昭和12年に上海の大英工部総署の設計によって、英国総領事公邸として、現在の地に建てられた。主屋の1階には西からサンポーチ、客間、食堂が並び、テラスからは青々と茂る庭が広がる。につながっています。2階には寝室や化粧室があり、窓から庭や港を一望できる。現在、1階ホールはコンサートに使用され、2階集会室は会議等に利用されている。2階展示室と復元された寝室を一般公開している。

関連ブログ記事

横浜市イギリス館の関連ブログ記事をもっと見る