【新ビジネス】マンション型宿泊施設「レジデンスホテル博多」2017年8月客室稼働率95%を超える。

株式会社SHi
2017.9.22 Fri 15:56
マンション1棟をホテルにコンバート。インバウンドの波を受け、高い客室稼動率を実現。

株式会社SHI(旧シェアリングホテル株式会社)(本社:福岡県福岡市博多区博多駅前2-17-14、社長:齋藤仁)は、自社が運営する宿泊施設「レジデンスホテル博多(6棟)」の平均客室稼働率が95%を超えました。


「レジデンスホテル博多」は、主に福岡市内の新築マンション1棟をホテルへと用途変更した宿泊施設。当初マンションとして建てた建物を、建造後にホテルへと用途変更、企画~建築の工程を大幅に省略することで企画から開業の期間を極限まで短縮している。近年、急激に増加するインバウンド需要に応え、世界中から宿泊者を迎えている。




【客室特徴】
「レジデンスホテル博多」の最大の特徴は、冷蔵庫、洗濯機、キッチン、浴室等、生活に必要な設備が揃っており、長期滞在の際の快適さにもこだわっていること。また、1室の収容人数が2名から6名となり、家族連れの旅行者に特に人気が高い。1室の宿泊費は8000円~13000円。複数人で宿泊する場合の、高いコストパフォーマンスを提供している。





株式会社SHIは、デベロッパーとホテル及びマンション型ホテルの開発を進めており、2018年には、40棟700室の開業を見込んでいる。

株式会社SHI (エスエイチアイ)
広報担当:林
メールアドレス:info@s-hotel.jp
電話:092-292-1319
FAX:092-292-1379
HP:http://s-hotel.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ