家斉の料理番 宝島社文庫

家斉の料理番 [ 福原俊彦 ]

宝島社文庫 福原俊彦 宝島社発行年月:2015年06月 ページ数:267p サイズ:文庫 ISBN:9784800241382 福原俊彦(フクハラトシヒコ) 1977年、東京都生まれ。榎本秋の筆名で歴史解説書や新書、評論や解説などを数多く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 子沢山の絶倫将軍として名高い徳川家斉は、健康に気を配り、オットセイの男性器の粉末など、特殊な食品を摂取していた。その将軍の食事を差配するのが御膳奉行の藤村幸之進。幸之進は献立を決め、毒見をし、さらに将軍という立場では食すことのできない市井の料理を食したいという、家斉の願いを叶える役目も与えられている。そんな幸之進が、将軍の食事に毒が入っていることに気づきー。期待の新鋭による書き下ろし! 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・は行 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会

【中古】【古本】家斉の料理番/福原俊彦/著【文庫 宝島社】

商品情報 タイトル 家斉の料理番 フリガナ イエナリ ノ リヨウリバン タカラジマシヤ ブンコ C−フ−5−1 著者 福原俊彦/著 著者ヨミ フクハラ,トシヒコ ISBN 978-4-8002-4138-2 出版社 宝島社 ジャンル 文庫 日本文学 宝島社文庫 発売日 2015/6/1

家斉の料理番

福原俊彦/著宝島社文庫 Cふ-5-1本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名宝島社出版年月2015年06月サイズ267P 16cmISBNコード9784800241382文庫 ≫ 日本文学 [ 宝島社文庫 ]家斉の料理番イエナリ ノ リヨウリバン タカラジマシヤ ブンコ C-フ-5-1※ページ内の情報は告知なく変更になることがあります。あらかじめご了承ください登録日2015/06/03

家斉の料理番

福原俊彦/著宝島社文庫 Cふ-5-1本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名宝島社出版年月2015年06月サイズ267P 16cmISBNコード9784800241382文庫 ≫ 日本文学 [ 宝島社文庫 ]商品説明家斉の料理番イエナリ ノ リヨウリバン タカラジマシヤ ブンコ C-フ-5-1※ページ内の情報は告知なく変更になることがあります。あらかじめご了承ください登録日2015/06/03

【中古】【古本】異国の御馳走 家斉の料理番 福原俊彦/著/福原俊彦/著【文庫 宝島社】

商品情報 タイトル 異国の御馳走 家斉の料理番 福原俊彦/著 フリガナ イコクノゴチソウイエナリノリヨウリバンタカラジマシヤブンコCフ52 著者 福原俊彦/著 著者ヨミ フクハラトシヒコ ISBN 9784800245564 出版社 宝島社 ジャンル 文庫 日本文学 宝島社文庫 発売日 2015/11/1

異国の御馳走 家斉の料理番

福原俊彦/著宝島社文庫 Cふ-5-2本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名宝島社出版年月2015年11月サイズ317P 16cmISBNコード9784800245564文庫 ≫ 日本文学 [ 宝島社文庫 ]異国の御馳走 家斉の料理番イコク ノ ゴチソウ イエナリ ノ リヨウリバン タカラジマシヤ ブンコ C-フ-5-2※ページ内の情報は告知なく変更になることがあります。あらかじめご了承ください登録日2015/11/04

異国の御馳走 家斉の料理番

福原俊彦/著宝島社文庫 Cふ-5-2本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名宝島社出版年月2015年11月サイズ317P 16cmISBNコード9784800245564文庫 ≫ 日本文学 [ 宝島社文庫 ]商品説明異国の御馳走 家斉の料理番イコク ノ ゴチソウ イエナリ ノ リヨウリバン タカラジマシヤ ブンコ C-フ-5-2※ページ内の情報は告知なく変更になることがあります。あらかじめご了承ください登録日2015/11/04

異国の御馳走 家斉の料理番 宝島社文庫 / 福原俊彦 【文庫】

基本情報ジャンル文芸フォーマット文庫出版社宝島社発売日2015年11月ISBN9784800245564発売国日本サイズ・ページ317p 15cm(A6)関連キーワード 9784800245564 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について内容詳細 美食家として知られる徳川家斉。その将軍の食事を差配する御膳奉行の藤村幸之進は、毎日の献立決めと毒見、さらに将軍の立場では食すことのできない料理を密かに振る舞う役目を担っている。そして時には命を受け隠密働きも行う。「西洋の料理を食うてみたいのう」。家斉の無茶な願いに応えるために奔走する幸之進は、露西亜から帰ってきた漂流民、大黒屋光太夫に助言を求めるが——。期待の新鋭によるシリーズ第2弾。書き下ろし!

異国の御馳走 家斉の料理番 宝島社文庫 / 福原俊彦 【文庫】

基本情報ジャンル文芸フォーマット文庫出版社宝島社発売日2015年11月ISBN9784800245564発売国日本サイズ・ページ317p 15cm(A6)9784800245564ご注文の前に必ずご確認をお願いします。 在庫情報 「在庫あり」商品は通常当日〜翌日までに出荷します。「お取り寄せ」商品も掲載しています。出荷日の目安は左のリンクよりご確認ください。 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について内容詳細 美食家として知られる徳川家斉。その将軍の食事を差配する御膳奉行の藤村幸之進は、毎日の献立決めと毒見、さらに将軍の立場では食すことのできない料理を密かに振る舞う役目を担っている。そして時には命を受け隠密働きも行う。「西洋の料理を食うてみたいのう」。家斉の無茶な願いに応えるために奔走する幸之進は、露西亜から帰ってきた漂流民、大黒屋光太夫に助言を求めるが——。期待の新鋭によるシリーズ第2弾。書き下ろし!

【中古】 異国の御馳走 家斉の料理番 宝島社文庫/福原俊彦(著者) 【中古】afb

福原俊彦(著者)販売会社/発売会社:宝島社/ 発売年月日:2015/10/01JAN:9784800245564

家斉の料理番 宝島社文庫 / 福原俊彦 【文庫】

基本情報ジャンル文芸フォーマット文庫出版社宝島社発売日2015年06月ISBN9784800241382発売国日本サイズ・ページ267p 15cm(A6)関連キーワード 9784800241382 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について内容詳細 子沢山の絶倫将軍として名高い徳川家斉(いえなり)は、健康に気を配り、オットセイの性器の粉末など、特殊な食品を摂取していた。その将軍の食事について差配するのが御膳奉行の藤村幸之進。幸之進は食事の献立を決め、毒見をし、さらに将軍という立場では食すことのできない市井の料理を食したいという、家斉の願いを叶える役目も与えられている。そんな幸之進が、将軍の汁の椀に毒が入っていることに気づき——。期待の新鋭による書き下ろし!

家斉の料理番 宝島社文庫 / 福原俊彦 【文庫】

基本情報ジャンル文芸フォーマット文庫出版社宝島社発売日2015年06月ISBN9784800241382発売国日本サイズ・ページ267p 15cm(A6)9784800241382ご注文の前に必ずご確認をお願いします。 在庫情報 「在庫あり」商品は通常当日〜翌日までに出荷します。「お取り寄せ」商品も掲載しています。出荷日の目安は左のリンクよりご確認ください。 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について内容詳細 子沢山の絶倫将軍として名高い徳川家斉(いえなり)は、健康に気を配り、オットセイの性器の粉末など、特殊な食品を摂取していた。その将軍の食事について差配するのが御膳奉行の藤村幸之進。幸之進は食事の献立を決め、毒見をし、さらに将軍という立場では食すことのできない市井の料理を食したいという、家斉の願いを叶える役目も与えられている。そんな幸之進が、将軍の汁の椀に毒が入っていることに気づき——。期待の新鋭による書き下ろし!

家斉の料理番 / 福原俊彦 / 宝島社文庫【中古】afb

商品状態:中古商品になりますので、多少のヤケ、傷み、スレ、キズ等はございます。掲載されている表紙と異なる場合がございます。また、店舗でも販売しておりますので、売切れの際は返金いたします。ご了承ください。コンディションランク:B商品区分JANコード9784800241382タイトル家斉の料理番タイトルカナイエナリ ノ リョウリバン叢書名叢書名カナ出版社宝島社出版社カナタカラジマシヤ発売日2015年6月18日定価部門名シリーズ名宝島社文庫タイトル名タカラジマシャ ブンコ巻数作品内容

【中古】家斉の料理番 / 福原俊彦

家斉の料理番 (文庫) の詳細 出版社: 宝島社 レーベル: 宝島社文庫 作者: 福原俊彦 サイズ: 文庫 ISBN: 4800241382 発売日: 2015/06/01 関連商品リンク : 福原俊彦 宝島社 宝島社文庫

異国の御馳走 家斉の料理番 / 福原俊彦 / 宝島社文庫【中古】afb

商品状態:通常中古品ですので、多少の傷み、使用感がございます。掲載されている画像に関しては当店が登録しておりませんので、装丁等が異なる場合がございます。また、店舗でも販売しておりますので売り切れの際は返金いたします。ご了承ください。コンディションランク:B商品区分JANコード9784800245564タイトル異国の御馳走 家斉の料理番タイトルカナイコク ノ ゴチソウ イエナリ ノ リョウリバン叢書名叢書名カナ出版社宝島社出版社カナタカラジマシヤ発売日2015年11月20日定価部門名シリーズ名宝島社文庫タイトル名タカラジマシャ ブンコ巻数作品内容

【中古】 家斉の料理番 宝島社文庫/福原俊彦(著者) 【中古】afb

福原俊彦(著者)販売会社/発売会社:宝島社/ 発売年月日:2015/06/01JAN:9784800241382

家斉の料理番 (宝島社文庫)[本/雑誌] / 福原俊彦/著

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>子沢山の絶倫将軍として名高い徳川家斉は、健康に気を配り、オットセイの男性器の粉末など、特殊な食品を摂取していた。その将軍の食事を差配するのが御膳奉行の藤村幸之進。幸之進は献立を決め、毒見をし、さらに将軍という立場では食すことのできない市井の料理を食したいという、家斉の願いを叶える役目も与えられている。そんな幸之進が、将軍の食事に毒が入っていることに気づき—。期待の新鋭による書き下ろし!<商品詳細>商品番号:NEOBK-1817948Fukuhara Toshihiko / Cho / Ienari No Ryori Ban (Takarajimasha Bunko)メディア:本/雑誌発売日:2015/06JAN:9784800241382家斉の料理番 (宝島社文庫)[本/雑誌] / 福原俊彦/著2015/06発売

異国の御馳走 家斉の料理番/福原俊彦【2500円以上送料無料】

著者福原俊彦(著)出版社宝島社発行年月2015年11月ISBN9784800245564ページ数317P9784800245564内容紹介美食家として知られる徳川家斉。その将軍の食事を差配する御膳奉行の藤村幸之進は、毎日の献立決めと毒見、将軍の立場では食すことのできない料理を密かに振る舞う役目を担っている。そして時には命を受け隠密働きも行う。「西洋の料理を食うてみたいのう」。家斉の無茶な願いに応えるために奔走する幸之進は、魯西亜から帰ってきた漂流民、大黒屋光太夫に助言を求め—。期待の新鋭によるシリーズ第2弾。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

異国の御馳走 家斉の料理番 (宝島社文庫)[本/雑誌] / 福原俊彦/著

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>美食家として知られる徳川家斉。その将軍の食事を差配する御膳奉行の藤村幸之進は、毎日の献立決めと毒見、将軍の立場では食すことのできない料理を密かに振る舞う役目を担っている。そして時には命を受け隠密働きも行う。「西洋の料理を食うてみたいのう」。家斉の無茶な願いに応えるために奔走する幸之進は、魯西亜から帰ってきた漂流民、大黒屋光太夫に助言を求め—。期待の新鋭によるシリーズ第2弾。<商品詳細>商品番号:NEOBK-1879755Fukuhara Toshihiko / Cho / Ikoku No Gochiso Ienari No Ryori Ban (Takarajimasha Bunko)メディア:本/雑誌発売日:2015/11JAN:9784800245564異国の御馳走 家斉の料理番 (宝島社文庫)[本/雑誌] / 福原俊彦/著2015/11発売

異国の御馳走 家斉の料理番/福原俊彦【後払いOK】【1000円以上送料無料】

著者福原俊彦(著)出版社宝島社発行年月2015年11月ISBN9784800245564ページ数317P9784800245564内容紹介美食家として知られる徳川家斉。その将軍の食事を差配する御膳奉行の藤村幸之進は、毎日の献立決めと毒見、将軍の立場では食すことのできない料理を密かに振る舞う役目を担っている。そして時には命を受け隠密働きも行う。「西洋の料理を食うてみたいのう」。家斉の無茶な願いに応えるために奔走する幸之進は、魯西亜から帰ってきた漂流民、大黒屋光太夫に助言を求め—。期待の新鋭によるシリーズ第2弾。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

異国の御馳走 家斉の料理番 (宝島社文庫 「この時代小説がすごい!」シリーズ) [文庫] [Nov 06、 2015] 福原 俊彦9784800245564【中古】

★品質保障。概ね良好なコンディションです。カバーに傷みがあります。丁寧な検品、迅速な発送を心がけます。ゆうメールにて発送。簡易クリーニング済。迅速に対応致します。

異国の御馳走 [ 福原俊彦 ]

家斉の料理番 宝島社文庫 福原俊彦 宝島社発行年月:2015年11月06日 予約締切日:2015年11月02日 ページ数:317p サイズ:文庫 ISBN:9784800245564 福原俊彦(フクハラトシヒコ) 1977年、東京都生まれ。榎本秋の筆名で歴史解説書や新書、評論や解説などを数多く手がける。著書に『外様大名40家「負け組」の処世術』(幻冬舎新書)、『殿様の左遷・栄転物語』(朝日新書)などがある。2014年に『裏門切手番頭秘抄一 青雲ノ閃』(富士見新時代小説文庫)で書き下ろし時代小説デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 美食家として知られる徳川家斉。その将軍の食事を差配する御膳奉行の藤村幸之進は、毎日の献立決めと毒見、将軍の立場では食すことのできない料理を密かに振る舞う役目を担っている。そして時には命を受け隠密働きも行う。「西洋の料理を食うてみたいのう」。家斉の無茶な願いに応えるために奔走する幸之進は、魯西亜から帰ってきた漂流民、大黒屋光太夫に助言を求めー。期待の新鋭によるシリーズ第2弾。