足もみ てっちゃん 足もみ てっちゃん

画像提供:EPARK

★★★”足もみ”3つのこだわり★★★

(1)”足もみ”という言葉にこだわります
足を揉むという行為はリフレクソロジー、足つぼ、足裏マッサージなど各種表現があり”リフレクソロジー”はソフト、”足つぼ”は強い施術と言った固定概念があるのも現実。人に合わせて施術する”これが一番大事な事だから、あえて”足もみ”という言葉にこだわります。

(2)”持続圧”を使った施術にこだわります
台湾式のように、強くこすると細胞を傷めてしまいます。余計な痛みと余計な修復が必要です。強くこすらず、じっと待つ刺激が有効です。反射的な刺激より、継続的な刺激のが奥まで届きリラックスできます。奥まで届いた刺激は、その効果に持続力を持ちます。持続ある効果にするために、持続圧を使った施術にこだわります。

(3)足を観察することにこだわります
足を観れば健康状態がわかるもの!中国四千年の歴史(観趾法)も教えてくれています。施術の前にわかれば、施術のポイントも間違えることがなくなります。

★ 楽天ペイを使用できます。
 ペイアプリ利用で10%ポイントバック 3月末日まで