席はカウンターのみ7席。若き大将が流れるような所作で握る様子がライブで体感できる。

ネタのフンワリ感、舌触り、温度管理など全てにおいて極めて気遣っている寿司は、繊細で優しい味。シャリも握るたびごとに、弟子たちが厨房から運んでくるというこだわりよう。

客と笑顔で会話しみながらも凛とした緊張感のある大将と、小さな店内ならではのほどよい距離感でのコミュニケーションが寿司の味をさらに美味しくする。

関連ブログ記事

鮨さいとうへ行った人

  • nonomura

    ミシュラン新規三つ星店 鮨さいとう

    nonomura

    2009.11.17 Tue 17:47