サバルタンは語ることができるか ガヤトリ

【中古】サバルタンは語ることができるか /みすず書房/ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァッ (単行本(ソフトカバー))

◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】商品状態著者名:ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァッ、上村忠男発行者:みすず書房発売日1998年12月

サバルタンは語ることができるか/ガヤトリC.スピヴァク/上村忠男【1000円以上送料無料】

著者ガヤトリC.スピヴァク(著) 上村忠男(訳)出版社みすず書房発行年月1998年12月ISBN9784622050315ページ数145P9784622050315

サバルタンは語ることができるか/ガヤトリC.スピヴァク/上村忠男【2500円以上送料無料】

著者ガヤトリC.スピヴァク(著) 上村忠男(訳)出版社みすず書房発行年月1998年12月ISBN9784622050315ページ数145P9784622050315

【送料無料】 サバルタンは語ることができるか みすずライブラリー / ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァッ 【全集・双書】

基本情報ジャンル哲学・歴史・宗教フォーマット全集・双書出版社みすず書房発売日1998年12月ISBN9784622050315発売国日本サイズ・ページ145p;19関連キーワード サバルタンワカタルコトガデキルカ 9784622050315 【FS_708-2】出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について商品説明従属的地位にあるサバルタンの女性について、知識人は語ることができるのか。フーコーやドゥルーズを批判しながら、インドの寡婦殉死の習慣を詳細に検討し、ポストコロニアル批評の到達地平をしめす。〈スピヴァク〉1942年カルカッタ生まれ。カルカッタ大学卒業後、アメリカに留学。現在、コロンビア大学アヴァロン財団人文学教授。著書に「ポスト植民地主義の思想」ほか。

◆◆サバルタンは語ることができるか / G.C.スピヴァク/〔著〕 上村忠男/訳 / みすず書房

--------------------------------------------------------------★書籍・雑誌について※ 返品・キャンセル不可※ 帯は「広告販促物」の為、商品には含まれません。※ 初版など、版・刷数の指定、在庫の現物確認は承ることができません。詳細は、お買い物ガイドよりご確認ください。--------------------------------------------------------------登録情報 発売日 : 1998/12著者 : G.C.スピヴァク/〔著〕 上村忠男/訳書籍 : 145ページ 19cm出版社 : みすず書房ISBN-10 : 4-622-05031-5ISBN-13 : 978-4-622-05031-5サバルタン ワ カタル コト ガ デキルカ ミスズ ライブラリ−スピヴアツク,ガヤトリ C. SPIVAK,GAYATRI CHAKRAVORTY ウエムラ,タダオミスズ シヨボウ ミスズシヨボウ 8005【#3000】

スピヴァクみずからを語る 家・サバルタン・知識人/ガヤトリ・スピヴァク/大池真知子【1000円以上送料無料】

著者ガヤトリ・スピヴァク(著) 大池真知子(訳)出版社岩波書店発行年月2008年05月ISBN9784000010764ページ数207P9784000010764内容紹介「サバルタンは語ることができるか」などによってポストコロニアルの代表的理論家と目されるスピヴァクへのインタヴュー。自らの知的形成過程、サバルタンの意味とそれを語ることの政治性、そして社会変革の唯一の方法と考える教育の、南アジアにおける自らの実践について、率直かつ平明に語る。現代における行動する知識人の生々しい姿。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

スピヴァクみずからを語る 家・サバルタン・知識人/ガヤトリ・スピヴァク/大池真知子【2500円以上送料無料】

著者ガヤトリ・スピヴァク(著) 大池真知子(訳)出版社岩波書店発行年月2008年05月ISBN9784000010764ページ数207P9784000010764内容紹介「サバルタンは語ることができるか」などによってポストコロニアルの代表的理論家と目されるスピヴァクへのインタヴュー。自らの知的形成過程、サバルタンの意味とそれを語ることの政治性、そして社会変革の唯一の方法と考える教育の、南アジアにおける自らの実践について、率直かつ平明に語る。現代における行動する知識人の生々しい姿。※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

◆◆サバルタンは語ることができるか / G.C.スピヴァク/〔著〕 上村忠男/訳 / みすず書房

--------------------------------------------------------------★書籍・雑誌について※ 返品・キャンセル不可※ 帯は「広告販促物」の為、商品には含まれません。※ 初版など、版・刷数の指定、在庫の現物確認は承ることができません。詳細は、お買い物ガイドよりご確認ください。--------------------------------------------------------------登録情報 発売日 : 1998/12著者 : G.C.スピヴァク/〔著〕 上村忠男/訳書籍 : 145ページ 19cm出版社 : みすず書房ISBN-10 : 4-622-05031-5ISBN-13 : 978-4-622-05031-5サバルタン ワ カタル コト ガ デキルカ ミスズ ライブラリ−スピヴアツク,ガヤトリ C. SPIVAK,GAYATRI CHAKRAVORTY ウエムラ,タダオミスズ シヨボウ ミスズシヨボウ 8005【#3000】

【送料無料】 サバルタンは語ることができるか みすずライブラリー / ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァッ 【全集・双書】

基本情報ジャンル哲学・歴史・宗教フォーマット全集・双書出版社みすず書房発売日1998年12月ISBN9784622050315発売国日本サイズ・ページ145p;19関連キーワード サバルタンワカタルコトガデキルカ 9784622050315 【FS_708-2】ご注文の前に必ずご確認をお願いします。 在庫情報 「在庫あり」商品は通常当日〜翌日までに出荷します。「お取り寄せ」商品も掲載しています。出荷日の目安は左のリンクよりご確認ください。 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について商品説明従属的地位にあるサバルタンの女性について、知識人は語ることができるのか。フーコーやドゥルーズを批判しながら、インドの寡婦殉死の習慣を詳細に検討し、ポストコロニアル批評の到達地平をしめす。〈スピヴァク〉1942年カルカッタ生まれ。カルカッタ大学卒業後、アメリカに留学。現在、コロンビア大学アヴァロン財団人文学教授。著書に「ポスト植民地主義の思想」ほか。