東京 / アスレチック

東京のアスレチック情報。東京のアスレチックを6件掲載。東京で人気のアスレチックは「大島小松川公園」「汐入公園」「水元公園」「国営昭和記念公園」「平和の森公園」

アスレチックとは

アスレチック情報。山野や森林など自然の中で、コース途中にある丸太を渡ったり、ロープをよじ登って、子供はもちろん大人でも時間を忘れるほどの楽しさです。たっぷり楽しめる本格的なアスレチックがある施設をご紹介します。

特集トップへ 関東へ

  • 汐入公園

    東京都荒川区にある汐入公園。最寄り駅はJR常磐線・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレス 南千住駅。2つのタワーを中心にネットのトンネルや坂道、すべり台など様々なアスレチックがあり、遊びにくる子供たちで賑わう。また、公園内には水がたまらない噴水があり、夏場になるとそこで水遊びもできる。アスレチックの周辺には芝生が広がっていて、ピクニックを楽しむファミリーも多い。

    汐入公園

    東京都荒川区南千住8-13-1
    地図

    詳細情報

  • 水元公園

    小合溜に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園。小合溜から引いた大小の水路が園内を走り、水郷景観を作りだしている。園内には水遊びのできる人造のせせらぎや自然をかいまみることができるバードサンクチュアリー、約100品種20万本の花菖蒲が咲き誇るはなしょうぶ園などがあり、自然を体全体で感じ取ることができる。アスレチック・遊具類はローラースライダーや、ターザンロープなどがあり、子供たちが元気に遊んでいる。

    水元公園

    東京都葛飾区水元公園3-2
    地図

    詳細情報

  • 総合レクリエーション公園

    総合レクリエーション公園

    さまざまなタイプの公園が並んでいる総合レクリエーション公園。端から端までおよそ3キロメートルという広大さを持つ。レクリエーション公園内にある富士公園のアスレチックや遊具は、幼稚園児の小さな子供でも楽しめる。親水公園にはジャブジャブ池や噴水があり、プールガーデンにはその名の通りプールがあるので夏場に楽しく遊べる公園としてもぴったり。

    総合レクリエーション公園

    東京都江戸川区西葛西6丁目11番 から南葛西7丁目3番
    地図

    詳細情報

  • 平和の森公園

    大田区内最大級の公園。園内には、区内の貴重な文化財や史跡を模したフィールドアスレチックコース、テニスコート(4面)、弓道場、アーチェリー場等(有料)のスポーツ施設がある。フィールドアスレチックは全45種目からなるかなり本格的なものである。

    平和の森公園

    東京都大田区平和の森公園2-1
    地図

    詳細情報

  • 大島小松川公園(小松川千本桜堤)

    大島小松川公園(小松川千本桜堤)

    東京都江東区にある「大島小松川公園」。最寄り駅は都営地下鉄新宿線 東大島駅。園内には芝生が広がり、和やかな雰囲気があり気持ちがいい。アスレチックは大型で、真っ白な塗装もさながら、大きなローラーすべり台が目を引く。対象が幼稚園児以下の簡単なアスレチックもあるので、小さなお子様連れのファミリーも多い。アスレチックの周辺にはウッドチップが敷き詰められているので、怪我等にも比較的安心できる。

    大島小松川公園

    東京都江東区大島9-9
    地図

    詳細情報

  • 国営昭和記念公園

    国営昭和記念公園 Photo by tanigox

    東京都立川市にある「国営昭和記念公園」。JR中央線「立川駅」、JR青梅線「西立川駅」がアクセスしやすい。大きめのアスレチックや遊具があり、特に暖かい時期は元気に遊ぶ子供たちの声で賑わっている。なかでも、大きめのトランポリンの虹のハンモックが人気。そのほかにも上ると見晴らしがいいピラミッドや、大きな口が特徴のドラゴンの砂山というようなユニークな遊具がたくさん。

    国営昭和記念公園

    東京都立川市緑町3173
    地図

    詳細情報

特集トップへ 関東へ