七平 諭吉

指導者の帝王学新版 [ 山本七平 ]

歴史に学ぶリーダーの条件 山本七平 PHPエディターズ・グループ PHP研究所発行年月:2015年03月13日 ページ数:255p サイズ:単行本 ISBN:9784569824246 山本七平(ヤマモトシチヘイ) 1921(大正10)年、東京に生まれる。1942(昭和17)年、青山学院高等商業学部を卒業。1958(昭和33)年、山本書店を創立。山本書店店主として、おもに聖書関係の出版物の刊行を続けるかたわら、評論家としても活躍。その日本文化と社会を分析する独自の論考は「山本学」と称される。

諭吉・漱石・七平 [ 赤井恵子 ]

「自己規定」の様相 赤井恵子 朝文社発行年月:2012年06月 ページ数:272p サイズ:単行本 ISBN:9784886952509 赤井恵子(アカイケイコ) 1956年和歌山市に生まれる。1982年広島大学大学院文学研究科国語学国文学専攻博士課程後期中退。現在、熊本学園大学外国語学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 漱石の「開化」、諭吉の「文明」ー福澤諭吉と夏目漱石その一/交際と戦争ー福澤諭吉と夏目漱石その二/比較思想のためにー福澤諭吉と夏目漱石その三/『行人』の二郎ー「まず耳から始まる」/漱石の“心臓”/山本七平における福澤諭吉/山本七平と夏目漱石/山本七平における「言葉」 明治、大正、昭和、平成の時代を生き通した近・現代の三人の書き手。その時代のなか、それぞれの「自己規定」の様相を、著者の詳細かつ鋭い視点で探究し、まとめた力作。 本 人文・思想・社会 歴史 伝記(外国)

諭吉・漱石・七平 「自己規定」の様相 (単行本・ムック) / 赤井恵子/著

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容><商品詳細>商品番号:NEOBK-1267765メディア:本/雑誌発売日:2012/06JAN:9784886952509諭吉・漱石・七平 「自己規定」の様相 (単行本・ムック) / 赤井恵子/著2012/06発売

福沢諭吉国を支えて国を頼らず(上) [ 北康利 ]

講談社文庫 北康利 講談社発行年月:2010年02月13日 予約締切日:2010年02月06日 ページ数:243p サイズ:文庫 ISBN:9784062765718 北康利(キタヤストシ) 昭和35年12月24日名古屋市生まれ、東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。PHP総合研究所「次代を考える東京座会」メンバー、日本証券アナリスト協会検定会員、関西学院大学非常勤講師。

福沢諭吉 国を支えて国を頼らず / 北康利 【単行本】

基本情報ジャンル文芸フォーマット単行本出版社講談社発売日2007年03月ISBN9784062138840発売国日本サイズ・ページ365p 19cm(B6)関連キーワード キタヤストシ フクザワユキチクニオササエテクニオタヨラズ 9784062138840 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について商品説明教育をどうする? この国をどうする? 迷える日本人よ、福沢翁に聴け! 「一万円札の顔」「慶応義塾の創始者」である巨人の豊穣たる人生を、「白洲次郎占領を背負った男」の著者が描き上げる。〈北康利〉1960年生まれ。東京大学法学部卒業。銀行系証券会社勤務。中央大学専門職大学院国際会計研究科客員教授。「白洲次郎占領を背負った男」で第14回山本七平賞受賞。

【送料無料】 福沢諭吉 国を支えて国を頼らず / 北康利 【単行本】

基本情報ジャンル文芸フォーマット単行本出版社講談社発売日2007年03月ISBN9784062138840発売国日本サイズ・ページ365p 19cm(B6)関連キーワードキタヤストシ フクザワユキチクニオササエテクニオタヨラズ 9784062138840 【FS_708-2】ご注文の前に必ずご確認をお願いします。 在庫情報 「在庫あり」商品は通常当日〜翌日までに出荷します。「お取り寄せ」商品も掲載しています。出荷日の目安は左のリンクよりご確認ください。 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について商品説明教育をどうする? この国をどうする? 迷える日本人よ、福沢翁に聴け! 「一万円札の顔」「慶応義塾の創始者」である巨人の豊穣たる人生を、「白洲次郎占領を背負った男」の著者が描き上げる。〈北康利〉1960年生まれ。東京大学法学部卒業。銀行系証券会社勤務。中央大学専門職大学院国際会計研究科客員教授。「白洲次郎占領を背負った男」で第14回山本七平賞受賞。

朝鮮開国と日清戦争 [ 渡辺惣樹 ]

アメリカはなぜ日本を支持し、朝鮮を見限ったか 渡辺惣樹 草思社発行年月:2014年12月06日 ページ数:399p サイズ:単行本 ISBN:9784794220981 渡辺惣樹(ワタナベソウキ) 日本近現代史研究家。1954年生まれ。静岡県下田市出身。東京大学経済学部卒業。米英資料を広く渉猟し、日本開国から太平洋戦争開戦にいたる日米関係史を考究。米国側の視点を取り入れつつ、この間の歴史を国際関係のなかで俯瞰した著作を上梓して高い評価を得る。

近代日本政治思想史 [ 河野 有理 ]

河野 有理 ナカニシヤ出版BKSCPN_【高額商品】 発行年月:2014年10月 ページ数:432p サイズ:単行本 ISBN:9784779508783 河野有理(コウノユウリ) 1979年生まれ。東京大学法学部卒業、同大学院法学政治学研究科博士後期課程修了。博士(法学)。日本政治思想史専攻。現在、首都大学東京法学系准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 言語ー賀茂真淵と本居宣長/制度ー荻生徂徠と會澤正志齋/“風景”ー松平定信と江戸時代後期の織りなす陰翳/宗教ー平田篤胤の弟子とライバルたち/道と教ー阪谷素と中村正直/政体ー加藤弘之と福澤諭吉/美ー高山樗牛と姉崎嘲風/軍事ー河野敏鎌と津田真道/正閏ー南北朝正閏論争/憲法ー美濃部達吉と上杉慎吉/イロニーー保田與重郎と伊東静雄/二十世紀ー林達夫と丸山眞男/デモクラシーー藤田省三と清水幾太郎/歴史ー山本七平と網野善彦 江戸期国学者たちから1970年代の議論まで、最前線の思想史の実践。近現代の日本を舞台に繰り広げられたさまざまな論争。 本 人文・思想・社会 政治

それからの海舟 [ 半藤一利 ]

ちくま文庫 半藤一利 筑摩書房発行年月:2008年06月10日 予約締切日:2008年06月03日 ページ数:375p サイズ:文庫 ISBN:9784480424433 半藤一利(ハンドウカズトシ) 1930年、東京生まれ。53年、東京大学文学部卒業後、文藝春秋社入社。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、専務取締役などを経て現在、作家。『漱石先生ぞな、もし』(新田次郎文学賞受賞)、『ノモンハンの夏』(山本七平賞受賞)、『昭和史』(毎日出版文化賞特別賞受賞)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 「本所の勝麟」ぶらぶら記/苦心惨憺の“その日”まで/「虎穴に入らずんば」の横浜行/空しくなった最後の大芝居/静岡ー東京行ったり来たり/ふたたび西郷どんとともに/政府高官はもう真ッ平/「薩摩軍が勝つよ」/逆賊の汚名返上のため/野に吼える「氷川の隠居」/「文学は大嫌いだよ」/「我が行蔵」と「痩我慢」/誰が知る「あひるの水かき」/洗足池の墓詣で 幕末の動乱期の中、幕臣の中心として江戸城無血開城という大仕事を成し遂げた後の人生を勝海舟はどう生きたのか。

デアゴスティーニ日本の100人 第7号勝海舟

勝海舟 号数:第7号 発売日:2012-02-21発売 通常定価:580円(税込) 7 特集 勝海舟 事を遂げる者は、愚直でなければならぬ ライフ&タイム 日本を国際舞台に立たせた幕臣の76年 不遇なる貧乏旗本/幕府の危機でチャンス到来 志士に尊敬される異色の幕臣/幕府瓦解は国家のために 「御役御免」の退屈なる余生 ヒューマンエピソード 誰よりも一足先をゆく江戸っ子気質の国際人 クローズアップ 検証! 江戸無血開城 日本のために下された英断 人物スクランブル 勝海舟 人物相関図 佐久間象山/アーネスト・サトウ/和宮/横井小楠 後世への遺産 ワイン、海軍、神戸港……国際人の先見性が生んだもの 評伝アラカルト 勝海舟考 坂本龍馬/西郷隆盛/山本七平 福沢諭吉/木村喜毅/徳川慶喜 ビジュアル人物事典 井伏鱒二/今井宗久/今川義元/岩倉具視 岩崎弥太郎/岩佐又兵衛/岩瀬忠震/上杉謙信 日本の100人ミュージアム週刊『日本の100人 改訂版』は、古代から現代にいたるまで、日本の歴史を語る上で欠かすことのできない人物を時代やジャンルを問わず、100人とりあげ、そのひとりひとりの生涯を振り返ること。

近代日本政治思想史 荻生徂徠から網野善彦まで[本/雑誌] / 河野有理/編

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>江戸期国学者たちから1970年代の議論まで、最前線の思想史の実践。近現代の日本を舞台に繰り広げられたさまざまな論争。<収録曲>言語—賀茂真淵と本居宣長制度—荻生徂徠と會澤正志齋“風景”—松平定信と江戸時代後期の織りなす陰翳宗教—平田篤胤の弟子とライバルたち道と教—阪谷素と中村正直政体—加藤弘之と福澤諭吉美—高山樗牛と姉崎嘲風軍事—河野敏鎌と津田真道正閏—南北朝正閏論争憲法—美濃部達吉と上杉慎吉イロニー—保田與重郎と伊東静雄二十世紀—林達夫と丸山眞男デモクラシー—藤田省三と清水幾太郎歴史—山本七平と網野善彦<商品詳細>商品番号:NEOBK-1713805メディア:本/雑誌発売日:2014/09JAN:9784779508783近代日本政治思想史 荻生徂徠から網野善彦まで[本/雑誌] / 河野有理/編2014/09発売

日本復興の鍵受け身力 [ 呉善花 ]

呉善花 海竜社発行年月:2011年05月 ページ数:239p サイズ:単行本 ISBN:9784759311792 呉善花(オソンファ) 1956年、韓国・済州島生まれ。韓国で女子軍隊経験を持つ。83年に来日、大東文化大学(英語学専攻)の留学生となる。その後、東京外国語大学大学院修士課程(北米地域研究)修了。評論家。現在、拓殖大学国際学部教授。

私を劇的に変えた日本の美風 [ 呉善花 ]

呉善花 李白社 フォレスト出版発行年月:2010年03月 ページ数:220p サイズ:単行本 ISBN:9784894519183 呉善花(オソンファ) 1956年韓国生まれ。大東文化大学(英語学)卒業後、東京外国語大学地域研究科修士課程(北米地域研究)修了。拓殖大学国際開発学部教授。東京外国語大学大学院時代に発表した韓国人ホステスに関する『スカートの風』が大ベストセラーに。他に『攘夷の韓国 開国の日本』(山本七平賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 日本の心性が私の心を痛撃した(感動した滝の露天風呂に「生の文化」を感じた!!/悲しみをこらえるのはなぜ? ほか)/第2章 埋められない日韓「精神」文化の隔たり(なぜ食事の礼議作法が正反対!?/夫婦別姓の父系血縁家族主義 ほか)/第3章 日韓併合百年。日韓近現代の分岐点(漢字を訓読みする日本としない韓国/福沢諭吉のやさしさ ほか)/第4章 環境、捕鯨問題で世界に発言すべきこと(世界一安全な社会が危機にさらされている/共同社会が壊れ始めている ほか) 本 人文・思想・社会 社会科学

論語と「やせ我慢」日本人にとって公共心とは何か【電子書籍】[ 羽深成樹 ]

サッカー元日本代表監督・岡田武史氏推薦!「“おもてなし”の原点がここにある。現役官僚による画期的な公共論。」ーー現役キャリア官僚が、「公とは何か」をその本質から論じあげた新しい日本(人)論。「やせ我慢」という福沢諭吉の言葉を手がかりに、小林秀雄、山本七平、吉本隆明らの言説を紹介しながら、公共性を「善きつながりを創り出す性質」と再定義。日本人が長らくつちかってきた公共心は、「日本ブランド」となりうること、その源流は論語にあること、論語は日本人の心性を語った書であることを明らかにする。「公は私によって成り立つ」ーー世界でもっとも高いといわれる「日本人の公共心」を支えているのは何なのか? 【PHP研究所】画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。

論語と「やせ我慢」 日本人にとって公共心とは何か/羽深成樹【2500円以上送料無料】

著者羽深成樹(著)出版社PHP研究所発行年月2014年06月ISBN9784569819440ページ数250P9784569819440内容紹介福沢諭吉、小林秀雄、山本七平、吉本隆明…。“おもてなし”の原点がここにある。現役官僚による、画期的な公共論。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

論語と「やせ我慢」 [ 羽深成樹 ]

日本人にとって公共心とは何か 羽深成樹 PHP研究所発行年月:2014年05月26日 ページ数:250p サイズ:単行本 ISBN:9784569819440 羽深成樹(ハブカシゲキ) 1958年千葉県生まれ。81年東京大学法学部卒業後、大蔵省に入省。

論語と「やせ我慢」 日本人にとって公共心とは何か/羽深成樹【後払いOK】【1000円以上送料無料】

著者羽深成樹(著)出版社PHP研究所発行年月2014年06月ISBN9784569819440ページ数250P9784569819440内容紹介福沢諭吉、小林秀雄、山本七平、吉本隆明…。“おもてなし”の原点がここにある。現役官僚による、画期的な公共論。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

論語と「やせ我慢」 日本人にとって公共心とは何か[本/雑誌] / 羽深成樹/著

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>福沢諭吉、小林秀雄、山本七平、吉本隆明...。“おもてなし”の原点がここにある。現役官僚による、画期的な公共論。<収録曲>第1章 公共心の源流としての『論語』(海外から驚きの目で見られる日本人の優しさ日本ブランドとしての公共心 ほか)第2章 「やせ我慢」という公のかたち(大和ことばの「おおやけ」と中国の「公」公は私によって成り立つ)第3章 日本人の精神基盤としての徳(『論語』の中心的テーマは徳人間関係の基本としての仁、礼、信 ほか)第4章 論語流統治論と日本社会(徳治主義を実践した江戸時代の名君脱徳治主義を説く仁斎と徂徠 ほか)第5章 「公」を含んだ「日本モデル」を世界に広める(山本七平の民主主義亡国論民主主義はコストのかかる体制 ほか)<商品詳細>商品番号:NEOBK-1668844メディア:本/雑誌発売日:2014/05JAN:9784569819440論語と「やせ我慢」 日本人にとって公共心とは何か[本/雑誌] / 羽深成樹/著2014/05発売