下妻農場 観光いちご園

実がなり始めてからは農薬は使わず、人体に影響のないものを散布するという安全へのこだわりを持って栽培。
株の生育状況を見ながら、温度管理、潅水管理を行い、作物が育ちやすい環境を作っているという。

直売もしているので完熟のイチゴが収穫ができる、それが一番のおいしさの秘訣。
車椅子やベビーカーでの入場も可能な設計で、立ったまま収穫できる高設栽培になっているので、小さな子どもからお年寄りまで無理なくイチゴ狩りを楽しめる。

[果物・収穫時期]いちご(1/2~5月末、要問合せ)