現在、約4,800種類、10万本・株の樹木が植えられている「神代植物公園」。
バラ園、ツツジ園、ウメ園、ハギ園をはじめ、植物の種類ごとに30ブロックに分けられている。
季節毎にたくさんの花々や植物がいきいきと茂り、実際に鑑賞しながら植物の知識を深めることが出来る。昭和59年には大温室が完成し、珍しい熱帯の植物が集められ、冬も彩り鮮やかな花々を 鑑賞できる。

関連ブログ記事

神代植物公園の関連ブログ記事をもっと見る