とんかつの名店

とんかつの名店ガイド。ジューシーな豚肉をサクサクの衣で包み込んだとんかつは、洋と和が融合した豚肉料理の王様。定番のソース味のとんかつだけではなく、銘柄豚を塩で食べる上品なとんかつも。本当に美味しいとんかつはたっぷり食べても胃もたれ知らず。美味しいとんかつが食べられるお店をご紹介します。

東京の美味しいとんかつガイド

大阪の美味しいとんかつガイド

人気のスポット

  • とんき 目黒店

    とんき 目黒店 Photo by kanamatch

    昔からの味を守り続ける、目黒の老舗とんかつ専門店「とんき」。創業は昭和14年。70年以上の歴史をもつ老舗中の老舗とあり、幅広い年代に熱烈なファンを持つ人気店である。とんきのとんかつは、衣が非常に特徴的。さくさくとしたパン粉の食感は全くなく、竜田揚げのようにカリっとクリスピーに揚げられている。ジューシーで弾力のある豚肉がその衣に包みこまれて、一切れ一切れしっかりとした食べ応えがある。キャベツと白ご飯は何度でもお替り自由、豚汁は1回までお替り可というサービスもうれしい。

    とんき 目黒店

    東京都目黒区下目黒1-1-2
    地図

    詳細情報

  • 丸五

    丸五 Photo by masayokuma

    秋葉原の「丸五」は、老舗高級とんかつ専門店である「かつ吉」出身の店主が腕を振るうとんかつ店。一番人気は大きな俵型に成型されたひれかつ。厚さ上は4㎝位程、中央がほんのりピンク色で、ジューシーな肉汁がたっぷり。脂の甘みと香りが良く柔らかい肉質なので、するすると食べられる。

    丸五

    東京都千代田区外神田1-8-14
    地図

    詳細情報

  • とんかつ やまいち

    とんかつ やまいち Photo by naniwareman

    淡路町にある「とんかつ やまいち」は、美味しさのひみつの一つに、ほんのりと香る胡麻油の風味にある。綿実油をベースに胡麻油も少々加えた揚げ油を使うことで、豚の脂の持つクセをほどよく抑えている。そのからりと揚げられた衣と肉の一体感がシンプルに美味しく、丁寧な仕事を感じられる一皿だ。カウンターには卓上にはソースの他、二種類の醤油、岩塩、柚子胡椒、おろしポン酢、七味などの調味料が置いてあり、自由に味をカスタマイズできる懐の深さも。まっさらでスタンダードな味わいを堪能したら、思い思いの味付けを楽しんでみよう。

    とんかつ やまいち

    東京都千代田区神田須田町1-8-4 玉井ビル
    地図

    詳細情報

  • とんかつ丸一

    とんかつ丸一 Photo by YiYioooo

    蒲田にある「とんかつ丸一」。豚肉は林SPF豚を使用。衣は高温の油で揚げるので、濃い目のキツネ色が特徴。 定番の人気を誇るロースカツ定食は、最厚部で2cmほどの極厚カット。肉の芯はピンク色でレアに近い。みっちりとした食感と大きさが相まって食べ応えたっぷり。また、脂ではなく、いわゆる“肉汁”が、噛むごとにジワッとあふれ出し、肉本来の味わいがストレートに直撃する。

    とんかつ丸一

    東京都大田区蒲田5-28-12
    地図

    詳細情報

  • 成蔵

    成蔵 Photo by exrequest

    高田馬場にある「成蔵」。店主自らが厳選したという霧降高原豚を使用。肉自体の脂の上品な甘さ特徴。その霜降高原豚のポテンシャルを最大限に感じられるメニューが「降高原豚 シャ豚ブリアン」。ヒレ肉の中でも特に柔らかい部分、牛肉でいう「シャトーブリアン」と呼ばれる部位を贅沢に厚切りにし、低温で時間をかけてゆっくり揚げる。ふっくらとした肉質で歯触りも柔らかく、臭みは一切なし。岩塩で食べることによって、肉の味そのものをダイレクトに感じられる。

    成蔵

    東京都新宿区高田馬場1-32-11 小澤ビル地下1F
    地図

    詳細情報

  • あげづき

    神楽坂にある「あげづき」は、農林大臣賞受賞・日本一のブランド豚と紹介された「南の島豚」を使用したとんかつが食べられるお店。宮崎県永田種豚肉場の永田さん夫妻が丹念に飼育している「南の島豚」は、肉質は旨みが豊富できめ細かくジューシー。脂身は融点が低くさらりとしていて、しつこさがまったくない。また、日本酒の品ぞろえにもこだわりがあり、とんかつと燗酒のマリアージュを提案してくれる。店内はオシャレな小料理屋を思わせる雰囲気なので、お酒とともにゆったりと過ごすのもいいだろう。

    あげづき

    東京都新宿区神楽坂3-2 山ノ内ビルB1F
    地図

    詳細情報

  • とん太

    とん太 Photo by takoyaki_spoon

    高田馬場にある「とん太」のとんかつは、まずは何もつけずに食べることをすすめられる。じっくりと低温で揚げられたとんかつは肉質が柔らかくジューシー、その旨味をじっくりと感じるために、まずはそのままで一切れ。そのあとは、塩で、黒コショーで、ソースで、自家製のソースに摺り立ての胡麻を絡めて…など好みの味付けで楽しもう。すり鉢に入った煎りゴマを自分で摺りながらとんかつの揚げ上がりを待つ時間もまた一興。ゴマの芳ばしい香りで食欲がくすぐられる。

    とん太

    東京都豊島区高田3-17-8
    地図

    詳細情報

  • 丸山吉平

    丸山吉平 Photo by naniwareman

    浅草橋「丸山吉平」は、レアとんかつで有名な蒲田「とんかつ 檍(あおき)」から暖簾分けしたお店。肉は林SPFというブランド豚を使用し、カウンターには3種類の塩、甘口ソース、醤油があり好みの味付けでいただける。シンプルに塩で豚肉本来の旨味を堪能するのもいいが、とんかつの皿に添えられてくる山葵をのせて、醤油でいただくのもオススメ。厚切りのステーキを山葵醤油でいただくように、ツンとした山葵の辛みで脂がさっぱりと感じられ、上品な風味がひろがる。

    丸山吉平

    東京都台東区浅草橋5-20-8 CSタワー107 1F
    地図

    詳細情報

  • とんかつ マンジェ

    大阪八尾市にあるとんかつの名店「とんかつマンジェ」。まず、とんかつ店だというのにそのメニューのバリエーションの多さに目を見張る。ヘレ・ロースのとんかつはもちろん、ヒレ肉にフォアグラはさんで揚げた「フォアグラとんかつ」、特大有頭エビフライにカニクリームコロッケ、ポークジンジャーなど。元ホテル出身というシェフがその技術と発想ををあますことなく発揮している。定番の「上ロースとんかつ」は衣はサクサク、中はピンク色でジューシーなレアとんかつ。TOKYO-X、日向もち豚などの銘柄豚を使ったとんかつも楽しめる。

    とんかつ マンジェ

    大阪府八尾市陽光園2-3-22
    地図

    詳細情報

  • とんかつ 檍(あおき)

    とんかつ 檍(あおき) Photo by cheapmeal

    蒲田にあるとんかつ「檍(あおき)」。こちらのとんかつの最大の魅力は“レアとんかつ”であること。林SPFというブランド豚を使用し、レアで仕上げたビーフステーキを彷彿とさせる赤みと噛んだときの柔らかさは、なかなか他では出会えない。レアとんかつはソースよりも塩で上品にいただくことで、肉の味がよりダイレクトに伝わる。カウンターにはヒマラヤ岩塩やインカ天日塩、モンゴル岩塩などの産地や製法の異なる岩塩が7~8種類並ぶ。塩によって変化する旨味の食べ比べも面白い。

    とんかつ 檍

    東京都大田区蒲田5-43-7 ロイヤルハイツ蒲田102
    地図

    詳細情報

  • もち豚とんかつ たいよう

    もち豚とんかつ たいよう Photo by kazuyoon

    武蔵小山Palm商店街にある「もち豚とんかつ たいよう」。東京で人気のとんかつ店は軒並み“レアとんかつ”で台頭しているが、たいようのとんかつはしっかり揚げの王道タイプ。香ばしいキツネ色の衣はからりと揚げられておりサクサクの食感。一口頬張ると、もっちりとした肉の弾力が感じられ、溢れだす肉汁。スタンダードで力強く、そしてどこかなつかしいとんかつに出会える。

    もち豚とんかつ たいよう

    東京都品川区小山3-22-7 メゾンいずみ 112
    地図

    詳細情報

  • とんかつ燕楽

    とんかつ燕楽 Photo by kihiroro

    大田区池上にある「燕楽」。肉は山形県平田牧場の三元豚。まるで牛肉のような細かいサシが入ったこの豚肉は、柔らかな食感が特徴で、噛んだ瞬間に口の中に肉の旨味が広がる。ロースの厚さは約3センチとボリュームがあり食べ応え満点。 肉質だけではなく他の食材にこだわっており、揚げ油となるラードは、背脂では無く腸間膜という貴重な部位から絞り出したものを使用している。また、定食についてくる小鉢のポテトサラダも隠れた名脇役。自家製のマヨネーズで和えたシンプルなポテトサラダはしみじみが美味しい。

    とんかつ燕楽

    東京都大田区池上6-1-4
    地図

    詳細情報

  • とんかつ ひろ喜

    とんかつ ひろ喜 Photo by mmiikkiimm

    東大阪市の住宅街の真ん中にぽつんと現れる「とんかつ ひろ喜」。店名に「とんかつ」とあるが、メニューを見るとオムライス、エビフライ、クリームコロッケ、ハンバーグなどが並ぶ洋食店。豚肉は鹿児島産の「茶美豚(チャーミートン)」を使用。サクサクの衣をまとったとんかつは、洋食店らしく濃厚なデミグラスソースがたっぷりかかって登場。また、定食類はほとんどが800円前後とリーズナブルでお腹いっぱい食べられる。身がぷりっぷりの大きな有頭エビをからりと揚げたエビフライ、チーズ風味のぽってりとしたクリームが濃厚なクリームコロッケ、ヒレカツが盛り合わせになったハーフMix定食が人気。とんかつひろ喜の洋食の底力が味わえるボリュームたっぷりの一皿だ。

    とんかつ ひろ喜

    大阪府東大阪市稲田本町3-20-11
    地図

    詳細情報

  • たわら

    たわら Photo by nagoemon

    大阪天王寺にあるとんかつ店「たわら」。とんかつの質の良さと惣菜バイキングが人気のお店。ランチタイムには野菜中心のお総菜が10種類ほどあり、一回だけ「総菜バイキング」として好きなものを好きなだけ盛れるシステム。野菜も肉もバランス良く摂れるため、女性ファンも多い。静岡産のもち豚は豚肉特有の臭みがまったくなく、口にしたときに広がる脂の甘さが特徴。肉厚なとんかつには、添えられたゴマをまぶした塩か、もしくは卓上の自家製ソースでいただく。ソースには白ワインを使ったさっぱりとした酸味が特徴で、とんかつの油っぽさを中和してくれる。

    たわら

    大阪府大阪市天王寺区細工谷1-10-10
    地図

    詳細情報

  • 涿屋

    大阪東梅田にある「たくや」は創作豚料理が自慢のお店。“変作豚活料理”と自称する料理の中でもひときわ目を惹くのが「真っ黒いとんかつ」。イカスミを練り込んだ自家製パンをパン粉にして使用。黒い衣に包まれた豚肉は肉汁が溢れるくらい柔らかくジューシー。さっくりとした衣は極薄で、肉本来の旨味を堪能できる。 また、酒の肴にぴったりの一品料理は盛り付けも美しい。こだわりの焼酎、泡盛、日本酒にワインなど、お酒の種類も豊富に取り揃えている。

    涿屋

    大阪府大阪市北区曽根崎2-5-37
    地図

    詳細情報

  • ひれとんかつの店 とん文

    創業は昭和37年、昭和の香り漂う佇まいの老舗とんかつ店「とん文」。昔から変わらず受け継いでいるのは、とにかく「手作り」へのこだわり。自家製の生パン粉や20日間以上煮込み続けるデミグラスソースをはじめとして、マヨネーズ、タルタルソース、ドレッシング、ステーキのソース、ポタージュスープなど、全て手間を惜しまずに丁寧に作られている。自家製のデミグラスソースがたっぷりかかった「ひれとんかつ」が目玉メニュー。酸味が少なくフルーティーなソースは、あっさりとした風味なので毎日でも食べたくなると評判。

    ひれとんかつの店 とん文

    大阪府東大阪市小阪1丁目9-1-122 近鉄ビル1号館東面1F
    地図

    詳細情報

  • とんかつのますいや

    とんかつのますいや Photo by mitv5xqu

    大阪今福鶴見にある「とんかつのますいや」は、住宅街にひっそりと佇む知る人ぞ知る名店。ますいやのとんかつは、とにかく豚肉自体の美味しさが素晴らしい。ロースカツは、鹿児島の大地ですくすく育ち、上質な赤みとクセのない脂が特徴である茶美豚(チャーミートン)を使用。身がぎゅっとつまりながら柔らかく脂身が甘く、それでいてあっさりとした味わい。また、とんかつに添えられる香りがよくフルーティーな自家製ソースもしっかり味わいたい。

    とんかつのますいや

    大阪府大阪市城東区今福東3-3-23
    地図

    詳細情報

  • とんかつ 真

    大阪西天満にある「とんかつ真(まさ)」。豚肉は信州SPF豚を使用。ジューシーで旨味たっぷりの信州SPF豚を最大限に生かすため、パン粉の衣はごく薄めに。まずはアルプス岩塩でいただき、肉そのものの味をじっくり味わうのがおすすめ。肉厚なとんかつの断面を見ると、ほんのりピンク色が残る「レアとんかつ」仕上げ。一口噛めば肉汁が溢れ出す。「上ヒレかつ大」は、棒状のヒレが形そのままに揚げられて登場するという、迫力とボリュームが満点の人気メニュー。

    とんかつ 真

    大阪府大阪市北区西天満3-8-18
    地図

    詳細情報

  • 喜多呂

    喜多呂 Photo by ganm0916

    大阪、天神橋筋六丁目の近くにあるとんかつ屋「喜多呂」。どのメニューも肉の下調理がしっかりしているために、筋張ったところもなく、肉の旨みが堪能できる。ヒレカツはちょっとレア気味の仕上がり、頬張ると肉の中から肉汁が溢れてくる。また、卵でとじないタイプのソースかつ丼もこちらの名物。揚げたてのとんかつを自家製のさらりとしたソースにくぐらせて、ほかほかのご飯にオン。大阪では珍しいスタイルのソースかつ丼も定番の人気。

    喜多呂

    大阪府大阪市北区本庄東2-15-4
    地図

    詳細情報

  • とん亭

    大阪寺田町にある「とん亭」は昔ながらの洋食店といった佇まいのとんかつ店。ファンシーな豚のイラスト付きの看板が目印。ロースカツ、ヘレカツなどのメニューと同じ並びにカニコロッケ、イカフライ、エビフライ、カキフライ(季節限定)などの洋食フライメニューも。人気のミックス定食はヘレカツかロースカツをメインに海鮮フライが2品選べるもの。どのメニューもボリューム満点でおなかいっぱい食べられる。定食についてくる赤だしも隠れた名脇役。豚の脂の甘味が効いた、とろみの濃厚な赤だしはここでしか味わえない。



    とん亭

    大阪府大阪市天王寺区大道4-1-2
    地図

    詳細情報