ヴィアあべのウォーク(ViaあべのWalk)のレストラン/ランチ/口コミ

ヴィアあべのウォーク(ViaあべのWalk)

阿倍野再開発により誕生するあべのキューズタウン内に、「味」があり、「粋」な店と人が活躍する場が生まれます。地元になじみのお店と、新たに営業を始めるお店、全66店舗が2011年4月1日より順次オープンします。

ヴィアあべのウォーク公式サイト:http://viaabenowalk.jp/

ヴィアあべのウォークへ行った人

ヴィアあべのウォークの関連ブログ記事

  • [ディナー] 中華そば専門店 天下一品 天王寺店

    2016-10-01 20:30:00 by かんさいごはんマップ。

    今日は年に1度のお楽しみ、天一まつりでした。無料券がもらえます!!いただいたのは、チャーハン定食です。ラーメンはこってりで、普通麺にしました。チャーハンもおいしかったです☆きょうもごちそうさまでした☆--------------------------------------------------------------○店名: 中華そば専門店 天下一品 ...

  • ちゃんぽん亭総本家 阿倍野店@大阪市阿倍野区阿倍野筋 ヴィアあべのウォーク地下1階

    2016-08-16 22:09:18 by 求夢洞

    ちゃんぽん亭総本家 阿倍野店を訪れました。 大阪市阿倍野区阿倍野筋 ヴィアあべのウォーク地下1階にある、白い暖簾が目印の近江ちゃんぽん、ラーメンのお店です。 ファミリーレストラン風の広々として清潔な店内。 メニューに、 ちゃんぽん亭総本家は昭和三十八年に彦根で開業した「麺類をかべ」という小さな大衆食堂が原点です。 美味しく健康的な一杯を… そんな想いから黄金...

  • 大阪・阿倍野「グリルマルヨシ」で名物ロールキャベツをいただきます

    2016-05-10 21:52:48 by 江戸っ子嫁と浪速のおたく旦那の日本橋生活

    GWに急遽大阪へ里帰りすることになり、その用事の合間に食べ歩きもしてきました~ まずは夕食でいただいた洋食屋さんを紹介です 「グリルマルヨシ」  ヴィアあべのウォーク内にある、創業70年の老舗洋食屋さんです。 旦那さんによると昔、ここはアーケード商店街だったそうです。 ちょっとこのヴィアあべのウォークを歩いたら、昔ながらの飲み屋さんとか飲食店が並んでいま...

  • ホテルトラスティ大阪阿倍野

    2016-05-04 11:52:28 by タカシのB級グルメ日記

    最近、主流になってきたデュベスタイルのベッドメイキングに嵌ってます。 軽くて薄い羽毛布団の感触が堪りません。 「タカシの宿場放浪記」みたいになってますが…… そんな次第で今回前泊したのはアベノキューズモール近くにある此方。 地理不案内な都会での宿選びは、一に交通の便、二に安全性(周辺の治安含む) 三に料金設定といったところでしょうか。地下鉄御堂筋駅や、向か...

  • 大阪でまたまた呑む その7(終)(魚屋スタンドふじ・明治屋・赤垣屋) 

    2016-05-02 05:10:00 by 呑みと噺と

    いよいよ大阪を離れる日です。 ここからお読みの方がおられたら、その1から見ていただければ幸いです。 その1:http://blogs.yahoo.co.jp/kkwrw878/35862027.html その2:http://blogs.yahoo.co.jp/kkwrw878/35864302.html その3:http://blogs.yahoo.co....

  • 大阪でまたまた呑む その6(明治屋・稲田酒店・堀内酒店・多聞酒蔵)

    2016-05-01 05:10:00 by 呑みと噺と

    さて、大阪3泊4日の3日目です。4月27日。 もう少しお付き合いください。 新大阪の宿泊先メルパルクの近くにスタバがあったので、ここで小休止のスタート。広々として気持ちいいです。 そこから御堂筋線でまたも天王寺(阿倍野)。 ここを何度も訪れるのです。 [明治屋] 伺ったときは、開店5分ほど前かな。 まだのれんが出ていません。 そこからドイツ人とのハーフのよう...

  • 大阪でまたまた呑む その1

    2016-04-26 05:10:00 by 呑みと噺と

    昨年の11月、母が逝った。 しかし、その地は亡くなった姉がいたから、の小豆島であり、そこに墓はない。父親が亡くなったとき姉は大阪の一心寺に納骨した。ここは遺骨を使って仏像を作る、そういうお寺である。 とすると、母もまた、そうすべきであろうか。いや、もはや誰とも相談できないし、そうするしかない。母親の意識があったとき、その相談は受けていないのだ。 ならば、四十...

30min.とは? ブログの登録はこちら(無料) お店の登録はこちら(無料)