仙台・宮城 / 菖蒲の名所・見頃2018

仙台・宮城の菖蒲の名所・見頃情報。仙台・宮城の菖蒲の名所・見頃を5件掲載。仙台・宮城で人気の菖蒲の名所・見頃は「花菖蒲の郷公園」「一迫山王史跡公園」「輪王寺」「多賀城跡」「牧山花菖蒲苑」

菖蒲の名所・見頃とは

菖蒲(しょうぶ)の名所と見頃をご紹介します。北海道・東北の菖蒲の名所情報。毎年初夏から梅雨入りにかけて見頃を迎える菖蒲。紫や白などしっとりとした雅な色どりが多く、見頃の季節がら雨が多い日々にもよく映えます。菖蒲の時期に合わせて菖蒲園ではおまつりを開催するところもあります。全国の菖蒲の名所をご紹介します。八紘学園花菖蒲園・長井あやめ公園・明治神宮・皇居東御苑・水元公園・染谷花しょうぶ園・小石川後楽園・東慶寺・大池公園・加茂花菖蒲園・梅宮大社・白鷺公園・太宰府天満宮など。

特集トップへ 北海道・東北へ

  • 一迫山王史跡公園

    広さは13,000平方メートルもあり、アヤメやカキツバタ、ハナショウブなどを植栽している一迫山王史跡公園。ハナショウブが最も多く、約300品種22万株が植えられている。毎年6月中旬から7月上旬ころに「あやめまつり」が開催され、園内は県内外から訪れた観光客で賑わう。祭りの期間中は、園内で「みちのく鹿踊大会」や「神楽大会」など、たくさんのイベントが行われる。

    一迫山王史跡公園

    宮城県栗原市一迫真坂字山王、字道満及び字清水田川地内
    地図

    詳細情報

  • 花菖蒲の郷公園

    花菖蒲の郷公園は、約5ヘクタールにもおよぶ回遊式大庭園。幻の花と言われる「花且美(はなかつみ)」など、300種、80万本もの花菖蒲が咲き乱れる。また日本庭園や現代彫刻も配置され、一を通して楽しむことができる。6月中旬~7月上旬にはみなみかた花菖蒲まつりが開催される。

    花菖蒲の郷公園

    宮城県登米市南方町翌沢70
    地図

    詳細情報

  • 牧山花菖蒲苑

    石巻駅の東方2kmにある丘陵地、牧山市民の森。山頂までの道のりに、約300種3000株もの花菖蒲園が咲き渡っており、山頂付近の栄存神社や古刹梅渓寺、老杉をバックに厳かな景観を作り出している。開花期の6月下~7月上旬には、あやめ祭りが行なわれる。

    牧山花菖蒲苑

    宮城県石巻市湊字牧山
    地図

    詳細情報

  • 多賀城跡

    奈良県の平城宮跡、福岡県の太宰府跡とともに日本三大史跡に数えられている多賀城跡。初夏にはアヤメ、ハナショウブ等、250種200万本が花開き、一面に白や紫、青や水色の景色が広がる。6月下旬のあやめ祭りでは屋台なども出店しており、地元一帯で菖蒲の開花を盛り上げる。

    多賀城跡

    宮城県多賀城市市川字城前
    地図

    詳細情報

  • 輪王寺

    輪王寺は、伊達持宗によって祖母の弔いの為に創建された。七堂伽藍のすべてが整った庭園は、仙台市内で最も美しい庭園とも言われる名園となった。春から初夏にかけてツツジ、カキツバタ、サツキ、ハナショウブが咲き誇る。中でも6月末から7月初めに池の周囲に植えられているハナショウブが、新しく建立された三重塔を背景に咲き誇る光景は最高。

    輪王寺

    宮城県仙台市青葉区北山1−14−1
    地図

    詳細情報

特集トップへ 北海道・東北へ