国分寺にある「殿ヶ谷戸庭園」は、武蔵野の自然の地形を生かし、崖の上の明るい芝生地と崖下の湧水池、樹林で雰囲気が一変する造園手法が堪能できる庭園。もともとは三菱財閥の岩崎家の別邸だったが、昭和49年に都が買収し、整備後、有料庭園として開園した。平成23年9月に国指定の文化財となった。

関連ブログ記事

殿ヶ谷戸庭園の関連ブログ記事をもっと見る