細情報

  • 誕生寺

    誕生寺

    日蓮の誕生を記念して其の出身地に建立された日蓮宗の大本山。 日蓮聖人御幼像等、境内には日蓮に関わる施設が数多く存在する。また、「蘇生願満の祖師」の使いの鯛にちなんだ「願満の鯛」を模した品をお守りとして扱っている。大震災や火災などの二度にわたる災害を乗り越え、49代日闡上人が弘化3年(1846)現在の祖師堂を再建。さらに昭和から平成にかけて諸堂を復興した。年末年始には「新春開運初詣り」が行われる。 大晦日には希望すれば除夜の鐘を付くことが可能。年明けには祖師堂内にて新春特別加持祈祷が行われ、その年一年の開運を祈る。

    誕生寺

    千葉県鴨川市小湊183
    地図

    詳細情報

  • 法華経寺

    千葉県市川市中山二丁目にある日蓮宗大本山の寺院。鎌倉時代の高僧日蓮聖人が最初に開いたお寺として知られている。境内の奥にある鬼子母神堂には子育て・安産を祈願する人が後を立たない。鎌倉時代の高僧・日蓮聖人に関係した遺品がもっとも多く保存されており、「聖教殿(しょうぎょうでん)」には、42にのぼる日蓮の遺文が大切に保管されている。他にも建造物や絵画など、市内の指定文化財のおおよそ4分の1が納められている。三が日にはおよそ40万人もの人が参拝に訪れる。

    法華経寺

    千葉県市川市中山2-10-1
    地図

    詳細情報

特集トップへ 関東へ