1910年に明治政府の外交官・内田定槌氏の邸宅として、アメリカ人建築家J.M.ガーディナーの設計により東京都渋谷区南平台に建てられた洋館。
1997年この地に移築され、国の重要文化財に指定された。
現在に残るガスストーブや室内の扉などに残るステンドグラス、サイドボード等のアンティーク家具はノスタルジックな表情たっぷり。洋館を囲むように広がる山の手イタリア庭園の眺めにうっとりする。館内には喫茶店も併設されている。

関連ブログ記事