青森 / イチゴ狩り2017

青森のイチゴ狩り情報。青森のイチゴ狩りを3件掲載。青森で人気のイチゴ狩りは「アグリの里おいらせ」「ベリーズ司園」「森の中の果樹園」

イチゴ狩りとは

イチゴ狩りは冬からゴールデンウィークまでの長い期間で楽しむことができます。東のとちおとめ、西のとよのか、静岡の章姫、べにほっぺ、福岡のあまおうなど品種も様々。自分の手でとったイチゴをその場で食べられるのがイチゴ狩りの醍醐味です。ただ、たくさんイチゴ狩りスポットがあってどこが一番いいのか、食べ放題は行っているのか、などわからないことも多々。そこで今回は全国のイチゴ狩りスポットをまとめました。神奈川の長井海の手公園 ソレイユの丘や、津久井浜観光農園、愛知の南知多いちごの里、渥美観光丸武園、らんらんいちご園など盛りだくさん。もぎたてイチゴのフレッシュさをたっぷり味わってください!

特集トップへ 北海道・東北へ

  • アグリの里おいらせ

    アグリの里おいらせ

    南国フルーツなど、様々な作物の直売も行う観光農園。天然温泉が湧き、足湯で温まることも出来る。
    他ではなかなかお目にかかれないドラゴンフルーツやアップルマンゴーなど約30種類の熱帯果物を育てるハウスや、夏イチゴと冬イチゴの両方を栽培しているため1年中イチゴ狩りが楽しめるイチゴ農園など、見どころがたくさん。
    また、農園で取れた果物を新鮮なまま味わえる「農園れすとらん百果良彩」も魅力のひとつだ。

    [果物・収穫時期]
    いちご(一年中)
    いちご食べ放題あり。
    中学生以上 1,500円、3歳以上 1,000円、2歳まで 無料

    アグリの里おいらせ

    青森県上北郡おいらせ町向山2-1684
    地図

    詳細情報

  • ベリーズ司園(つかさ園)

    ベリーズ司園(つかさ園)

    名久井岳のふもと、青森県南部町は果物の名産地。そこに位置するベリーズ司園は、手間のかかる有機栽培にこだわりあまく美味しく瑞々しいさくらんぼといちごを育てている。
    食べ放題を実施しているが、時間はなんと、たっぷり一時間!心行くまで果物狩りを楽しめる。
    [果物・収穫時期]いちご、さくらんぼ
    入園料:大人(中学生以上)1500円、小学生(1年~6年)1000円、満3歳以上500円、3歳未満無 料
    持ち帰り:200円/100グラム

    ベリーズ司園

    青森県三戸郡南部町法光寺字水沢23
    地図

    詳細情報

  • 森の中の果樹園

    森の中の果樹園

    青森県は岩木山麓の豊かな自然の中で非常にたくさんの種類の果物たちが育てられている。森の中で太陽の光をいっぱいに浴びた果物は、いつも食べているものとは違った、じっくり熟成された味わい。
    全ての果物が食べ放題なので、食べたいだけ食べたいものを思う存分満喫できる。

    [作物・収穫時期]いちご(4月下旬~6月下旬)、さくらんぼ(6月中旬~7月中旬)、ハスカップ(6月中旬~7月上旬)、ラベンダー(6月下旬~7月中旬)、梅・杏(6月下旬~7月中旬)、グミ(7月上旬~7月中旬)、桑の実(7月上旬~7月中旬)、すぐり(7月上旬~7月下旬)、ラズベリー(7月上旬~7月下旬)、ブルーベリー(7月中旬~8月中旬)、プラム(7月下旬~8月下旬)、もも(8月上旬~9月中旬)、プルーン(8月中旬~9月下旬)、ぶどう(8月下旬~10月下旬)、なし(8月下旬~10月下旬)、あけび(9月中旬~10月上旬)、栗(9月中旬~10月上旬)、クルミ(10月上旬~10月中旬)、マルメロ(10月上旬~10月下旬)、柿(10月中旬~10月下旬)
    4月下旬~5月下旬:40分制、要予約、大人1500円、小学生1000円、幼児700円
    6月上旬~6月下旬:無制限、予約不要(団体は要予約)、大人1200円、小学生800円、幼児500円

    森の中の果樹園

    青森県弘前市大字十面沢字轡426
    地図

    詳細情報

特集トップへ 北海道・東北へ