みんなの逸品を、一品だけ売る、特別なマルシェ「いっぴんいち 2018 SUMMER」。7月15日(日)に調布市内のシェア型賃貸住宅で第3回を開催。

合同会社パッチワークス
2018.7.10 Tue 16:01
調布市内にある「シェアプレイス調布多摩川」の1万平米の敷地に、マルシェ、ワークショップ、こどもマルシェ、ガレージセールなど計48店舗が集結。

シェア型賃貸住宅と地元の父親たちがコラボ。2018年7月15日(日)みんなの逸品を集めた特別なマルシェ「いっぴんいち」を、シェアプレイス調布多摩川で開催。マルシェ、ワークショップなど計48店舗が自慢の逸品を持ち寄って新しい商店街を作ります。


こだわりの” 逸品を一品(1種類) "屋台やテーブルに持ち寄った専門店が、1日限りの新しい商店街を多摩川沿いに完成したシェア型賃貸住宅”シェアプレイス調布多摩川(調布市多摩川6)に作ります。※写真は、昨年2017年12月にトリエ京王調布 てつみちで開催した時の様子。





いっぴんいちは、買い物の楽しさを感じてもらえるよう、出店者には商品を基本1種類に限定してもらい、商品へのこだわりなど会話を楽しんでもらうよう工夫を凝らした企画。
「手作り籠」「豚の角煮屋さん」「調布産野菜の八百屋さん」「絶版古書屋さん」などの出店のほか、街で使われていないもののリユースを目的とした「ガレージセール」や、毎回好評の子どもが自分で売るものを決め、自分で実際に販売までする「こどもマルシェ」も開催します。
2017年12月にトリエ京王調布で開催したいっぴんいち


企画・運営は、調布発祥の野外映画イベント「ねぶくろシネマ」などを行う合同会社パッチワークス。調布市内に住む父親を主とするメンバーで構成される同社が行うイベントは、主にファミリー層を中心に人気。3回目を迎える今回は、「リビタ」(目黒区)が運営する「シェアプレイス調布多摩川」と、共同企画として開催。施設や地域ににぎわいをつくる4人の「エディター」と呼ばれるパートナーに、今春から3カ月の間、同施設に実際に住んでもらいながら催しなどを行ってきました。同イベントはその集大成として位置付けたイベントとなり、エディターや2社メンバーが中心となって準備を進めています。




【いっぴんいち 概要】
日時:2018年7月15日(日曜日)11:00-16:00
※雨天・荒天時は、屋内にて開催。ガレージセールは中止。
場所:シェアプレイス調布多摩川
http://www.share-place.com/project/chofutamagawa/access.html
アクセス:京王線「京王多摩川駅」徒歩8分、「調布駅」徒歩15分
敷地内には駐車場はありません。周辺のコインパーキング等をご利用ください。

住所:東京都調布市多摩川6-33-1


出店一覧
《物販・飲食、ワークショップなど》合計22店
<マルシェ14店>はちみつ(調布産)/紅茶のシロップ/扇子屋/手作り籠 /古書/調布産野菜/インテリア小物/ホテルキヨスクグッズ/缶バッチ/低糖質マフィン/じっくり煮込んだ角煮/タコス/コーヒー/ビール
<ワークショップ8店>モバイル顕微鏡/TOMOSHIBI POST OFFICE/多摩川の素材を使って描く/たのしいちぎりパン/シルクスクリーン/無料子育て相談/実践護身術/建材小物



《こどもマルシェ》8店舗×2交代(前半11-13時、後半13時30分-15時30分)
《ガレージセール》10店

主催:いっぴんいち実行委員会
企画: Patchworks LLC
http://patchworks.co.jp/
シェアプレイス調布多摩川
http://www.share-place.com/project/chofutamagawa/
リビタ
https://www.rebita.co.jp/



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ