ああ言えばこう食う 往復エッセイ

ああ言えばこう食う (集英社文庫) [ 阿川佐和子 ]

集英社文庫 阿川佐和子 檀ふみ 集英社アア イエバ コウ クウ アガワ,サワコ ダン,フミ 発行年月:2001年06月 ページ数:270p サイズ:文庫 ISBN:9784087473315 阿川佐和子(アガワサワコ) 東京生まれ。慶応大学文学部卒。エッセイスト。著書多数。2000年、小説『ウメ子』により第十五回坪田譲治文学賞受賞。99年、共著である本作により第十五回講談社エッセイ賞を受賞 檀ふみ(ダンフミ) 東京生まれ。慶応大学経済学部卒。女優。99年、共著である本作により第十五回講談社エッセイ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) オコゼの出た日/タラモの出る店/米を研ぐ女/よく食う女/アップルティーの湯気/シャンパンの泡/迷う朝食/迷わぬ朝食/タイユヴァンへの道/教育長への道〔ほか〕 「口から生まれた双子座」のダンフミと「天然の饒舌」アガワサワコ。二人の才女がくりひろげる、辛辣でセキララでユーモア溢れるやりとりの数々。「食」をテーマに始まった往復エッセイはどんどん脱線し、人生の森羅万象を抱腹絶倒の喜劇に変える。

【中古】 ああ言えばこう食う 往復エッセイ /阿川佐和子(著者),檀ふみ(著者) 【中古】afb

阿川佐和子(著者),檀ふみ(著者)販売会社/発売会社:集英社/ 発売年月日:1998/09/10JAN:9784087743579

【中古】ああ言えばこう食う 往復エッセイ /集英社/檀ふみ (単行本)

◆◆◆カバーに汚れがあります。小口に薄い汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】商品状態著者名:檀ふみ、阿川佐和子発行者:集英社発売日1998年09月

【中古】ああ言えばこう食う 往復エッセイ /集英社/檀ふみ (単行本)

◆◆◆カバーに汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】商品状態著者名:檀ふみ、阿川佐和子発行者:集英社発売日1998年09月

ああ言えばこう食う 往復エッセイ /集英社/檀ふみ / 檀ふみ、阿川佐和子 / 【中古】afb

商品状態:カバーや本体に日焼けやスレ等の使用感があります。万が一品質に不備があった場合は返金対応いたします。帯・チラシ等の封入物は原則として付属しておりません。他サイトでも販売しているため、時間差で在庫切れになった場合はキャンセルとさせていただきます。コンディションランク:B著者/出演 檀ふみ、阿川佐和子 発売元 集英社 発売日 1998年09月 JAN 9784087743579 部門名 分類

ああ言えばこう食う 往復エッセイ / 檀ふみ、阿川佐和子 / 【中古】afb

商品状態:カバーや本体に日焼けやスレ等の使用感があります。万が一品質に不備があった場合は返金対応いたします。帯・チラシ等の封入物は原則として付属しておりません。他サイトでも販売しているため、時間差で在庫切れになった場合はキャンセルとさせていただきます。コンディションランク:B著者/出演 檀ふみ、阿川佐和子 発売元 集英社 発売日 1998年09月 JAN 9784087743579 部門名 分類

【中古】【古本】ああ言えばこう食う 往復エッセイ/檀ふみ/著 阿川佐和子/著【文芸 集英社】

商品情報 タイトル ああ言えばこう食う 往復エッセイ フリガナ アア イエバ コウ クウ オウフク エツセイ 著者 檀ふみ/著 阿川佐和子/著 著者ヨミ ダン,フミ アガワ,サワコ ISBN 978-4-08-774357-9 出版社 集英社 ジャンル 文芸 エッセイ エッセイ 女性作家 発売日 1998/9/1

【中古】 ああ言えばこう食う往復エッセイ / 檀ふみ他

コンディション可コメント表紙少痛み有、小口日焼け・シミ有カテゴリ単行本著者檀ふみ出版社集英社ISBN-104087743578ISBN-139784087743579初版発行年1998-09-04

【中古】 ああ言えばこう食う往復エッセイ / 檀ふみ他

コンディション可コメント表紙少痛み有、小口少日焼け有カテゴリ単行本著者檀ふみ出版社集英社ISBN-104087743578ISBN-139784087743579初版発行年1998-09-04

【中古】 ああ言えばこう食う往復エッセイ / 檀ふみ他

コンディション可コメント少傷み・日焼け有カテゴリ単行本著者檀ふみ出版社集英社ISBN-104087743578ISBN-139784087743579初版発行年1998-09-04

ああ言えばこう食う   / 阿川佐和子 著 - 集英社

[内容]「口から生まれた双子座」のダンフミと「天然の饒舌」アガワサワコ。二人の才女がくりひろげる、辛辣でセキララでユーモア溢れるやりとりの数々。「食」をテーマに始まった往復エッセイはどんどん脱線し、人生の森羅万象を抱腹絶倒の喜劇に変える。女同士の友情に満ちた罵倒のなんと心地良いことか。第十五回講談社エッセイ賞受賞作。名コンビの生みの親(?)五木寛之氏との特別鼎談も収録。[目次]オコゼの出た日タラモの出る店米を研ぐ女よく食う女アップルティーの湯気シャンパンの泡迷う朝食迷わぬ朝食タイユヴァンへの道教育長への道〔ほか〕$$ごぞんじ名コンビがくりひろげる絶妙な掛け合い。こんなことまで言っちゃっていいの? 抱腹絶倒の往復エッセイ。文庫版オリジナルで、コンビの生みの親・五木寛之氏との鼎談も収録しました。

【中古】【メール便送料無料!!】ああ言えばこう食う (集英社文庫) 阿川佐和子

メール便ポスト投函送料無料!!※ゆうパック希望の方は別途送料必要です。・中古商品の為、多少のスレ・使用感・経年によるヤケ等ある場合が御座いますが通読には問題ありません。・商品画像に関しましてイメージ画像となりますので、画像と表紙が異なる場合がございます。・スーパーシャイン 楽天市場店では、商品に付属している帯は広告として扱っており商品の一部としておりません。・特典・付録・別冊等につきましては、記載がない限り、原則付属いたしません。商品基本情報発売日: 2001年06月著者/編集: 阿川佐和子, 檀ふみ出版社: 集英社サイズ: 文庫ページ数: 270pISBNコード: 9784087473315商品説明【内容情報】(「BOOK」データベースより)「口から生まれた双子座」のダンフミと「天然の饒舌」アガワサワコ。二人の才女がくりひろげる、辛辣でセキララでユーモア溢れるやりとりの数々。「食」をテーマに始まった往復エッセイはどんどん脱線し、人生の森羅万象を抱腹絶倒の喜劇に変える。女同士の友情に満ちた罵倒のなんと心地良いことか。第十五回講談社エッセイ賞受賞作。

正義のセ 4 負けっぱなしで終わるもんか! (角川文庫) [ 阿川 佐和子 ]

角川文庫 阿川 佐和子 KADOKAWAセイギノセ 4 マケッパナシデオワルモンカ! アガワ サワコ 発行年月:2017年09月23日 予約締切日:2017年09月20日 ページ数:416p サイズ:文庫 ISBN:9784041060452 阿川佐和子(アガワサワコ) 1953年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒、81年『朝のホットライン』のリポーターに。98年から『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)にレギュラー出演。99年檀ふみ氏との往復エッセイ『ああ言えばこう食う』(集英社)で第15回講談社エッセイ賞を、2000年『ウメ子』(小学館)で第15回坪田譲治文学賞を、08年『婚約のあとで』(新潮社)で第15回島清恋愛文学賞を受賞。14年、第62回菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 転勤で尼崎にやってきた検事・凛々子のもとに汚職事件の告発状が届いた。したたかな相手に取り調べは進まず、凛々子は証拠集めに奔走する。

聞く力 心をひらく35のヒント (文春新書) [ 阿川佐和子 ]

心をひらく35のヒント 文春新書 阿川佐和子 文藝春秋キク チカラ アガワ,サワコ 発行年月:2012年01月 予約締切日:2012年01月18日 ページ数:253p サイズ:新書 ISBN:9784166608416 阿川佐和子(アガワサワコ) 1953(昭和28)年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒、81年『朝のホットライン』のリポーターに。83年から『情報デスクToday』のアシスタント、89年から『筑紫哲也NEWS23』(いずれもTBS系)のキャスターに。98年から『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)にレギュラー出演。

正義のセ 3 名誉挽回の大勝負! (角川文庫) [ 阿川 佐和子 ]

角川文庫 阿川 佐和子 KADOKAWAセイギノセ 3 メイヨバンカイノオオショウブ! アガワ サワコ 発行年月:2017年04月25日 予約締切日:2017年04月20日 ページ数:288p サイズ:文庫 ISBN:9784041016343 阿川佐和子(アガワサワコ) 1953年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒、81年『朝のホットライン』のリポーターに。99年檀ふみ氏との往復エッセイ『ああ言えばこう食う』(集英社)で第15回講談社エッセイ賞を、2000年『ウメ子』(小学館)で第15回坪田譲治文学賞を、08年『婚約のあとで』(新潮社)で第15回島清恋愛文学賞を受賞。14年、第62回菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 親友・明日香の記事によって誤審を暴かれ、検事失業のピンチに陥った凛々子。それでも事件の真相を追い求め続けるなかで凛々子は冤罪犯が隠していた別の罪に気づく。ところが被害女性を訪ねたものの門前払いにされてしまい、その裏に明日香がいることを知り…。

正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い! (角川文庫) [ 阿川 佐和子 ]

角川文庫 阿川 佐和子 KADOKAWAセイギノセ ユウズウキカンチンデナニガワルイ! アガワ サワコ 発行年月:2016年08月25日 予約締切日:2016年08月22日 ページ数:288p サイズ:文庫 ISBN:9784041013373 阿川佐和子(アガワサワコ) 1953年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒、81年『朝のホットライン』のリポーターに。83年から『情報デスクToday』のアシスタント、89年から『筑紫哲也NEWS23』(いずれもTBS系)のキャスターに。98年から『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)にレギュラー出演。99年檀ふみ氏との往復エッセイ『ああ言えばこう食う』(集英社)で第15回講談社エッセイ賞を、2000年『ウメ子』(小学館)で第15回坪田譲治文学賞を、08年『婚約のあとで』(新潮社)で第15回島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 下町の豆腐屋育ちの凛々子は、小学生の時のある事件をきっかけに持ち前の正義感を活かすべく検事になることを決意。

正義のセ 2 史上最低の三十歳! (角川文庫) [ 阿川 佐和子 ]

角川文庫 阿川 佐和子 KADOKAWAセイギノセ 2 シジョウサイテイノサンジツサイ! アガワ サワコ 発行年月:2017年01月25日 予約締切日:2017年01月20日 ページ数:256p サイズ:文庫 ISBN:9784041016336 阿川佐和子(アガワサワコ) 1953年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒、81年『朝のホットライン』のリポーターに。98年から『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)にレギュラー出演。99年檀ふみ氏との往復エッセイ『ああ言えばこう食う』(集英社)で第15回講談社エッセイ賞を、2000年『ウメ子』(小学館)で第15回坪田譲治文学賞を、08年『婚約のあとで』(新潮社)で第15回島清恋愛文学賞を受賞。14年、第62回菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 検事5年目に突入した凛々子が担当するのは女性を狙った凶悪事件。女性として絶対に許せない案件に気合十分で取り調べに挑む。

太ったんでないのッ!? (新潮文庫) [ 檀ふみ ]

新潮文庫 檀ふみ 阿川佐和子 新潮社フトッタンデナイノッ ダン,フミ アガワ,サワコ 発行年月:2007年05月 ページ数:190p サイズ:文庫 ISBN:9784101161532 檀ふみ(ダンフミ) 東京生れ。慶應義塾大学卒。女優として活躍する一方、エッセイストとしても高評価を得ている。『ああ言えばこう食う』で1999(平成11)年、講談社エッセイ賞受賞 阿川佐和子(アガワサワコ) 東京生れ。慶應義塾大学卒。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。

ああ言えばこう嫁×行く (集英社文庫) [ 阿川佐和子 ]

集英社文庫 阿川佐和子 檀ふみ 集英社アア イエバ コウ イク アガワ,サワコ ダン,フミ 発行年月:2003年05月25日 予約締切日:2003年05月18日 ページ数:288p サイズ:文庫 ISBN:9784087475760 阿川佐和子(アガワサワコ) 東京生まれ。慶応大学文学部卒。エッセイスト。著書多数。2000年、小説『ウメ子』により第十五回坪田譲治文学賞受賞。99年、共著『ああ言えばこう食う』で第十五回講談社エッセイ賞を受賞 檀ふみ(ダンフミ) 東京生まれ。慶応大学経済学部卒。女優。99年、共著『ああ言えばこう食う』で第十五回講談社エッセイ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) アタシ寝る人、アンタ食べる人/五十分の一のデイヴィッド/回るデイヴィッド/無意識無情/無意識実情/悪舌なるドライバー/善良なるドライバー/夜中の仙女さま/エンドウ豆のお姫さま/御息所の怨念〔ほか〕 ご存じ名コンビの抱腹絶倒の往復エッセイ第二弾。さらにパワーアップした今回のテーマは「旅」。ふたりの波瀾万丈の珍道中と胸のすく「悪口」の応酬。

トゲトゲの気持 (中公文庫) [ 阿川佐和子 ]

中公文庫 阿川佐和子 中央公論新社トゲトゲ ノ キモチ アガワ,サワコ 発行年月:2006年10月25日 予約締切日:2006年10月18日 ページ数:188p サイズ:文庫 ISBN:9784122047600 阿川佐和子(アガワサワコ) 1953年、東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒。報道番組のキャスターを務める傍らエッセイや小説を執筆。99年、檀ふみとの往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で第15回講談社エッセイ賞、2000年、『ウメ子』で第15回坪田譲治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 鏡の友/人生五訓/無視期限/苦言の重み/女の声/イメージ・ダイエット/音の影響/トゲトゲの気持/当世遊園地事情/サンダルの夢〔ほか〕 襲いくる加齢現象を嘆き、世の不条理にバカモーンと物申し、女友達と笑って泣いて、ときには深ーく自己反省。アガワの真実はオンナの本音。読めば気分が爽快になる。笑いジワ必至の痛快エッセイ。

空耳アワワ (中公文庫) [ 阿川佐和子 ]

中公文庫 阿川佐和子 中央公論新社ソラミミ アワワ アガワ,サワコ 発行年月:2008年03月25日 予約締切日:2008年03月18日 ページ数:211p サイズ:文庫 ISBN:9784122050037 阿川佐和子(アガワサワコ) 1953年、東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒。報道番組のキャスターを務める傍らエッセイや小説を執筆。99年、檀ふみとの往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で第一五回講談社エッセイ賞、2000年、『ウメコ』で第一五回坪田譲治文学賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 友人改造計画/空耳アワワ/アニサキスは突然に/まじなハナシ/下着の目覚め/にせ無口/人の振り見て/痛い目/百合歩き/考えるハダカ〔ほか〕 喜喜怒楽楽、ときどき哀。オンナの現実胸に秘め、懲りないアガワが今日も行くー!私はここまでひどくない、とあなたの心が軽くなる!?読めば吹き出す痛快無比の「ごめんあそばせ」エッセイ。

アガワ随筆傑作選 (文春文庫) [ 阿川佐和子 ]

文春文庫 阿川佐和子 文藝春秋アガワ ズイヒツ ケッサクセン アガワ,サワコ 発行年月:2015年12月04日 予約締切日:2015年12月01日 ページ数:279p サイズ:文庫 ISBN:9784167905170 阿川佐和子(アガワサワコ) 作家・エッセイスト。1953(昭和28)年、東京都生まれ。99年、檀ふみ氏との往復エッセイ「ああ言えばこう食う」(集英社)により第15回講談社エッセイ賞を、2000年、「ウメ子」(小学館)により第15回坪田譲治文学賞を、08年、「婚約のあとで」(新潮社)により第15回島清恋愛文学賞を受賞。13年、「週刊文春」の対談ページ「阿川佐和子のこの人に会いたい」は連載1000回を突破。

グダグダの種 (だいわ文庫) [ 阿川佐和子 ]

だいわ文庫 阿川佐和子 大和書房グダグダ ノ タネ アガワ,サワコ 発行年月:2010年08月 ページ数:230p サイズ:文庫 ISBN:9784479302995 阿川佐和子(アガワサワコ) 作家・エッセイスト、インタビュアー、テレビ司会者として活躍。1953年、東京都に生まれる。1999年、檀ふみ氏との往復エッセイ『ああ言えばこう食う』(集英社文庫)により第一五回講談社エッセイ賞を、2000年『ウメ子』(小学館文庫)により第一五回坪田譲治文学賞を、2008年、『婚約のあとで』(新潮社)により第一五回島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 1(音痴な感動/初テーブル/グダグダの種 ほか)/2(ふて寝椅子/さらばスポーツ/損な定め ほか)/3(第二の人生設計/趣味記帳/五十の無駄習い ほか) パソコンを前に原稿の構想を練っていたはずが、気がつけば洋服箪笥を開けて一人ファッションショーを始めていたり、おなかが減って台所へ行くとなぜか急にヤカンの汚れが目について、ついつい真剣に磨き始めてしまったり。

いつもひとりで (文春文庫) [ 阿川佐和子 ]

文春文庫 阿川佐和子 文藝春秋イツモ ヒトリ デ アガワ,サワコ 発行年月:2003年11月 ページ数:249p サイズ:文庫 ISBN:9784167435141 阿川佐和子(アガワサワコ) エッセイスト。1953(昭和28)年、東京都に生まれる。現在『週刊文春』にて対談「阿川佐和子のこの人に会いたい」を連載中。99(平成11)年、檀ふみ氏との往復エッセイ「ああ言えばこう食う」(集英社)により、第15回講談社エッセイ賞受賞、2000年、初の小説「ウメ子」(小学館)により第15回坪田譲治文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 死活問題/気づかぬ言葉/許容の範囲/結婚しない十得、子供のいない十得/うつわ改革/ビニール袋ヒーリング/秘書テープ嬢/質問一つ/二十代の陰鬱/停滞の楽しみ〔ほか〕 敬遠していた音楽の楽しみ方に目覚め、食事を心から美味しく味わうための研究に余念なく、初めてエステで顔を磨いては知らなかった自分を発見する。友人、家族、仕事仲間に恵まれて、パワフルに日々を送るアガワの爽快かつ心温まるエッセイ集。

アガワ対談傑作選(追悼編) (文春文庫) [ 阿川佐和子 ]

文春文庫 阿川佐和子 文藝春秋アガワ タイダン ケッサクセン アガワ,サワコ 発行年月:2016年01月04日 予約締切日:2015年12月28日 ページ数:464p サイズ:文庫 ISBN:9784167905330 阿川佐和子(アガワサワコ) 作家・エッセイスト。1953(昭和28)年、東京都生まれ。99年、壇ふみ氏との往復エッセイ「ああ言えばこう食う」(集英社)により第15回講談社エッセイ賞を、2000年、「ウメ子」(小学館)により第15回坪田譲治文学賞を、08年、「婚約のあとで」(新潮社)により第15回島清恋愛文学賞を受賞。13年、「週刊文春」の対談ページ「阿川佐和子のこの人に会いたい」は連載100回を突破。これにより14年、第62回菊池寛賞を受賞。

無意識過剰 (文春文庫) [ 阿川佐和子 ]

文春文庫 阿川佐和子 文藝春秋ムイシキ カジョウ アガワ,サワコ 発行年月:2002年01月 ページ数:271p サイズ:文庫 ISBN:9784167435110 阿川佐和子(アガワサワコ) エッセイスト。1953(昭和28)年、東京都に生まれる。現在『週刊文春』にて対談「阿川佐和子のこの人に会いたい」を連載中。99(平成11)年、檀ふみ氏との往復エッセイ「ああ言えばこう食う」(集英社)により、第15回講談社エッセイ賞受賞、2000年、初の小説「ウメ子」(小学館)により第15回坪田譲治文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ボケ初め/紙袋中毒/我流茶道/ダンシングばあさん/ホルモン効果/オバサン的憂い/背丈コンプレックス/いちばん怖いもの/あくびの歌/めずらしく死について/キスは盲目/香港の夢〔ほか〕 バッグじゃなくて紙袋、出されたおしぼりで顔を拭き、ハッと気づけば仁王立ち。年々すすむオジサン度に加え、さらには、人の名前が出てこない、洗顔フォームと歯磨きを間違える…。

阿川佐和子のこの人に会いたい(9) (文春文庫) [ 阿川佐和子 ]

文春文庫 阿川佐和子 文藝春秋アガワ サワコ ノ コノ ヒト ニ アイタイ アガワ,サワコ 発行年月:2013年12月 ページ数:463p サイズ:文庫 ISBN:9784167435233 阿川佐和子(アガワサワコ) 作家・エッセイスト。1953(昭和28)年、東京都生まれ。99年、檀ふみ氏との往復エッセイ「ああ言えばこう食う」(集英社)により第15回講談社エッセイ賞を、2000年、「ウメ子」(小学館)により第15回坪田譲治文学賞を、08年、「婚約のあとで」(新潮社)により第15回島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 糸井重里(「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰)ー僕らが3、4割余計に頭を使えば、失われたGDPも取り返せるんじゃないかなって思う。/上原ひろみ(ジャズピアニスト)ーライブのとき、私が楽しそうに見えるのは、その瞬間のために闘ってきたからです(笑)。/稲盛和夫(京セラ名誉会長/日本航空名誉会長)ー自分で責任を取らない人たちから勝手なことを言われても、私は聞く耳持たない。

翌日発送 聞く力 新書本【中古】 著者 阿川佐和子 -1103-05

◆ ご注文後できるかぎり24時間以内の発送をしております ◆商品は帯ありません。中古品ですので若干の使用感はありますが、書込みや目立った汚れや日焼け等はなく全体的にキレイな状態です ■ 万一説明と違う場合や不良があった場合は返金にて対応いたしま ■ ご注文後は丁寧に梱包し郵便局のゆうメールで確実に迅速発送を心掛けてます 商品の説明 内容(「BOOK」データベースより) 頑固オヤジから普通の小学生まで、つい本音を語ってしまうのはなぜか。インタビューが苦手だったアガワが、1000人ちかい出会い、30回以上のお見合いで掴んだコミュニケーション術を初めて披露する—。 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 阿川/佐和子 1953(昭和28)年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒、81年『朝のホットライン』のリポーターに。83年から『情報デスクToday』のアシスタント、89年から『筑紫哲也NEWS23』(いずれもTBS系)のキャスターに。98年から『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)にレギュラー出演。

古寺巡礼京都(3)新版 東福寺

東福寺 淡交社コジ ジュンレイ キョウト 発行年月:2006年11月 ページ数:143p サイズ:全集・双書 ISBN:9784473033536 福島慶道(フクシマケイドウ) 1933年、兵庫県生まれ。臨済宗東福寺派管長・東福僧堂師家。1947年、岡山県総社市の宝福寺で得度。1961年、南禅僧堂に掛錫、柴山全慶老師に参じる。室号は更幽軒。現在、全米33大学において禅の指導にあたっている 檀ふみ(ダンフミ) 女優。作家檀一雄の長女。高校時代「昭和残侠伝・破れ傘」で映画デビュー。NHK「連想ゲーム」のレギュラーを15年間努め、茶の間の人気者に。国内外のドラマ・映画・舞台で活躍。1994年、日本アカデミー賞助演女優賞受賞。著書も多く、阿川佐和子さんとの往復エッセイ集『ああ言えばこう食う』は第15回講談社エッセイ賞を受賞。

アガワ対談傑作選 (文春文庫) [ 阿川佐和子 ]

文春文庫 阿川佐和子 文藝春秋アガワ タイダン ケッサクセン アガワ,サワコ 発行年月:2015年11月10日 予約締切日:2015年11月05日 ページ数:395p サイズ:文庫 ISBN:9784167904913 阿川佐和子(アガワサワコ) 作家・エッセイスト。1953(昭和28)年、東京都生まれ。99年、檀ふみ氏との往復エッセイ「ああ言えばこう食う」(集英社)により第15回講談社エッセイ賞を、2000年、「ウメ子」(小学館)により第15回坪田譲治文学賞を、08年、「婚約のあとで」(新潮社)により第15回島清恋愛文学賞を受賞。13年、「週刊文春」の対談ページ「阿川佐和子のこの人に会いたい」は連載1000回を突破。