検察庁 著

【中古】検察庁法概論 (1948年)

「初版発行」1948「出版社」国立書院「著者」安平 政吉 (著)お手数ですが最後まで必ずお読みください。【商品説明・詳細について】 :::【ご注文について】一般のご注文以外に大学・公共機関のご注文も承ります。@中古品の為多少の劣化(しみ、やけ、やぶれ、よごれ)はご了承下さいませ。こちらの商品は他でも併売の為、品切れの際は速やかに返金します。*倉庫が遠方の為、在庫確認から配送開始に5日程度かかる場合がございます。"きちんと梱包して発送します。ご利用お待ちしております ...B000JBLT50

【中古】検察庁 (1974年) (教育社新書—行政機構シリーズ 16)

「初版発行」1974「出版社」教育社「著者」堂島 慧 (著)お手数ですが最後まで必ずお読みください。【商品説明・詳細について】 :::【ご注文について】一般のご注文以外に大学・公共機関のご注文も承ります。@中古品の為多少の劣化(しみ、やけ、やぶれ、よごれ)はご了承下さいませ。こちらの商品は他でも併売の為、品切れの際は速やかに返金します。*倉庫が遠方の為、在庫確認から配送開始に5日程度かかる場合がございます。"きちんと梱包して発送します。ご利用お待ちしております ...B000J9JGX4

検察庁における事務の管理の問題点 (1963年) (検察研究叢書〈38〉) [古書] by 小村 保秀【中古】

【商品説明・詳細について】 小村 保秀著、 法務総合研究所【ご注文について】領収書が必要な場合は注文時にお気軽にお申し付け下さい。一般のご注文以外に大学・公共機関のご注文も承ります。古書の為、経年並みの劣化はご了承下さいませ。こちらの商品は他でも併売の為、品切れの際は速やかに返金します。倉庫が遠方の為、在庫確認から配送開始に5日程度かかる場合がございます。きちんと梱包して発送します。ご利用お待ちしております ・・

【中古】検察庁における事務の管理の問題点 (1963年) (検察研究叢書〈38〉)

「初版発行」1963「出版社」法務総合研究所「著者」小村 保秀 (著)お手数ですが最後まで必ずお読みください。【商品説明・詳細について】 :::【ご注文について】一般のご注文以外に大学・公共機関のご注文も承ります。@中古品の為多少の劣化(しみ、やけ、やぶれ、よごれ)はご了承下さいませ。こちらの商品は他でも併売の為、品切れの際は速やかに返金します。*倉庫が遠方の為、在庫確認から配送開始に5日程度かかる場合がございます。"きちんと梱包して発送します。ご利用お待ちしております ...B000JAHTVO

【新品】【本】我が人生の調書 元副検事の検察庁顛末記 梅室圭三/著

■ISBN:9784885821721★日時指定をお受けできない商品になります商品情報商品名我が人生の調書 元副検事の検察庁顛末記 梅室圭三/著フリガナワガ ジンセイ ノ チヨウシヨ モト フクケンジ ノ ケンサツチヨウ テンマツキ著者名梅室圭三/著出版年月201007出版社冬至書房大きさ240P 19cm

我が人生の調書 元副検事の検察庁顛末記 (単行本・ムック) / 梅室 圭三 著

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>元副検事の追憶によみがえる激動の昭和。大事件で脚光を浴びる検事の陰で黙々と与えられた仕事に取り組む『副』と肩書のつく検察官の知られざる姿。

【中古】新版 検察庁法 逐条解説

商品の最終確認してからの配送となりますので、受注後商品の発送開始までに約5日程度かかる場合がございます。きちんと梱包して発送します。本文以外に目次などに捺印、記名などある場合があります。装丁、カバーは初版発行の商品と異なる場合があります。詳細について不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい。表記の発行年は初版発行年であり実際の商品は異なる場合があります。また、古書の為、経年並みの劣化(ヤケ、シミ、ハガシ跡、小ヤブレ等)はご了承下さいませ。その他、特に表記のない場合、カバー、箱等がついてない場合があります。倉庫より取り寄せし、こちらの商品は他でも併売の為、品切れの際は速やかに返金します。又、領収書が必要な場合はお気軽にお申し付け下さい。一般のご注文以外に大学・公共機関のご注文も承ります。なお弊社の過失が明白である場合を除き、返品は基本的にお受けいたしかねます。万が一返品の場合は弊社規定によるものとさせていただきます。ご利用お待ちしております

【中古】逐条解説検察庁法 (1981年)

「初版発行」1981-03「出版社」良書普及会「著者」伊藤 栄樹 (著)お手数ですが最後まで必ずお読みください。【商品説明・詳細について】 :::【ご注文について】一般のご注文以外に大学・公共機関のご注文も承ります。@中古品の為多少の劣化(しみ、やけ、やぶれ、よごれ)はご了承下さいませ。こちらの商品は他でも併売の為、品切れの際は速やかに返金します。*倉庫が遠方の為、在庫確認から配送開始に5日程度かかる場合がございます。"きちんと梱包して発送します。ご利用お待ちしております ...B000J7O5BO

送料無料/我が人生の調書 元副検事の検察庁顛末記/梅室圭三

著者梅室圭三(著)出版社冬至書房発行年月2010年07月ISBN9784885821721ページ数240P9784885821721内容紹介元副検事の追憶によみがえる激動の昭和。大事件で脚光を浴びる検事の陰で黙々と与えられた仕事に取り組む『副』と肩書のつく検察官の知られざる姿。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

我が人生の調書 元副検事の検察庁顛末記

梅室圭三/著本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名冬至書房出版年月2010年07月サイズ240P 19cmISBNコード9784885821721文芸 ≫ エッセイ [ エッセイその他 ]我が人生の調書 元副検事の検察庁顛末記ワガ ジンセイ ノ チヨウシヨ モト フクケンジ ノ ケンサツチヨウ テンマツキ※ページ内の情報は告知なく変更になることがあります。あらかじめご了承ください登録日2013/04/06

我が人生の調書 元副検事の検察庁顛末記/梅室圭三【2500円以上送料無料】

著者梅室圭三(著)出版社冬至書房発行年月2010年07月ISBN9784885821721ページ数240P9784885821721内容紹介元副検事の追憶によみがえる激動の昭和。大事件で脚光を浴びる検事の陰で黙々と与えられた仕事に取り組む『副』と肩書のつく検察官の知られざる姿。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

司法〈裁判所・検察庁・警察署〉の犯罪 元浦和地裁裁判官伊藤瑩子が「でたらめ・うそ」の判決文を書いた犯罪

中田栄次郎/著本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名満足出版出版年月2008年01月サイズ257P 20cmISBNコード9784434114359法律 ≫ 司法・訴訟法 [ 司法・訴訟その他 ]司法〈裁判所・検察庁・警察署〉の犯罪 元浦和地裁裁判官伊藤瑩子が「でたらめ・うそ」の判決文を書いた犯罪シホウ サイバンシヨ ケンサツチヨウ ケイサツシヨ ノ ハンザイ シホウ ノ ハンザイ モト ウラワ チサイ サイバンカン イトウ エイコ ガ デタラメ ウソ ノ ハンケツブン オ カイタ ハンザイ※ページ内の情報は告知なく変更になることがあります。あらかじめご了承ください登録日2013/04/09

送料無料/司法〈裁判所・検察庁・警察署〉の犯罪 元浦和地裁裁判官伊藤瑩子が「でたらめ・うそ」の判決文を書いた犯罪/中田栄次郎

著者中田栄次郎(著)出版社満足出版発行年月2008年01月ISBN9784434114359ページ数257P9784434114359内容紹介元浦和地裁裁判官伊藤瑩子が「でたらめ・うそ」の判決文を書いた犯罪。高裁・最高裁・検察庁・検察審査会の犯罪(でたらめ・嘘)を追求。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

司法〈裁判所・検察庁・警察署〉の犯罪 元浦和地裁裁判官伊藤瑩子が「でたらめ・うそ」の判決文を書いた犯罪/中田栄次郎【2500円以上送料無料】

著者中田栄次郎(著)出版社満足出版発行年月2008年01月ISBN9784434114359ページ数257P9784434114359内容紹介元浦和地裁裁判官伊藤瑩子が「でたらめ・うそ」の判決文を書いた犯罪。高裁・最高裁・検察庁・検察審査会の犯罪(でたらめ・嘘)を追求。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

「改定」暴対法 変貌するヤクザと警察 (単行本・ムック) / 田口宏睦/著 岡田基志/監修

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>「ヤクザ」「警察」そして「半グレ」…締めつけられるヤクザ、拡大し続ける警察。「市民に暴力団を排除させる」—これが暴対法暴排条例の本質だ。

検事失格 (新潮文庫)[本/雑誌] (文庫) / 市川寛/著

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>「ぶっ殺すぞ、お前!」。僕は、その日、無実の被疑者を恫喝した—。理想を抱き検察官の道に進んだ青年は、「割れ!」「立てろ!」という殺伐とした言葉が飛び交う職場を生き地獄と感じ、心身のバランスを崩してゆく。そして自らの弱さゆえ、冤罪をつくり出すという大罪を犯してしまった。元“暴言検事”の懺悔と告白。知られざる検察庁の闇を内側からえぐる衝撃のノンフィクション。<収録曲>第1章 検事への志第2章 「検事」への改造第3章 挫折第4章 束の間の復活第5章 大罪第6章 「暴言検事」の死第7章 償い<商品詳細>商品番号:NEOBK-1748095Ichikawa Hiroshi / Cho / Kenji Shikkaku (Shincho Bunko)メディア:本/雑誌発売日:2015/01JAN:9784101261911検事失格 (新潮文庫)[本/雑誌] (文庫) / 市川寛/著2015/01発売

前科登録と犯歴事務 (単行本・ムック) / 冨永康雄/著

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容><収録曲>第1編 解説(前科の意義前科の及ぼす影響と前科登録制度の趣旨検察庁における犯歴事務犯罪人名簿に基づく身分証明犯罪人名簿の閉鎖昭和天皇崩御に伴う恩赦事務)第2編 資料(犯歴事務概略図犯歴事務規程人の資格制限に関する法令一覧表)第3編 実例(犯罪人名簿附 禁治産者、準禁治産者名簿及び破産者名簿)第4編 付録(犯歴事務 23区初心者マニュアル犯歴事務 Q&A)<商品詳細>商品番号:NEOBK-1376098メディア:本/雑誌発売日:2012/10JAN:9784817840264前科登録と犯歴事務 (単行本・ムック) / 冨永康雄/著2012/10発売

性犯罪・児童虐待捜査ハンドブック[本/雑誌] (単行本・ムック) / 田中嘉寿子/著

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>著者は、女性検事として、男性を畏怖することが多い女性・子供の被害者の取調べを不可欠とする性犯罪事件を担当することが多く、被害者やその家族のトラウマ(精神的外傷)の深刻さに触れてきた。本書では、被害者に与える二次被害を最小限に留める配慮のある捜査・公判手続とは何かを模索することにより、暗数の多い性犯罪の立件、適正な捜査、処分、科刑そして被害者の回復の一助とした。

検察が危ない / ベスト新書 274 (新書) / 郷原 信郎 著

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>絶えることのない「政治とカネ」の騒動。小沢一郎氏をめぐる政治資金問題への検察捜査は「劣化」そのものであった。検察はいつからおかしくなったのだろうか。一九九二年、東京佐川急便事件・金丸五億円ヤミ献金の上申書による罰金二〇万円決着が国民の怒りを買う。そして、一人の男が検察庁の表札に黄色いペンキを投げつけた。検察が世論を意識し始めた瞬間である。起死回生の金丸脱税事件の後、検察の歪みは「ゼネコン汚職事件」で極端な形で表れる。著者自らが体験、目撃してきた検察の内実とは-。”孤高の狼”として検察を批判し続ける著者が、新たな時代の抜本的改革に向けて贈る強烈なメッセージ。

市民が明らかにした福島原発事故の真実 東電と国は何を隠ぺいしたか (彩流社ブックレット)[本/雑誌] / 海渡雄一/著 福島原発告訴団/監修

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>すでに2002年に、福島沖の巨大津波の可能性は公表され、対策が不可欠であるとされた。このことは、最高幹部をふくむ東電関係者は認識しており、07年、いったんは原発の津波対策をとることが決まっていた。それが一転08年7月に対策をとらないことが決まったために、3・11福島原発の大惨事が起きた。東電元幹部3名を強制起訴に追い込み、全国の原発再稼働差し止め訴訟を担当する著者が、東電が隠蔽してきた数々の不都合な真実をわかりやすく解説。裁かれるべき東電、原子力安全・保安院、原子力ムラに取り込まれた検察庁と政府事故調の暗躍を明らかにし、市民の正義を実現する意義を説く。

検事失格 (単行本・ムック) / 市川寛/著

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>検察の世界へ足を踏み入れた青年を待っていた”地獄”。良心が否応なくすり減らされていく日々の中、佐賀で、ある独自捜査事件の主任を命じられる。”許されぬ大罪”を犯した彼が出した、人間としての「答え」とはー元”暴言検事”が実名告白。検察庁の内部・教育体制を暴く、”冤罪加害者”による衝撃ノンフィクションが登場!刑事裁判有罪率99%の裏側。不当逮捕・違法捜査が生まれる理由がここに。<収録曲>第1章 検事への志第2章 「検事」への改造第3章 挫折第4章 束の間の復活第5章 大罪第6章 「暴言検事」の死第7章 償い<商品詳細>商品番号:NEOBK-1088888メディア:本/雑誌発売日:2012/02JAN:9784620321141検事失格 (単行本・ムック) / 市川寛/著2012/02発売

【中古】琉球検察沿革誌 (1970年)

「初版発行」1970-03「出版社」琉球政府「著者」琉球高等検察庁 (著)お手数ですが最後まで必ずお読みください。【商品説明・詳細について】 :::【ご注文について】一般のご注文以外に大学・公共機関のご注文も承ります。@中古品の為多少の劣化(しみ、やけ、やぶれ、よごれ)はご了承下さいませ。こちらの商品は他でも併売の為、品切れの際は速やかに返金します。*倉庫が遠方の為、在庫確認から配送開始に5日程度かかる場合がございます。"きちんと梱包して発送します。ご利用お待ちしております ...B000J8Q2UA

バビロン 2/野崎まど【2500円以上送料無料】

著者野崎まど(著)出版社講談社発行年月2016年07月ISBN9784062940313ページ数308P9784062940313内容紹介64人の同時飛び降り自殺—が、超都市構想“新域”の長・齋開化による、自死の権利を認める「自殺法」宣言直後に発生!暴走する齋の行方を追い、東京地検特捜部検事・正崎善を筆頭に、法務省・検察庁・警視庁をまたいだ、機密捜査班が組織される。人々に拡散し始める死への誘惑。鍵を握る“最悪の女”曲世愛がもたらす、さらなる絶望。自殺は罪か、それとも赦しなのか—。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

送料無料/バビロン 2/野崎まど

著者野崎まど(著)出版社講談社発行年月2016年07月ISBN9784062940313ページ数308P9784062940313内容紹介64人の同時飛び降り自殺—が、超都市構想“新域”の長・齋開化による、自死の権利を認める「自殺法」宣言直後に発生!暴走する齋の行方を追い、東京地検特捜部検事・正崎善を筆頭に、法務省・検察庁・警視庁をまたいだ、機密捜査班が組織される。人々に拡散し始める死への誘惑。鍵を握る“最悪の女”曲世愛がもたらす、さらなる絶望。自殺は罪か、それとも赦しなのか—。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

我が人生の調書 元副検事の検察庁顛末記

梅室圭三/著本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名冬至書房出版年月2010年07月サイズ240P 19cmISBNコード9784885821721文芸 ≫ エッセイ [ エッセイその他 ]商品説明我が人生の調書 元副検事の検察庁顛末記ワガ ジンセイ ノ チヨウシヨ モト フクケンジ ノ ケンサツチヨウ テンマツキ※ページ内の情報は告知なく変更になることがあります。あらかじめご了承ください登録日2013/04/06

司法〈裁判所・検察庁・警察署〉の犯罪 元浦和地裁裁判官伊藤瑩子が「でたらめ・うそ」の判決文を書いた犯罪

中田栄次郎/著本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名満足出版出版年月2008年01月サイズ257P 20cmISBNコード9784434114359法律 ≫ 司法・訴訟法 [ 司法・訴訟その他 ]商品説明司法〈裁判所・検察庁・警察署〉の犯罪 元浦和地裁裁判官伊藤瑩子が「でたらめ・うそ」の判決文を書いた犯罪シホウ サイバンシヨ ケンサツチヨウ ケイサツシヨ ノ ハンザイ シホウ ノ ハンザイ モト ウラワ チサイ サイバンカン イトウ エイコ ガ デタラメ ウソ ノ ハンケツブン オ カイタ ハンザイ※ページ内の情報は告知なく変更になることがあります。あらかじめご了承ください登録日2013/04/09

【中古】隠語全集 (1952年)

「初版発行」1952「出版社」刑務協会「著者」最高検察庁刑事部 (編集)お手数ですが最後まで必ずお読みください。【商品説明・詳細について】 :::【ご注文について】一般のご注文以外に大学・公共機関のご注文も承ります。@中古品の為多少の劣化(しみ、やけ、やぶれ、よごれ)はご了承下さいませ。こちらの商品は他でも併売の為、品切れの際は速やかに返金します。*倉庫が遠方の為、在庫確認から配送開始に5日程度かかる場合がございます。"きちんと梱包して発送します。ご利用お待ちしております ...B000JA7STC

送料無料/検察が危ない/郷原信郎

著者郷原信郎(著)出版社ベストセラーズ発行年月2010年04月ISBN9784584122747ページ数206P9784584122747内容紹介絶えることのない「政治とカネ」の騒動。小沢一郎氏をめぐる政治資金問題への検察捜査は「劣化」そのものであった。検察はいつからおかしくなったのだろうか。一九九二年、東京佐川急便事件・金丸五億円ヤミ献金の上申書による罰金二〇万円決着が国民の怒りを買う。そして、一人の男が検察庁の表札に黄色いペンキを投げつけた。検察が世論を意識し始めた瞬間である。起死回生の金丸脱税事件の後、検察の歪みは「ゼネコン汚職事件」で極端な形で表れる。著者自らが体験、目撃してきた検察の内実とは—。“孤高の狼”として検察を批判し続ける著者が、新たな時代の抜本的改革に向けて贈る強烈なメッセージ。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。