札幌・北海道 / イチゴ狩り2017

札幌・北海道のイチゴ狩り情報。札幌・北海道のイチゴ狩りを4件掲載。札幌・北海道で人気のイチゴ狩りは「よこやま農園」「そうべつくだもの村」「塚本農園」「スノーベリーファーム」

イチゴ狩りとは

イチゴ狩りは冬からゴールデンウィークまでの長い期間で楽しむことができます。東のとちおとめ、西のとよのか、静岡の章姫、べにほっぺ、福岡のあまおうなど品種も様々。自分の手でとったイチゴをその場で食べられるのがイチゴ狩りの醍醐味です。ただ、たくさんイチゴ狩りスポットがあってどこが一番いいのか、食べ放題は行っているのか、などわからないことも多々。そこで今回は全国のイチゴ狩りスポットをまとめました。神奈川の長井海の手公園 ソレイユの丘や、津久井浜観光農園、愛知の南知多いちごの里、渥美観光丸武園、らんらんいちご園など盛りだくさん。もぎたてイチゴのフレッシュさをたっぷり味わってください!

特集トップへ 北海道・東北へ

  • よこやま農園

    よこやま農園

    豊かな自然が実る石狩市の北生振で、太陽の光をたくさん浴びて育った、甘くてビタミンCがたっぷりのいちごが味わえる。春から農薬を使わない「健康いちご」は真っ赤に色付き瑞々しい。小さい子どもの親子連れに特にオススメ。
    農園でとれたいちごで作った、自家製いちごソースも見逃せない。ソフトクリームやいちごサンデーと一緒にいただこう。
    [果物・収穫時期]いちご(6月~7月)
    開園時間:午前9時~午後5時
    入園料:大人(中学生以上) 800円、子供(3歳以上小学生まで) 500円
    お持ち帰り:400円/300グラム

    よこやま農園

    北海道石狩市北生振865番地1
    地図

    詳細情報

  • スノーベリーファーム(Snowberry Farm)

    スノーベリーファーム(Snowberry Farm)

    豊かな自然に囲まれた札幌市の豊滝に位置するスノーベリーファーム。新鮮な空気の下で自然を感じながら、甘くておいしいいちご狩りを楽しむことができる。新鮮な完熟いちごを使ったスイーツも大人気。いちごのロールケーキにいちごジャム、いちごアイスクリームやシフォンケーキなど、必食の逸品だ。
    また、他にサクランボ、モモ、プラム、ブドウ、ナシなどの果物の栽培も行っている。

    [果物・収穫時期]いちご(5月上旬~10月下旬)、さくらんぼ、もも、プラム、ぶどう、なし
    いちご食べ放題あり(60分間)
    大人(中学生以上)1,500円、小人(3歳以上)700円、幼児(3歳未満)無料

    スノーベリーファーム

    北海道札幌市南区豊滝130番地
    地図

    詳細情報

  • 塚本農園(ふるさとクラブ)

    塚本農園(ふるさとクラブ)

    有機・低農薬栽培にこだわった札幌近郊のイチゴ農園。北海道名産の「宝交早生(ほうこうわせ)」、「けんたろう」の2品種を食べ比べることができる。足元には汚れないようにシートが敷いてあるので、快適に摘み取り体験を楽しめる。摘み取ったいちごは新鮮なまま持ち帰ることができる。
    [果物・収穫時期]いちご(6月中旬~7月中旬頃)
    入園料:大人~小学生600円、こども(3歳以上)300円
    持ち帰り:120円/100グラム

    塚本農園

    北海道北広島市北の里332
    地図

    詳細情報

  • そうべつくだもの村

    そうべつくだもの村

    そうべつの農家たちが集まってできた観光農園の村、そうべつくだもの村。
    村内にはたくさんの農園があり、味覚狩りが楽しめる果物の種類も他とは段違い!いちご・さくらんぼ・プラム・もも・ぶどう・りんご・なしなどと、いっぱい。枚挙にいとまがない!
    農園によってはとれたて果実のフレッシュジュースがいただけたりするのも魅力的。
    [果物・収穫時期]いちご(6月上旬~7月上旬)・さくらんぼ(7月)・ぶどう(9月上旬~10月中旬)・りんご(9月中旬~10月中旬)

    そうべつくだもの村

    北海道有珠郡壮瞥町字滝之町
    地図

    詳細情報

特集トップへ 北海道・東北へ