墓じまい どうする

墓じまい・墓じたくの作法 (青春新書インテリジェンス) [ 一条真也 ]

青春新書インテリジェンス 一条真也 青春出版社ハカジマイ ハカジタク ノ サホウ イチジョウ,シンヤ 発行年月:2015年09月02日 ページ数:186p サイズ:新書 ISBN:9784413044646 一条真也(イチジョウシンヤ) 1963年福岡県北九州市生まれ。(株)サンレー代表取締役社長。九州国際大学客員教授、京都大学こころの未来研究センター連携研究員、冠婚葬祭総合研究所客員研究員。2012年第二回孔子文化賞受賞。全国冠婚葬祭互助会連盟(全互連)会長。早稲田大学政治経済学部卒業後、大手広告代理店勤務を経て、89年に大手冠婚葬祭会社サンレーに入社。

週刊東洋経済 2015年8月8日-15日合併号【電子書籍】

<b>※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。</b><br/><br/><br><b>【第1特集】お寺とお墓の大問題</b><br>図解 お寺・お墓・お葬式。3つの問題は複雑に絡んでいる!<br>1 ニッポンのお寺の大問題<br>島根県石見地方ルポ 過疎と高齢化で寺がもたない! 消えていく寺の姿<br>データで見る「寺院消滅」の現実<br>INTERVIEW│石井研士●国学院大学教授「地方の寺は3割以上が消える」<br>誰もが知りたい寺院経営「寺の収入と支出すべて見せます」<br>寺院と業者との深〜い関係。

絶家(ぜっか)を思う [ 長宗我部友親 ]

長宗我部友親 新講社ゼッカ オ オモウ チョウソガベ,トモチカ 発行年月:2017年03月 サイズ:単行本 ISBN:9784860815530 長宗我部友親(チョウソガベトモチカ) 1942年、高知市生まれ。早稲田大学卒業。共同通信社に入り、経済部長などを経て、2002年、常務監事。04年に退任。長宗我部元親の末弟、親房から17代目の当主。

週刊ダイヤモンド 16年8月13日・8月20日合併号【電子書籍】[ ダイヤモンド社 ]

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なります。ご注意ください。また、連載小説など著作権等の問題で掲載されないページがあります。あらかじめご了承ください。

お墓の大問題 (小学館新書) [ 吉川 美津子 ]

小学館新書 吉川 美津子 小学館オハカノダイモンダイ キッカワ ミツコ 発行年月:2016年08月01日 ページ数:224p サイズ:新書 ISBN:9784098252695 吉川美津子(キッカワミツコ) 東京都出身。葬儀・お墓コンサルタント。『アルック』代表。大学卒業後、ライターを経て、90年代半ばに葬儀業界に転身し、葬儀専門人材派遣会社、東証一部上場葬儀社『公益社』に勤務。駿台トラベル&ホテル専門学校にて葬祭ビジネス学科の運営メンバーとして活躍。

三省堂書店オンデマンド東洋経済新報社 お墓とお葬式の大問題—週刊東洋経済eビジネス新書No.134

週刊東洋経済編集部頁数:98ページ◆内容概略 日本のお墓と葬式が変わってきている。地方にあるお墓の面倒が見られず、墓じまい(改葬)する人が増え、永代供養墓、期限付き墓地、樹木葬といった新しいスタイルの墓も出てきている。 葬式にも変化が出てきた。通夜や告別式を省略した「直葬」、近親者を中心とした「家族葬」といった簡略化した葬式が増え、インターネット上には低料金の葬儀プランを打ち出す新しいタイプの葬祭業者が台頭している。いざ喪主となった時、あなたはどうする? 本誌は『週刊東洋経済』2015年8月8日・15日合併号掲載の16ページ分を電子化したものです。

絶家を思う これからも代々の家系を守れるか墓を維持できるか[本/雑誌] / 長宗我部友親/著

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>時代は変わりつつある。どの家庭でも一度は考えねばならない課題—「無葬時代」の供養をどうするか。

お墓の大問題

[内容]地方にある「空き家問題」と並んで中高年を中心に頭を悩ませているのが、お墓の問題だ。地方から都心に出てきて、遠く離れた実家のお墓をどうすべきか。先祖代々のお墓の引っ越しを巡って親族とトラブル勃発。少子化により、お墓を守ってくれる人がいない…など悩みは深刻だ。さらには長年世話になったお寺からお墓を引っ越しする際に多額の「離檀料」を請求されたり、「夫の先祖と同じお墓には入りたくない」といい“死後離婚”を選ぶ妻など、お墓を巡る様々なトラブル解決のための処方箋。[目次]第1章 お墓の承継者がいない!第2章 頭を悩ます墓探し第3章 適正価格がわかりにくい建墓費用第4章 遺骨はどうする!?第5章 トラブル多発の墓じまい第6章 知らないと恥をかく墓参りのルール第7章 今さら聞けない供養の常識第8章 現代日本の葬儀の現実第9章 地方のお寺が大ピンチ!第10章 知っておきたい終活と相続の基本$$全国で先祖代々のお墓が崩壊寸前の大ピンチ 都市部への人口一極集中が様々な問題を引き起こしている。地方を中心に「空き家問題」がクローズアップされているが、それ以上に、現在もっとも問題が顕在

お墓の大問題 (小学館新書)[本/雑誌] / 吉川美津子/著

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>地方にある「空き家問題」と並んで中高年を中心に頭を悩ませているのが、お墓の問題だ。地方から都心に出てきて、遠く離れた実家のお墓をどうすべきか。先祖代々のお墓の引っ越しを巡って親族とトラブル勃発。少子化により、お墓を守ってくれる人がいない...など悩みは深刻だ。さらには長年世話になったお寺からお墓を引っ越しする際に多額の「離檀料」を請求されたり、「夫の先祖と同じお墓には入りたくない」といい“死後離婚”を選ぶ妻など、お墓を巡る様々なトラブル解決のための処方箋。

お墓とお葬式の大問題週刊東洋経済eビジネス新書No.134【電子書籍】

" 日本のお墓と葬式が変わってきている。地方にあるお墓の面倒が見られず、墓じまい(改葬)する人が増え、永代供養墓、期限付き墓地、樹木葬といった新しいスタイルの墓も出てきている。<br> 葬式にも変化が出てきた。通夜や告別式を省略した「直葬」、近親者を中心とした「家族葬」といった簡略化した葬式が増え、インターネット上には低料金の葬儀プランを打ち出す新しいタイプの葬祭業者が台頭している。いざ喪主となった時、あなたはどうする?<br><br> 本誌は『週刊東洋経済』2015年8月8日・15日合併号掲載の16ページ分を電子化したものです。