漁場請負人、佐野孫右ェ門が漁場の安全と大量祈願の為、広島の厳島神社の御分霊を勧請奉祀したのが紀元と伝えられている神社。

境内に接する米町公園は、太平洋を見下ろす高台にあり、眼下には釧路港があり現在も漁業が盛んに行われている。

家内安全、商売繁盛、学業成就、良縁祈願、芸妓上達、学問などを祈願する参拝者が多く、縁結びの神様としても知られ、釧路市民の間では「弁天さま」の愛称で呼ばれている。