鈴木大輔 肋兵器 文句の付けようがないラブコメ

文句の付けようがないラブコメ 6 [ 鈴木 大輔 ]

ダッシュエックス文庫 鈴木 大輔 肋兵器 集英社ジャンプ 電撃 MF GA ガガガ 富士見 スニーカー お兄ちゃんだけど愛さえ お 発行年月:2016年11月25日 予約締切日:2016年11月21日 ページ数:260p サイズ:文庫 ISBN:9784086311540 本 人文・思想・社会 文学 その他 ライトノベル 少年 集英社スーパーダッシュ文庫

文句の付けようがないラブコメ (ダッシュエックス文庫) [文庫] [Nov 21, 2014] 鈴木 大輔; 肋兵器【中古】

《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。

【中古】 文句の付けようがないラブコメ ダッシュエックス文庫/鈴木大輔(著者),肋兵器(その他) 【中古】afb

鈴木大輔(著者),肋兵器(その他)販売会社/発売会社:集英社発売年月日:2014/11/21JAN:9784086310048

【中古】 文句の付けようがないラブコメ(2) ダッシュエックス文庫/鈴木大輔(著者),肋兵器(その他) 【中古】afb

鈴木大輔(著者),肋兵器(その他)販売会社/発売会社:集英社/ 発売年月日:2015/02/01JAN:9784086310284

【在庫あり/即出荷可】【新品】文句の付けようがないラブコメ (1巻 最新刊)

作者 : 鈴木大輔/肋兵器出版社 : 集英社版型 : B6版最終巻発売日 : 2016年11月18日あらすじ : “千年を生きる神”神鳴沢セカイの下に生贄として捧げられた桐島ユウキ。生贄となる対価としてひとつだけ願いを叶えてやると言われた彼はこう言い放った。「神鳴沢セカイさん。俺と結婚してください」 神とその生贄をめぐる、奇妙な愛の喜劇が幕を開ける──。文句の付けようがないラブコメなら、漫画・コミック全巻大人買い専門書店の漫画全巻ドットコム

文句の付けようがないラブコメ ダッシュエックス文庫 / 鈴木大輔 【文庫】

基本情報ジャンル文芸フォーマット文庫出版社集英社発売日2014年11月ISBN9784086310048発売国日本サイズ・ページ253p 15cm(A6)関連キーワード スズキダイスケ 肋兵器 1 9784086310048 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について内容詳細 圧倒的大反響!ラノベ史上もっとも”泣ける”不条理ラブコメ。どこまでも純粋で歪な愛の喜劇は、神とその生贄として捧げられた少年の出会いから始まる——。ここからは物語の冒頭を一部公開!! 「初めまして。わたしが神だ」 葉巻をくゆらせながらその少女は言った。 膝に乗せた本へ視線を落としたまま。桐島ユウキには目もくれずに。「名を神鳴沢セカイという」 くちびるから紫煙を吐き、少女は本のページをめくる。「知ってのとおり、今日から貴殿はわたしのものだ」 美しい少女だった。 それも現実離れして美しい。 銀色の髪に赤い瞳。纏っているのは超然たる空気。 これが桐島ユウキの”神”。 世界でただひとり、千年にもわたって世界を救い続けているという人外の存在。桐島ユウキがこれから生け贄として捧げられる相手。

【新品】【本】文句の付けようがないラブコメ 3 鈴木大輔/〔著〕

■ISBN:9784086310468★日時指定・銀行振込をお受けできない商品になりますタイトル【新品】【本】文句の付けようがないラブコメ 3 鈴木 大輔 肋兵器 イラストフリガナモンク ノ ツケヨウ ガ ナイ ラブコメ 3 ブンコ発売日201505出版社集英社ISBN9784086310468著者名鈴木 大輔 肋兵器 イラスト

文句の付けようがないラブコメ ダッシュエックス文庫 / 鈴木大輔 【文庫】

基本情報ジャンル文芸フォーマット文庫出版社集英社発売日2014年11月ISBN9784086310048発売国日本サイズ・ページ253p 15cm(A6)関連キーワードスズキダイスケ 肋兵器 1 9784086310048 ご注文の前に必ずご確認をお願いします。 在庫情報 「在庫あり」商品は通常当日〜翌日までに出荷します。「お取り寄せ」商品も掲載しています。出荷日の目安は左のリンクよりご確認ください。 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について内容詳細 圧倒的大反響!ラノベ史上もっとも”泣ける”不条理ラブコメ。どこまでも純粋で歪な愛の喜劇は、神とその生贄として捧げられた少年の出会いから始まる——。ここからは物語の冒頭を一部公開!! 「初めまして。わたしが神だ」 葉巻をくゆらせながらその少女は言った。 膝に乗せた本へ視線を落としたまま。桐島ユウキには目もくれずに。「名を神鳴沢セカイという」 くちびるから紫煙を吐き、少女は本のページをめくる。「知ってのとおり、今日から貴殿はわたしのものだ」 美しい少女だった。 それも現実離れして美しい。 銀色の髪に赤い瞳。